たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

トロント

2016年6月11日

カナダのビザの話


たまには海外暮らしの話なんぞを。
海外で暮らすにはビザが必要なのはご存じの通り。
ビザの種類もいろいろあって、
自分が申請したのは"Permanent Residence"。

日本語だと「永住権」ってコトになるのだけど、
永住と言っても期限があって、毎回の更新手続きは必要です。

最近、やっと全ての手続きが完了して、無事取得できまして、
ホッと胸をなでおろしている次第であります。
予想外のことも多々あって、長い長~い道のりでした。


ビザの申請は、自力で全部やる強者もいるのかも知れんけど
自分は地元の専門家さん達にお願いしマスタ。

最初、人から紹介された小さな弁護士事務所に依頼したのだけど、
どうもそこは中国人がメインの顧客らしく、不信感つのるつのる。
決定的だったのが「犯罪経歴証明書」の取り扱い。

コレ、日本での犯罪歴がないことを証明するための書類で、
日本に帰った時に地元の警察署で取ってきたモノ。
日本で受け取る時「開封無効なので気を付けて」と言われたんです。
で、コレをその事務所に渡そうと思ったら、
「開封して書類をスキャンしてデータを送れ」ときた。

それはマズイだろうと思ったワケだす。
もしかしたらカナダではそれでOKかもしれんけど、
万が一、それでは無効になるなんて言われたらアウトじゃん。

他にも色々と不満があったんで、その事務所はキャンセル、
改めて信用できそうな大手の会社に手続きを依頼したのでした。
ま、大手と言っても、担当者が途中で退職しちゃったりとかあって、
要は担当してくれる人次第なんですよね。
組織の大きさは関係なかったです。


そんなのがちょうど2年前。
それから数ヶ月、書類が全部揃ったので正式に申請します、
と言われたのが一昨年の10月頃だったような。

で、それから約10ヶ月後、やっとビザが承認された旨を伝える
書類が届いたのでした。
が、が、が・・・
なんと名前のスペルが間違っとる!

以前、ブログにも書いたヘボン式問題 ってやつです。
例えば私の名前が「大野」さんだとすると
日本のパスポートの決まりでは「ONO」と書かねばなりませぬ。
それじゃ「小野」さんになってしまい、「大」と「小」で
全く違う意味の名前になってまうです。

それはイヤだと文句言うと"ONO(OHNO)"と並記されるのだけど、
それが両方OKの意味だと解釈するのは日本人だけ。
他国の人には全く理解不可能みたいで、苦労しましたです。
で、面倒くさい手続きを経て、やっと
「OHNO」という表記にしてもらったのでありました。


そこら辺の苦労をあざ笑うかのようなスペルミス、
届いた書類には「H」が抜けてて「ONO」という名前が。
あれだけ書類に名前書かせといて、
結局最後はパスポートのコピーだけしか見とらんのかい!
ちゃんと氏名変更のページも添付したのに見とらんのかい!
と、心の中でツっ込むこと数十回。

で、その書類を直してもらうのに所用期間がひと月と半、
そして手数料・・・バカらしいっす。


正しいスペルの書類が届いたら、今度はそれを持って
「ランディング」という最終手続きをするコトに。
カナダへのランディングってコトですな。

自分はすでにカナダに入国してビザを申請しましたけど、
普通は日本で申請して、認可がおりたらその書類を持って
初めてカナダに入国するワケで、
その際の入国手続きをランディングと言ってるようです。

すでにカナダにいる人はどうするかって~と、
国境近くにある入国管理局まで行き、便宜上、出国したコトにして、
改めてカナダへ入国、ランディング手続きするというパターンらしい。

トロントからだとナイアガラの滝の近くが最寄りの管理局なので、
みんなそこに行ってるようです。
ナイアガラの滝には国境を挟んでカナダ滝とアメリカ滝があって、
カナダ滝の方が大きい、ってのがカナダ人の数少ない
自慢話のひとつだす。


610a

↑ナイアガラの滝(ネットで見つけた写真です)


