たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

Guitar

2017年8月27日

Highway Don't Care


ティム・マグロウの”Highway Don't Care”をカバーしました。
私も知らなかったのですが、ティム氏はアメリカのカントリー歌手で、
その世界では大御所だそうであります。
ちなみに奥様もカントリー歌手のフェイス・ヒルさん。

そのティム氏がデュエット相手にあのテイラー・スウィフトを、
ギターにはキース・アーバンをフィーチャーしたのがこの曲。


826


テイラー・スウィフト嬢のデビュー曲は、ズバリ”Tim McGraw”という曲。
ティムが大好きな彼氏のコトを歌った曲だそうで、
ティム氏はテイラー嬢が憧れるほどの大物だと言うコトですな。

ギターのキースさんもこれまた大物で、本業はカントリー歌手。
テレビ番組「アメリカン・アイドル」の審査員もしてます。
そして奥様は女優のニコール・キッドマン。
ギターが上手くてイケメンで歌も上手、奥さんはハリウッド女優。
ギタリストの夢の頂点を極めたお方ですな。

そんな3人が組んだ曲が、この”Highway Don't Care”
2013年の発表で、翌年にはグラミー賞にノミネートされてます。


歌って頂いたのは、daitakaさんとK'coさんであります。
最初にdaitakaさんからこの曲のお誘いを受けた時、
楽譜はないし知らない曲だし、どうしようかと思ったのですが、
良い曲なんですよコレ。
歌もギターもカッコ良いし、テイラー嬢の声もステキ。

すっかり気に入ってしまい、オケ作りに取りかかったものの、
この曲、音作りが半端ない。ホントにスゴい。
色々な音が重なっていて、しかも音圧はほぼ限界いっぱい。
なのに、すべての音がクリアでスッキリくっきり。
ティム氏の声はど真ん中の中音域全部に響いてるし、
テイラー嬢のセクシーな声が左右いっぱいに響き渡ってるし、
そしてキース君のギターはテレキャスなのにスゴく太くて迫力ある音。

どうすりゃこんな音になるのか全く不思議。
4年前の曲とはいえ、最先端&最高峰のスゴさを見せつけられました。

最初は、その再現を目指したのだけど、相手はグラミー賞レベル、
とてもじゃないけど無理ムリ絶対無理。
もう途中からは、daitakaさんK'coさんの歌声をいかに際立たせるか、
その点を心がけ、ついでにギターもカッコ良くしちゃおうとな。


と言うワケで、ボーカルはdaitakaさんとK'coさんのお二人。
使ったギターはSuhrのClassic T、音はいつものAmpliTubeです。





daitakaさんとK'coさんの歌声がたまりませんな。
中音域と高音域、それぞれを極めたお二人という気がします。
そんなお二方なので、Mix方法にもそれぞれのアプローチが必要で、
ちょっと大変でしたけど、とても楽しい作業でした。

daitakaさん、K'coさん、お二人には改めて御礼申し上げまするです。
(ビデオで使ったジャケ画はdaitakaさんの作品です)

※Music Trackでの公開ページは、「こちら」です



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年8月 5日

追悼 平尾昌晃さん「カナダからの手紙」


懐かしの名曲「カナダからの手紙」をカバーしました。
僭越ながら、先日亡くなった平尾昌晃さんの追悼コラボです。


0729_2


この歌、1978年のヒット曲だったのですな。
同年には「勝手にシンドバッド」「あんたのバラード」
「みずいろの雨」などの名曲も。
「スター・ウォーズ」1作目の公開もこの年。
それら1つ1つはよく覚えているけど、
同じ年のコトだと言われても、ピンとこないのはなぜだろう。


この曲、当時子供だった自分は、タイトルのイメージから
とっても爽やかな歌なのだと思っておりました。
だって「手紙」ですよ「ラブレター」っすよ。
それも「カナダ」からなんですよ。
全部が爽快、とってもクリーンなイメージじゃないですかい。

それが今、改めて聞くと、何と言うか、大人な感じの曲です。
すでに男女の関係で、しかもワケありな2人の歌。
畑中さんの歌声は妙に色っぽいし、
曲に対するイメージがだいぶ変わりましたです。


歌って頂いたのは、K'coさん、うえい・しょうたさんです。
大人の深い関係を歌ったこの曲に、お二人の歌声はピッタリ。
爽やかだけど憂いを感じさせるしょうたさんの歌声、
対して、爽やかだけど妖艶さを漂わせるK'coさんの歌声。
カバーするにはこれ以上無い最高&最強のお二人です!

