たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

ニューヨーク

2014年2月 4日

BallじゃなくてBowl



P1040435

また雪。この冬はよく雪が降る。
昨日は暖かな一日で、冬の終わりを告げるような
湿った空気だったのだけど、今日はまた冬に逆戻り。

昨夜はスーパーボウル。
昨日この雪が降ってたら、スーパーボウルにも影響でたかも。
皆さん、雪降るのが今日で良かったと思っていることでしょう。

今年はスーパーボウルが、
近くのメットライフ・スタジアムでの開催ってことで、
例年は観光客がほとんどいない時期なのに、
街はなんだか賑わってた。
旧正月の時期だからか、中国人も多かった。

ところで「スーパーボール」じゃなくて「スーパーボウル」。
つまりは「スーパー杯」、スーポーカップってことか?

知らなかったです。アメフトとか興味なかったし。

でもトロフィーはボールの形だったから、
やっぱ「スーパーボール」でいいじゃん。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年12月25日

クリスマスとか



Img_0292


この時期、世の中浮かれてますよね。
それはアメリカも同じで、ホリデー気分満開。

クリスマスは、日本だと恋人同士か子供のイベントって
感があるけど、アメリカでは宗教&家族のイベント。
普段は離れて暮らす家族が集まって、教会に行ったり
豪華なディナーを食べたり、プレゼント交換したり。


12月に入ると、街中のちょっとしたスペースが、
ツリーの臨時販売所に。もみの木の露店販売であります。
街中のあちこちに、本物のもみの木がたくさん並ぶ訳。
そのにおいをかぐと、クリスマスだなぁという気になります。

で、年明け、1月の2週目辺りには、
今度はゴミ置き場にもみの木が山積み。
ツリー用の木は、毎年買い換えるみたい。
エコロジー的にもエコノミー的にもどうかとは思うけど、
本物の木を飾ることが、一種のステイタスなのか。

あと、クリスマスケーキって、こっちにはないです。
七面鳥食べるのも、クリスマスと関係ある訳ではなく、
たんに「ごちそう」と言えば「ターキー」ってこと。
だから感謝祭でもターキー食べる。
ケンタッキーFCが繁盛する訳でもないです。

クリスマスディナーを24日に食べるのか、25日なのかは
それぞれの家庭の事情によるらしい。
ただ、25日の朝、ツリーの下にクリスマスプレゼントが
置かれているってシチュエーションは共通。


ご存じの通り、公にはあまり「メリークリスマス」と言わず、
「ハッピーホリデー」が共通の挨拶。
一応、キリスト教徒以外への配慮。
主にユダヤ人への配慮かと。

ツリーその他のイルミネーションは、年明けまで飾られてます。
25日過ぎたとたんに、それまでの洋装から
一気に師走の和装に切り替わる日本とは違いますな。

クリスマスには教会に行って、元旦には神社に行く、
そんな日本のいいとこ取りスタイルは大好きなのであります。


ところで我が家は、サンタさんに、もろもろギター関連を
前倒しでお願いしたので、今夜はスルーとのこと。
来年は是非お会いしたいものです。






ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





2013年4月16日

サクラとか


P1030271

こちらでもやっとサクラが咲き始めた。
暖冬だった昨年は、3月末には満開だったけれど、
今年は平年並みということなんでしょうか。


P1030276

正直言うと、植物には疎いのです。
この時期に花が咲いていれば、
それはもう桜だと、思い込んでしまうのだけれど、
色が鮮やかすぎたり、花びらが大きかったり
たぶん桜じゃない花もたくさん咲いているのだと思われます。


P1030237

3枚目の写真、“CHERRY WALK”という歩道に植えてあった木なので
桜だと思うのだけど、色が鮮やかすぎるような気もする・・・。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年4月 1日

夜の写真


ハドソン川を渡ってマンハッタンの写真を撮ってみました。


03301


03303


03302


今どきのデジカメは
スゴイですな。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月27日

Sam Ash New York


よく行く楽器屋「サム・アッシュ」のニューヨーク店が移転しました。

以前はタイムズ・スクエア近くの古いビルだったのが、
今度は34丁目、9番街からすぐの場所へ。

Img_0711_3
   

新しく広く、そしてキレイになった店内。

Img_0721_4


私の一番の興味はこのお部屋。お高いギターがズラリ。
実はPRSはこの店(旧店舗)で買いました。
次なるターゲットもこの部屋の中に・・・ 
なんて当分買えないですけどね。

Img_0714


ギブソン・カスタムが充実してました。
やっぱり一番人気なのか?