そのランディング手続きが終わってしばらく経つと
"Permanent Resident Card"(PRカード)が送られて来ます。
アメリカで言うグリーンカードってヤツだすな。
で、そのカードが届くまでは、カナダ国内に
滞在しなければならないのがルール。
つまりランディング手続きをしたら、カードが届くまでの間は、
日本には帰れませぬ。

最初は自分も、観光がてらナイアガラの滝を見て、
ランディング手続きをするつもりだったのだけど、
その時すでに日本に帰る予定がありまして・・・。


認可書類の訂正という予定外の出来事で時間をとられたので、
ランディング手続きをして、PRカードが届くのを待ってたら、
帰国の予定には間に合わない感じに。
なので、手続き前に日本に帰って、日本から帰ってきた時に
空港の入局管理局でランディング手続きをすることにした。

その、日本から戻ってのランディング手続きが昨年11月末。
空港では愛想の悪いおっさんが手続きしてくれたのだけど、
手続き完了後の決まり文句"Welcome to CANADA!!"ってのを
はにかみながらも言ってくれたので、
彼は、ただシャイなだけの良い人だったのだと思う。

その時の説明では、PRカードは80日位で届くとのコトだったけど、
Xmasホリデーをはさんだせいか、届くまで100日位かかったっす。

そして、やっとカード来た~!と思ったら、また悲劇。
なんと届いたカードのスペルが、またHが抜けててONOに!
まさにOh~ NO~!であります。


そんでもって、またまた訂正作業を依頼したわけですが、
訂正は約2週間でOKとの話でしたので、まあ良いかと。
ちなみに、やはり、ひと月後には日本に帰る予定がありましたけど、
2週間でカードが戻って来るなら問題ないなと。

が、しかし、ここでまたもや問題発生。
思わぬところで"IS"や"アサド"が絡んできた。

噂によると、シリア難民の大量受け入れで、
今、カナダの入国管理局が大変なのだとか。
そのとばっちりを受けたらしく、
2週間で戻って来るはずのカードが、
結局、一月半かかって戻って来ました。

で、やっぱり日本への帰国は延期・・・
飛行機チケットはキャンセル・・・

でも戻って来たカードは、ちゃんと「OHNO」になってて、
ホント、ホントにホッとしたですよホントに。


Pr_card_02

写真は"Jimmy"ですけど。


よくカナダは移民に優しいとか言われますけど、
それは社会がそうだと言うだけで、
ってかアメリカよりはマシというコトであって、
決して手続きが簡単というコトではありませぬ。
手続きにはお金と時間と忍耐が必要でありまする。

ま、公務員の仕事がいい加減ってのは日本も同じだし
世界共通なのかもしれないけど。

あと、カナダ人になったの?と、よく聞かれるけど、
国籍はもちろん日本のはは、もとい、ママ。
カナダ国籍取るのは、永住権取るのとはまた別の話で、
自分は日本人やめるつもりはありませぬので。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2016年4月 1日

念願の・・・


この度、トロントにコーヒーショップをオープンしました。
永年の夢が叶いました。


Img_2636


店名は、もちろん「Java Joe」
いつか、この名前の店を持ちたいとの思いから、
このブログにも同じ名前を付けました。

今後は、ショップのマスターとして精進していく所存です。
皆様、トロントにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。


Img_2625




以上、2年ぶりのエイプリールフールネタどした。

こんなルーズなオヤジには、コーヒーショップのマスターなんて
無理ムリ絶対むり。

でもこの店「Java Joe's」はホントにある店。
「ジャバ・ジョー」ではなく「ジャバ・ジョーズ」です。
トロントのローカルチェーン店。


Img_2633


十数年前、初めてトロントに来た時に入った店が
この「Java Joe's」
当時、日本にはまだスタバもなくて、
こんなカウンターサービスのコーヒーショップを、
とても珍しく感じた。
古い建物にアンティークな感じの内観で雰囲気も良かったのです。