ギターは、Tom Anderson The Classic、
音はペダルコンプとAmpliTubeで作ってます。
ギター以外のトラックは、ヤマハミュージックデータショップの
MIDIデータを利用しました。





カナダという国のことを意識したのは、
この曲を聞いてからだったかもしれませぬ。
あれから十数年、いや数十年、
カナダの地からブログをお届けする身になるとは・・・。

でも、この曲、なんでカナダなんでしょう?
歌詞にはカナダっぽい話は一切出てこないし。
ただ語呂が良かったから、ってコトなんでしょうかね。

R.I.P. 平尾昌晃さん



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年7月29日

魔法のランプ


ひょい。さんとお久しぶりにコラボさせて頂きました。
・・・コラボと言うか、ひょいさんの作品に、
勝手に乗っかったダケなんですけども。

ひょいさんは「千夜一夜シリーズ」と題して
「こちら」「コチラ」にオリジナル曲をアップされています。

その中の1曲”Power Of Magic Lamp”を拝聴して、
そのカッコ良さに魅せられてしまいまして、
これは是非ギターを弾かせて頂きたいと思ったのです。

それでひょいさんにお伺いを立てたところご快諾頂きまして、
もう好きにしてください、とオケデータをくださいました。
何と言う太っ腹!


魔法のランプと聞くと、
呼ばれて飛び出てジャジャジャじゃーん!の、この人とか、


07282


パパラパ~!の、このお方とかを思い浮かべるのですが、


0728


ハクション大魔王が出てくるのはツボ、
シャザーンは2つの指輪が合わさると出てくる、
お二方とも魔法のランプとは全く関係ないんですな。
思い込みはいかんです。


この曲”Power Of Magic Lamp”は、作者のひょいさんによると、
ランプの精が暴れ回って、手がつけられないイメージとのこと。
なので中盤が、精霊(魔神?)が暴れ回ってるイメージ、
終盤は、精霊と対峙する人々、そんな感じで弾いてみました。

ひょいさんのシンセ&打ち込みによるオケに合わせて
私がギターを弾いています。
ギターは久々の登場”Tom Anderson Drop Top”
音はいつもの”AmpliTube”で作りました。

ではこちらからどうぞ。
「Music Trackの公開ページ」

「OKMusicsの公開ページ」


一応ギターは、オリジナル&アドリブなんですけど、
どこかで聞いたことあるようなフレーズで申し訳ないっす。
でもでも、いつもオリジナルに似せることに心血注いでいるので、
好き勝手に弾くってのは、とっても楽しくて楽しくて。
なんせ自分がオリジナル。テンション上がりまくりました。

ひょいさん、ステキな曲と楽しい時間をありがとうございました!



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年7月 8日

陰陽座「黒衣の天女」


また陰陽座のカバーを。
「黒衣の天女」であります。


01


ボーカルは、前回の「甲賀忍法帖」 同様、K'coさんです。
そしてもうひと方・・・ 陰陽座は男女のツインボーカルなんっすよね。
そこで男性ボーカルにD-BLOODさんをお迎えしました。

このおふた方、私にとっては「Music Track界のメタル・クィーン&キング」。
もうですね、このお二人を担ぎ出せば恐いモノなしのナシ汁ぶしゃ~。

D-BLOODさんはギターもプロ級の腕の持ち主さまなのです。
オケのギターはD-BLOODさんが弾いた方が絶対に良いと分かっていながら、
無謀にもボーカルだけお願いするという暴挙に出てしまったのですが、
ご快諾頂き、心の底から感謝感激なのでありました。