Img_0717

アコギやDTM関連もコーナー展開してます。
PA関連やキーボード類、各種アクセサリーや楽譜、
そして金管楽器からバイオリンまでなんでも売ってます。

通常価格が業界最安値レベルなのに、
割引クーポンを乱発してくれる、とてもありがたいお店であります。


これまでは、どちらかと言えば「ギターセンター」の方が
広くてキレイで好きだったのだけど、新しいサム・アッシュも良い感じ。
コレでレア物エフェクターも扱ってくれると完璧なんだけど。

Img_0720



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2012年12月30日

イントレピッド海上航空宇宙博物館


12301

以前も書いた「イントレピッド海上航空宇宙博物館」に行ってきた。
年末のこの時期、クリスマスイルミ華やかな5番街辺りは
観光客で大賑わいだけれど、屋外展示がメインのここは、
寒さのせいかちょっと空いていたりします。

太平洋戦争でも活躍した空母イントレピッドを改装した博物館で、
艦内と甲板上に展示物が並び、船外にも潜水艦と旅客機コンコルドが
展示されています。

12302

巡航ミサイル搭載の潜水艦グレイバック。
中に入ることが出来ます。
やっぱり中は狭かった。こんな艦内で長時間過ごすなんて、
無理です絶対に無理。

12303

一応航空宇宙博物館なので、艦内にはこんな展示物も。


実は私、ギターに出会う前はプラモデル小僧でした。
子供の頃に作った戦闘機やヘリコプターが目の前に!
やはり感動なのであります懐かしいのであります。

12304_2

12305_2

12306_2


スペースシャトルの展示は、もう少し先。
置いてはあるけれど、近づくことはまだできませぬ。
古い船にスペースシャトルが乗っかってる姿は、
何か妙な感じ。

12308


イントレピッドはカミカゼ攻撃を何度も受けた艦であることは、
前にも書いた通り。
艦内ではその記録映画を上映してました。
当時の映像なので、登場人物達は“Jap”を連呼。

例えばそれが黒人や中国、韓国人に対する蔑称なら、
きっと修正されるのでしょうが、日本は文句を言わないみたいです。
それは日本が敗戦国だからなのか、謙虚だからなのか、
私には分かりませぬ。

その点がちょっとアレでしたが、それでも十分に楽しめました。
アメリカ自然史博物館よりもオススメかも。

でも寒かった! 冬に行くなら万全の防寒対策が必要です。

12307


と言う訳で今年のブログ納めであります。
みな様良いお年を!



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2012年10月30日

MOMA


10302

MOMAに行ってきた。
“The Museum of Modern Art”、ニューヨーク近代美術館であります。
MOMAには一度は行かねばと思っていました。

10307

正直、アートについてはよく分かりませぬ。
それでも、どこかで見たことがある作品が、
実際に目の前にあると、感動を覚えます。

10303_2

何だかよく分からないけれど、何かスゴイ。
意味は理解できないけれど、何かスゴイ技術が恐縮されていることは分かる。
そんな感じでした。

パフォーマンス会場では1人のカッコ良いおじ様が、
ストラト+マーシャルで派手な演奏を披露してました。
おじ様がお上手なことはよく分かったけれど、
ギター弾く身には、特別なことをしているようには見えなかった・・・。

あれがアートだと言われれば、そうなのかもしれないけれど、
音楽とアートって違うのか? 線引きはどこに?

10304

同じ日の夜、珍しくしゃれたレストランに行ったら、
近くの席でリーアム・ニーソンが食事をしていた。

何と言うか、久しぶりにニューヨークな一日でありました。

10305_2



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2012年9月19日

領事館からのメール


海外で暮らす際に、管轄の領事館に在留届けを出して
メールアドレスを登録すると、たまに注意を促すメールが送られてくる。
だいぶ前に転出届けを受け取ったはずの香港領事館からも、
未だにメールが送られてくる。
大抵は鳥インフルエンザに感染した野鳥の死体が見つかった云々、
という内容なんだけど、昨日送られてきたのは、
日本人が中国人に殴られたという事件を知らせるものだった。

同じ日にニューヨーク領事館から届いたメールは、
18日に領事館前で行われる予定の中国人による反日デモへの
注意を促す内容だった。
実際に、先日の日曜日にはデモがあったらしい。

香港領事館からのメールには、具体的な注意点として、
「日本人どうしの集団で騒がない。目立った言動は慎む」
と書かれていた。要は何もせずにおとなしくしてろってこと。
何だかこれ、やられっぱなしで何もしない日本政府の対応と同じで
全然笑えない。