「ジャバ・ジョーズ」という店名も、
なんか語呂が良くて、強く印象に残ってました。

その後、故あって”Joe”と名乗るコトになり、
このブログを始める際に、タイトルはあの店の名前しかない、
と思って、”Java Joe”にした次第。


Img_2631


で、数年前、久しぶりにトロントに来たら、店がない!
建物が新しくなってて、全然違う店が入ってるじゃないですか。
やっぱスタバに負けたのねぇ、なんて思ったですよ。


そしたら、しばらく経ってから偶然通りかかった場所で、
この店名を発見。
どうやら場所が変わっただけだったみたい。

雰囲気もガラリと変わってて、清潔感のある明るい店に。
・・・自分は前の感じの方が好きでしたけど。
なんかスタバもどきな、どこにでもある店って感じになっちゃった。


Img_2629


でも軽食メニューも豊富で、スタバよりお値段控えめなので、
機会があれば、今後も利用したいと思います。

競合他社がひしめく地域・業界なので、
頑張って生き残ってほしいな。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2016年3月12日

Spring has come


もう春だねぇ。
トロントもすっかり暖かくなった。
と言うか、今シーズンは暖冬で、あまり寒くならなかった。

雪も少なくて、たまに積もったと思ったら、
すぐに溶けてなくなる。その繰り返し。

昨シーズンは2月頃から結構寒くなって、
ブログにも書いたけど、オンタリオ湖畔は
こんな状態に。


Img_2095_2


今年の、同じ2月下旬に撮った写真がコレ。


Img_2606


もう1組、別アングルの比較を。


Img_2088


Img_2611


同じ時期の同じ場所だとは思えないっす。
寒いのは苦手だけど、全然寒くならないのも何だかねぇ。


日も長くなり、3月の第二日曜からは夏時間が始まる。
日曜の未明、午前2時に時計が1時間進みます。
つまり朝7時に起きたつもりが、すでに8時になってる状態。
日曜日が仕事の人は辛いよねぇ。

日本との時差は1時間短くなって13時間に。
夏時間は11月の始めまで続くので、約8ヶ月。
年の半分以上がこの状態なのだから、
こっちが標準時間だという気がする。


夏時間の切り替え日は、時計直すのが面倒なんです。
メインで使ってる時計は勝手に直るからいいんだけど、
それ以外のがねぇ。特にキッチン周り。

電子レンジとかオーブンとか、コーヒーメーカーにまで
時計が付いてて、やっぱあれば見ちゃう訳で、
狂ってると気になるワケで。

親切設計のつもりなんだろうけど、逆に迷惑。
ホントいらんですワ。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年2月20日

NBAオールスター2016


トロントのプロスポーツ・チームと言えば
野球のブルージェイズ、ホッケーのメイプルリーフス、
そしてバスケットのラプターズ。


0220


トロントに住むからには全チーム応援せねばならんし、
一度は試合を見に行かねば、と思っておりました。
そしたら今年はNBAオールスター戦が、
メイプルリーフス&ラプターズのメインアリーナである、
エア・カナダ・センターで行われると言うじゃないですか。


0222


そしてハーフタイム・ショーには、あの、あの、アノ、
スティング様が登場すると言うではありませぬか!
これは行かねばなりませぬ。

いや別にバスケファンって訳じゃないですけど、
スティング様はその昔、大好きだったし。


0221


試合の方は白熱した点の取り合い・・・とは言い難く、
ま、お祭りだし、みんな無理なプレーはせずに、
ユル~いディフェンスだから点がたくさん入るコト入るコト。
でも華麗なシュートがたくさん見られたのは楽しかったです。


0225


で肝心のスティング様ですけど、ちょっと微妙でした。
もちろんパフォーマンスは素晴らしかったですけど、
初めて生で見たスティング様は、
アーティストって言うよりアメリカン・エンターティナー。
芸術よりショービジネスで生きてる人でした。


0223


キレイなお姉さん、隣で踊らせちゃってるし。
NBAのハーフタイムショーなんだから、
当たり前と言えば当たり前ですけど。

YouTubeに全編あがってたのでリンクしときます。





さらにアレだったのは、スティングのオワコン感が半端ねぇ。
盛り上がってたのは、一部の年配者だけのようで、
若い方々はトイレ行ったり何か食べたりで席を立つ人ばっか。