D-BLOODさんはギターの腕良し、歌も良し、そして性格もなお良し。
三拍子揃った希有なメタラーさんなのですな。
K'coさんとは、すでに数回コラボした仲ということもあって、
お二人の息もピッタリ。ステキなハーモニーを聞かせてくれまする。
というワケでどうぞ。





ボーカル良ければすべて良し。
至極名言。もうその一言に尽きるのですが、
オケもそれなりに苦心したので、その辺りのコトも書かせてちょ。

ギターは、バッキングをTom Anderson Angel使って
AmpliTubeで音作り。
ソロ部は、フロントPUの甘~い音を再現したかったので、
PRS MaCarty 594で弾いてFRACTAL AXEで音を作ってます。

AmpliTubeではENGLとSoldanoアンプを使ってるのですが、
コレがなかなか良い音。
AmpliTubeはver.4になって、マーシャルの音が使えなくなったけど、
さすがにブランド名を名乗ってる追加コンテンツは、
この2つと言いメサブギと言い、ホント良い音がしますな。

それでも、十分に歪んだリード音は、やっぱFRACTALに分があるように
思うので、ソロはAXEで思いっきり歪ませました。

で、後はヘビメタのお約束。
重低音を効かせて、音圧は限界までマキシマイズ。
・・・でもビデオにしてmp4変換しちゃうと、
ちょっとおとなしい音になって哀しい。


演奏で一番苦労したのは、
テンポ195.7で8分刻むダウンオンリーピッキングのバッキング。
相当練習したけど、やっぱ難しくてコマ切れ録音のチートですスミマセン。

いやね、一瞬デキたーと思って調子こいて弾いてたら、
翌日は筋肉痛&肩こり&腰痛の39、もとい三重苦。
やっぱメタルやるのは体力勝負。ガンバらねば。

Music Trackでの公開ページはコチラです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年6月 4日

黒く塗りつぶせ


矢沢永吉の「黒く塗りつぶせ」であります。
矢沢永吉をコピーしたのは、中学の時のキャロル以来かも。

この曲、だいぶ昔の曲ですが、カバーしたのは
98年発売セルフカバーアルバム「SUBWAY EXPRESS」のバージョン。

これ、ギターがやたらカッコ良いんですわ。
特にテーマリフがカッコ良くて音も良いんです。

YouTubeの、当時のライブ映像をリンクしときます。
情報を頂いたdaitakaさんに感謝です。





ストラト弾いてる人がテーマリフを弾いてると思うんだけど、
軽い歪みの、いかにもシングルPUという甘い音がたまらん。
しかもシングルPUなのに、かなり太い音なのが不思議。

ライブ映像だと結構歪んだ音でやってるから、
スタジオ版のあの音の太さは、やっぱミックスの際に
音を作り込んでるんでしょうな。
さすが永ちゃん、一流スタッフのプロの技を聴かせてくれます。


軽い歪みのフロント・シングルPUって、使うの勇気いりますよね。
細かいニュアンスがモロに出ちまう。
わたくしのような未熟者には、かなり高いハードル。

しかも、こんな、弾き手の個性を強く反映してるフレーズは、
細か~いトコまでちゃんとコピーしないと雰囲気が出ない・・・
最初弾いてみたら、オリジナルとは全く別モノになってて焦った。

ライブ版みたいな歪んだ音でごまかしちまおうか、とも思ったけど、
ここは覚悟を決めてレバーをフロントに決めて歪みも控えて。

で、どこまで再現できたか自信はないですが、
良く聞き込んで、細かいニュアンスを一つ一つ修正していくのは
パズルを解いているようで、とても楽しい作業でありました。


ボーカルはdaitakaさんです。
もうですね、daitakaさんはカッコ良すぎなんです。
お上手なのはもちろんなんですけど、
歌に対する姿勢というか、心の入れ方というか、
真摯に取り組んでる姿もカッコ良いのです。

オケ制作とミックスの担当は、初めてコラボさせて頂いた、
nekohさんであります。
nekohさん、ちゃんとギタリストの心情を理解してくださってる!
こんなシンセの音を作れて、しかもギターの音作りもイケる、
そんな方はそういないと思うのですが、
その点、nekohさんスゴいです。
安心してお任せできました。