海外で暮らして実感するのは、皆さん同じだと思うけれど、
日本人の感覚が通用しないと言うこと。
たぶんそれは、日本人の方が特殊で、中国人やアメリカ人の感覚が、
世界の常識ということなんだと思う。

だから何かを交渉する時に、譲歩や謙譲、遠慮なんて感覚は、
相手には通じないことが多い。
国と国との外交の話なら尚更だ。
言うべきことは言う。何も言わないのは何も要求しないのと同じ。
そんな当たり前のことを、今の政治家先生方は分かっているんでしょうか。

福島の原発事故の直後、フランス政府がチャーター機を用意して、
自国民に帰国を促したことがあった。
当時は過剰反応だろうと笑ったけれど、
今思うとその行動力がうらやましいです。

中国で暮らす日本人は、今、どんな心境なんだろう。
その不安を思えば、政府としてもやるべきことが
たくさんあるように思うのだけど。


中国三千年の歴史なんて言うけど、
日本のように一つの国が永く続いた訳じゃない。
様々な国が興っては滅びる、その繰り返しで、
滅亡のきっかけになるのは、だいたいが市民による暴動だったりする。

清が滅んだ時も義和団の乱が原因の一つだったよね。
確か義和団の乱も、今回の反日運動みたいな排外運動だった。

この騒ぎがでかくなって体制崩壊に繋がったりしたら、
一体どうするつもりなんでしょう。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2012年9月10日

ハドソン川の花火


何だか外が騒がしいと思ったら、花火が上がっていた。

急いでカメラを用意して窓越しに撮影してみた。

たくさん撮ったけれど、それっぽく写ったのはこの4枚くらい。
やっぱり花火の撮影は難しいです。


09091

09092

09093

09094


でも一体何の花火だったのだろう?


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2012年9月 1日

メキシコ料理と航空母艦とおばあちゃん


もう9月ですかそうですか。
まあいいけれど。

先日のメキシコ料理レストランでの出来事。
友人(アメリカ人)が注文したカクテルを指して、
「これはカミカゼという名前だ」と教えてくれた。

日本語だからおもしろがって教えてくれたのだが、
メキシコ料理の店に日本語の名の酒???
と、怪訝な顔をしていたら、彼は「カミカゼ」という言葉を不快に
思ったと勘違いしたらしく、すぐに謝ってきた。
別に気になった訳でもなく、逆に彼の気遣いに感心したのだけど。

後で聞いたら「カミカゼ」はアメリカ生まれのカクテルで、
メキシコ料理とは関係ないらしい。それで納得。


その2日後。
いつもは北に向かうハドソン川沿いの散歩を、この日は南下してみた。
初めてのルートは桟橋に豪華客船が停泊していたりと結構楽しめた。
圧巻は空母「イントレピッド 」。
退役した軍艦を利用した海上の博物館で、スペースシャトルが
展示されることで話題になったところ。

0901

外観がキレイな船だったので、新しいのかと思ったら、
就航は太平洋戦争中で日本海軍相手に投入された船だった。
カミカゼ特攻を何度も受けたし、あの戦艦大和が撃沈された際も、
攻撃に参加したらしい。
キレイな外観からは想像できないが、多くの修羅場をくぐり抜けた船。
その相手は日本軍だった。


さらにその2日後。
祖母が沖縄出身の日本人だという黒人青年と会った。
彼は祖母のことを「オバアチャン」と、日本語で呼んでいた。

彼の祖母は、沖縄で軍人だった祖父と知り合い結婚。
日本からドイツへ、そしてアメリカへと移り住み、4人の子を儲けた。
ところがアメリカに来てすぐ旦那さんを亡くし、
とても苦労したらしい。日本人に対する偏見もあっただろうし、
黒人に対する差別もあったのだろう。
「おばあちゃんは絶対に日本語を使わなかった」と彼が教えてくれた。

おばあちゃんの4人の子供達は、全員英語の名前が付けられた。
だが、彼は日本人の名前。ファーストネームもミドルネームも日本人。
妹さんもまた日本人の名前だそう。
彼らの世代は、日本の血が入っていることを隠す必要がないらしい。

驚いたのは、彼の父、つまり、おばあちゃんが苦労して育てた
ハーフの息子さんが、自分と同い年だったってこと。
沖縄出身の女性とアメリカ軍人のカップル、そして子供達、
そんな話から、戦後の混乱期に幼子抱えて奔走する女性の姿を
勝手に思い浮かべていたのだけど、そんなに昔の話じゃなかったのね。
自分が子供の頃の話じゃん。

なんだかよく分からんが、戦争に思いをはせる機会が多い一週間でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