ホントはジャスティン・ビーバーを呼びたかったけど
次の日にグラミー賞があるからダメだったって話。
コレ、本当かも。

トータルで見れば、
行って良かったです。楽しかったです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2015年2月20日

さらに冷えてます


2月に入って寒さが一段と厳しくなった。
雪の量も増えて、けっこう積もってます。

天気が良い日に、ちょっと足を伸ばして
オンタリオ湖畔まで行ってみた。


Img_2096


なんかね、いつもと様子が違うんですよ。
水際がやたら遠くに見える。
本来なら水際の辺りが、白く盛り上がってて
小高い丘みたいになってる。


Img_2104


なんだと思って近づくと、そこは氷河期の世界。
って実際に行ったことはないから想像ですけれど、
湖が凍り付いて、氷の層が盛り上がってるのでした。

かなり広い範囲で凍り付いてて、
丸っこい氷の塊がゴロゴロゴロと。
上に雪が積もってるから歩けたけど、
雪がなかったらツルルルル~で危ないっす。


Img_2102


上の写真、たぶん右側の木が生えてる辺りがいつもの水際。
そこからこっちは全部、氷らしい。
ココは北極か?
って実際に行ったことはないから想像ですけれど。


Img_2109


やっとたどり着いた水際はこんな感じ。
ブブブの分厚さ。スゲぇアイスっす。


Img_2106


エイリアンの映画思い出したのは
わたくしだけではありますまい。


写真を見ると、日が差してて何だか暖かそうだけど
この日も気温は-18度くらい。
首に巻いてたマフラーの、口が当たる部分が凍ってた。


それでもここ数日は、また穏やかな天気に。
これは寒さ&雪のピークは越えたのか?
そう願いたいです。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2015年2月 6日

今日も冷えてます


Img_2085

トロントはやっぱ寒いっす。
連日、最高気温は0度以下のマイナス。
日が差してるから暖かいのか、なんて思って外に出ると
-10度だったり。

防寒対策さえしっかりすれば、
-15度位までなら外は歩ける。
でも風があるとダメダメ。
体感気温で-20度以下とかなるとヤバいです。


Img_2062


それでも昨シーズンよりは雪が少なくて
晴れの日が多いので、それほど不便には思わないけれど、
家の玄関と車はスゴく汚れる。
雪と泥と凍結防止剤でとってもマディ。
濃い色の車は、それは悲しい有り様に。


Img_2058


人通りの少ない冬の街を歩いてると
ムーミン谷をなぜか思い出すのです。
まだ「カルピス劇場」とか言ってた時代、
テレビで見ていたムーミンのアニメ。

おぼろ気な記憶をたどってみると、
確かムーミン族って冬眠するんだよね。
でもなぜか、ムーミン一人(一匹?)が目覚めてしまい、
雪に閉ざされた街に出て行くのだけど、
みんな冬眠してるから静まりかえってるワケ。


Img_2051


そんな中で、冬眠しないスナフキンだけは、
いつも通り独りギターを弾いてて、
ムーミンに優しく語りかける・・・

確かそんなストーリーだったと思うのだけど
40年以上も前の話なので、どうなんでしょう。


Img_2044


閑静な冬の住宅街が、そんなムーミン谷の
イメージに繋がるのであります。
「ねぇムーミン、こっち向いて・・・」なんて口ずさんで
歩くオヤジは気色悪りぃので、気をつけてますけど。


雪が深々と降ってる夜にギターとか弾いてると
スナフキンになった気分。
なんか悟れそうな気がする。


Img_2077




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2014年12月 6日

CANADA GOOSE


何だかみんな着てるんですよ、このダウンジャケット。
「カナダグース」というブランドのジャケット。


P1040913


老若男女、みんな着てる。
ペアで着てる男女はもちろん、若者5人組みが全員着てたり、
中年男性バディーズ3人組がみんな着てたり。

ブランド自体はずいぶん前からあったのだけど、
数年前から、やたらと人気みたい。
なんでも、映画の撮影でカナダに来てたアメリカの俳優たちが、
撮影期間中にコレを着ていたらしく、彼らを発信源に、
その良さがアメリカに広まったのだとか。
その影響で、カナダでも人気爆発らしい。