というワケで、こちらからお聞きくださいませ。

黒く塗りつぶせ/矢沢永吉



頼れる兄貴二人とライブやったような、
とっても楽しいコラボでありました。
daitakaさん、nekohさんには感謝感謝であります。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年4月29日

モニタースタンドの話


モニタースタンドと言っても、
パソコンのモニターを載せる台じゃなくて、
モニタースピーカーを載せる台のコトであります。

モニターの設置には高さも大事だと言うではないですか。
今までISO Acousticの卓上スタンドを使ってたのだけど、
(こんなヤツ)

0405_3

これだと高さを稼ぐのに限界があるし、
やっぱ、ちゃんとしたのを使おうかと思った次第。
色々物色した結果、このモデルが値頃感もあって良いかなと。
On-Stageと言うメーカーの”SMS6000”というシロモノ。
日本でもカナダでも手に入ります。


0401_2


中国産でこの値段・・・ ちょっと不安ではあったけれど、
重量感のあるしっかりした造りで、杞憂でありました。

高さは5段階から選べるようになっていて、
一番上にするとかなりの高さに。
写真は下から2番目の位置で、台座の高さ約106cm。


台座部はこんな感じ。
両サイドに柔らかいウレタン材(?)が貼ってあり、
ネジ穴部がへこんでて全体がフラットになってるから、
直にモニターを置けます。


0404_3


最初、ワッシャー付ける位置を間違えて、
写真中央のネジの頭が飛び出た状態になってしまい、
これじゃ、直に置けないじゃん! と悩むコト約30分。
ワッシャーを下側に付ければ良いんじゃね?
と気付くまでにえらく時間がかかってしまった。
組み立て方の説明書ぐらい付けといて欲しかったです。

5インチ・ウーハーのモニター置くとこんなサイズ感。


0402_3


音の方はと言うと、使用前と後では明らかに変わりました。
・・・主観ですけど。
音にメリハリが付いた気がする。
・・・もちろん主観ですけど。

ツイッターもとい、ツィーターの位置が
耳の高さになったからでしょうか、
高音が抜けるようになった気がする。
・・・これまた主観ですけど。

低音も増したように感じるのだけど、
設置場所が壁に近くなった分、反響してるのかも。
音に広がりが出たようにも感じるのだけど、
それも、部屋の壁からの反響音のせいか?
そんなの気にしだしたら、壁に吸音対策したくなってきた。

音にもこだわると、ホントもうキリがありませぬな。
アリ地獄にハマりそうな予感がする。

どうせ大した演奏は出来ないんだから、
音にこだわってもしょうが無いじゃん、と思う反面、
ヒト様の作品を聴くのも大好きだから、
良い音に接したいという欲求が抑えられない今日この頃。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年4月15日

浜田麻里「Momentalia」


前回書いた通り、浜田麻里にハマったのですが、
早速1曲録ってみた。
2012年発表のアルバム"Legenda"に入ってる"Momentalia"


02_2


コレ、良い曲ですよね。
ギターはちょいデスメタル系でメロディーはちょいゴシック系、
この適度なハード感、メタル感がたまりませぬ。
80'sメタルが忘れられないオヤジには、まさにちょうど良い感じ。

ボーカルはK'coさんです。
実は、この曲を教えてくれたのもK'coさんでした。
この曲を聞いて以来、浜田麻里を聞くようになったという次第。
K'coさんには重ね重ね感謝感謝です。


ギターはTom Anderson Angelで弾いてAmpliTubeで音作り。
オケは打ち込みで、使った音源は"Addictive Drums 2"
"Trilian"、"Korg M1"等です。





ギターはエッジを立てて立ててギザギザ・バリバリっと!
ボーカルはハイトーンを生かしてキンキ~ンにスッパ~ンと!
ドラムはドコドコ・ズダズダど迫力でドッカ~ンと!
ってな感じを目指したら、ちょっと耳にイタい
ドンシャリな音になった感は否めませぬ。