P1040896


この冬は、ダウンを買うつもりだったので、
もちろんカナダグースも候補になったのだけど、高いんですよコレ。
他のブランドのダウンの倍近い値段。
他のブランドンなら、エフェクター2個付いてきちゃうお値段。

もちろん、造りが良くて暖かく、長く着られる定番デザインなので、
高価なのも人気なのも納得なんですけど。
ギターにカネぶち込む時はドドドド~ンだけど、
洋服に大枚払うのはかなり抵抗を感じる性分なのでちょっと考えた。

結果、他ブランドのダウン+エフェクター2個を選びました。
まだエフェクター買ってないですけど。
なので写真は、ウチのオクさんの私物です。


カナダグースのダウンジャケットは、流行でもあるけど、
カナダでは冬の定番として定着している感じ。
カナダグースは、その名のとおりカナダのブランド。
もしかすると、カナダでの人気の一番の理由はソレかも。
カナダ人の愛国心、郷土愛ゆえか。


P1040902


カナダの人って、ホントに自分の国を愛してる。誇りを持ってる。
やりすぎだろうって思うこともあるけど、
ちょっとうらやましかったり。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2014年11月29日

冬支度とか


何だかやたら寒いんです。
昨シーズンの冬も何度かトロントには来てたけど、
住人としては初めて迎える冬。
やっぱトロントって寒いです。

寒さが苦手な体質&年齢なので、
冬の対策は必須であります。
ちゃくちゃくと準備してるであります。


P1040860


その1 ダウンジャケット

昨シーズンの冬は本格的なダウンを持っておらず
凍死するかと思ったので、それに懲りて
今年はちゃんとしたヤツを入手。

還暦はまだだけど、なぜか赤いダウンジャケット。
キャンディアップルレッドのギターが欲しいとの想いが
こんなカタチで表れた。


P1040865


その2 スノーブーツ

降雪量は少ないはずのトロントですけど
昨シーズンみたいな大雪だと困るので、こんなのも必要かと。
なかなか気に入ったのが見つからなかったのだけど、
これはちょうど良い感じで気に入った。
しかもバーゲン価格でラッキー。


P1040884


その3 スタッドレスタイヤ

もちろんクルマも冬支度。
元気な人は自分でタイヤ交換するのだろうけど、
自分はハルクホーガンもとい他力本願であります。

ディーラー or 街のタイヤショップで調べたら
ディーラーの方が安くてしかもブリヂストン製だったので
ディーラーで交換してもらった。
さすがスバル・ディーラー。

街のタイヤ屋だとコンチネンタルとかミシュラン製品が主流。
店によっては日本メーカーのタイヤは置いてないとこもあった。
あと、外したタイヤは保管しておいてくれるサービスも一般的。
有料だけど、自分は何もしなくて良いのでラクちんです。

タイヤホイールは安価なスチール製にしちゃいました。
やっぱ見た目は安っぽい・・・
まあ応急タイヤっぽく見える黒いホイールよりはましですけど。


P1040886


冬支度は整ったけど早く春になってほしいっす。







ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2014年11月22日

Tim Hortons


Img_1823_2


カナダと言えば“Tim Hortons”(ティム・ホートンズ)
たぶんカナダに住んでブログ書いてる人の、
9割が取り上げると思われる、
(カナダでは)超有名なドーナッツのチェーン店。