でも、いかにもこんなのがヘビーでメタルな音だって気もするし、
満足してるので、どうか大目に見てやっておくんなまし。

ってか、こんなカッコ良い曲のギターが弾けて、
こんなスゴいボーカルを乗せてもらって、
更に自分の好きな音にミックスできる!
これを最高と言わずして何と言いましょうや。


Music Trackでの公開ページはコチラから。
"Momentalia"



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年3月16日

ジャーニー弾いてみた。


ジャーニー・コラボ第2弾 "Any Way You Want It"
「お気に召すまま」であります。


0310


せっかく練習したのだから、覚えてるウチに記録を、
ということでビデオも録ってみた。

この曲、3年半前にも録ったんです。
今、改めてそれを聴くと、かなり恥ずかしい・・・。
そのリベンジも兼ねて、再チャレンジしてみた次第。

きっと今回のビデオも、3年位経ってから聴くと、
また恥ずかしい思いをするのでしょうな。
それでも、記録を残すことは大事。

ギターはPRS McCarthy 594、音はFRACTAL AXEを使用。
オケはBADGEさんに頂いたデータを加工したモノです。






BADGEさんの歌とひょい。さんのキーボード入り音源は下からどうぞ。
こちらは必聴です!

Music Track ”Any Way You Want It”




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年3月11日

"J.BOY" 浜田省吾



0303_2


浜田省吾と佐野元春って、同じ時期に聞くようになったんです。
なので、自分の中では比較してたのですが、
当時は、フォークソングの流れを感じる浜田省吾よりも、
全く新しいノリの佐野元春の方が好きでした。

「今晩、誰かのクルマがクルマで夜の闇にクルマって」の
アンジェリーナ元春に対し、
「昨夜どこかの金持ちの男と街を出て行った」の
マネー浜省。
そりぁ元春さんのオシャレな感覚にやられますわな。


でも時は流れて、世の荒波に揉まれた生意気な若者は、
自分の無力さを知る、ってのは良くある話。
そんな時、心に染みるのはやっぱり浜省なのであります。

そして浜省と言えば、この曲。
これ、ニッポンの応援歌ですよね。

応援歌やるなら大勢で、そんて安易な発想で、
いつもより多くの方とコラボさせて頂きました。

 ボーカル : BADGEさん
 ベース : bc'ダイさん
 コーラス全編 : Kohjiさん
 1st & 3rd ギターソロ : るかっちょさん
 その他ギター&オケ制作& Mix : Joe

大勢でやるなら、やっぱライブのイメージだろうってコトで、
アルバム「ROAD OUT "TRACKS"」のライブ版をカバーしました。






これ、もう30年も前の曲なんですね。
世の中がこんな時期に、この歌をカバーってのも、
感慨深いモノがありまする。

Show me your way J.BOY!
ガンバレニッポン!


Music Trackでの公開ページはコチラです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2017年2月25日

「虹とスニーカーの頃」の頃


チューリップの「虹とスニーカーの頃」をカバーしました。


0224


この曲が出た頃は、オフコースや甲斐バンドの影響か、
それまでフォークグループと呼ばれていた人達が、
ロック色の濃いバンド形態に移行してた時期でしたよね。

「フォーク」から「ニューミュージック」へ。
そんな勢いのあった時期でした。
新しいモノが次から次へとたくさん出て来て、
ホント楽しい時代でした。

時代は大きく変わりましたけど、
奏でられるギターの音色は、ほとんど変わってないというのが
興味深いところです。

デジタル技術で気軽に音を作れるようになったけれど、
作り出す音自体は、80年代のそれとあまり変わってない。
その事実がまた、80年代のスゴさを物語っているのかも。


歌って頂いたのはアルコデさんです。
オケはギターを自分で弾いて、
他のトラックはヤマハの市販MIDIデータを利用しました。
ミックスは私の担当です。
ギターはJames Tyler、音はAmpliTubeで作りました。





改めて聴くとコノ曲、歌詞が良いですな。郷愁を誘います。
アルコデさんの歌声は、そんな哀愁漂う曲のイメージにピッタリ!
そこはかとなく匂う昭和の香りがたまりませぬ。

Music Trackでの公開ページはコチラ




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

無料ブログはココログ