Dsc_0015


カナダではマックよりもスタバよりも店数が多くて、
皆さん「ティムズ」とか「ティミー」とか
親しみを込めて呼ぶらしい。

今さら私なんぞがブログに書くこともないかと
思ったのですけれども、他にネタがないので
大変申し訳ないですが書いちゃうです。


Img_1783


ドーナッツ屋だけど、ベーグルとかマフィン、
あとホットサンドイッチとか朝食メニューもある。


ココに行くと、客で来店してるおまわりさんをよく見る。
やっぱ仕事大変だから甘い物が食べたくなるのか、
と思いきや、どうもコーヒー目当てで来てるみたい。


Img_1790


そう言えばランチ時、他の店で食事した後、
コーヒーだけ買いに来る人が結構いる。
たぶんコーヒーが一番売れてるメニューだと思うけど、
味は、いわゆるドーナッツ屋の薄いコーヒーbyユーミンです。

ちょっと前に、ダークローストのコーヒーが出たのだけど、
これでやっと一般的なファストフードのコーヒーって感じ。

いつもスゴく熱いのをカップ一杯なみなみ注いでくれるので、
飲む時は要注意なんですけど、
それはきっと、冬のスゲ~寒い時、外に持ち出しても、
すぐに冷めないようにとの配慮なんだと、
好意的に受け取っときます。


Img_1979


面白いのは、ミルクと砂糖を店員さんが入れてくれる、
と言うか、店員に入れられちゃうこと。
なので注文時に希望を伝えねばなりません。
ワンシュガー・ワンミルクとか、ダブルミルクとか。

「ダブダブ」と注文してる人がいて、なんのこっちゃと思ったら
「ダブルミルク・ダブルシュガー」のことらしい。
確かにダブダブ入れるイメージだす。

ドーナツ食って、ダブルシュガーのコーヒーって
甘すぎるだろ~と思うけど、ダブルシュガーの人が結構多くて怖い。


P1040807


ドーナッツの味は、正直言ってミスタードーナッツの方が
ウマいと思う。
どれもただただ甘い。甘くて後味がみな同じ。
一回食べたら、もう当分いらないと思えるほどの甘さ。
でも、なぜか無性に食べたくなるコトがあるのが不思議です。


Img_1828_2




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2014年10月23日

やっぱ日本車でしょ


クルマは生活必需品。
あの冬の寒さではクルマの有無って死活問題。

また昨シーズンみたいな降雪量だとイヤだから
買うなら4駆のSUVが良いと思う。
ウチの近所はセダンよりSUVタイプの比率が
かなり高いです。


P1040796_2


自分の社会的スペックを鑑みるに、
例えば渋めのレンジローバーとか、
スポーチーなポルシェ・カイエンとか、
その辺がマッチすると思うのだが、
運転歴に数年のブランクがあるワケで、
いきなりデカくてパワーのあるヤツに乗ったら
きっと持て余すだろうと思い直し、
ここは、無駄な誇大妄想はいい加減にして
現実の社会的スペック&予算に合わせ
コンパクトな日本車を選ぶコトとした。

やっぱ日本のオヤジは日本車に乗らねばならんです。


P1040802


まず候補に挙がったのが、いつかブログにも書いた
“Winter Warrior”こと日産“Rogue”。
日本名はエクストレイル。

でもコレ、結構デカい。
たぶんこれが標準なんだろうけど
日本の5ナンバーに慣れ親しんだ身には
もうフルサイズのSUV。デカすぎ。

で、コンパクトさで選ぶと、やっぱスバル。
カナダでも日本車はトヨタ、日産、ホンダが3強だけど
トロントではトヨタに次いでスバルが多いような気がする。
やっぱ4駆の技術に秀でているプレミア感が人気みたい。
主観ですけど。


スバルのディーラー行ったら、新型アウトバックが出てて、
その質感に目が眩んだけど、サイズ&予算的にデカすぎ。
2015年モデルに切り替わったばかりのフォレスターも
納期2~3ヶ月と悪条件。
まだ2014年モデルが残ってたXVクロストレックなら
納期2週間で値引きもドッカ~ン。

ってことでクロストレックに決定。
サイズも価格も一番コンパクトだし。


P1040789


このクルマ、中身はインプレッサです。
インプレッサを4駆にして見た目を飾ったモデルなので
重くなった分、アンダーパワーな感じは否めない。

でも思ったよりも静かだし、大きめのシートも心地良いし
結構気に入ってます。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