たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« ジェームス・タイラーのギター その2 | トップページ | Helix Native & AmpliTube »

2018年7月29日

HELIX NATIVE


ずっと気になってたLINE6のHELIX。
ラックタイプのが欲しいなぁと思っていたのだが、
安い買い物ではないし、どうしたモノかと思案していたら、
DAWのプラグイン版が出ると言うではないですか。

それが“HELIX NATIVE”なるシロモノ。
今、夏のセール中でお安くなってたのでポチっといってもうた。


0712


ダウンロード購入だったのだけど、サクッと落とせて
ライセンスの承認も簡単。
音を鳴らすまでやたら大変なプラグインが多い中で
この簡単さはとっても好感が持てます。

やっぱコレまで使ってたAmpliTubeとの比較になるのだけど、
ユーザーインターフェイスって言うんでしょうか、
操作画面もシンプルで、取説読まなくても使えちゃう感じもまた
好感持てますな。

パラメーターの調整がAmpliTubeみたいなツマミではなく、
バーを調整するタイプで、数値入力もOK。コレはポイント高い。
マウスで操作するには、こっちの方が絶対にやりやすい。

あと、エフェクトの接続順を自由に設定出来るのも好感触。
パラレルにして、ドライ音にウェット音を加えるなんてのが簡単。
そのバランス調整も簡単に出来まする。

もちろん、エフェクト類も豊富で高音質。
AmpliTubeはエフェクトが弱いから、歪みだけ作って、
あとのエフェクトは他のプラグインを使うことが多かったけど、
HELIXなら、コレだけでギター音はもう完結。


0710


不満な点を言えば、チューナーが付いてない。
あとアイコンも文字も表示が小さいコト。
POD HD使ってる時も思ったけど、LINE6って表示がやたら小さいよね。
それはHELIX NATIVEも同じで、ローガンオヤジにはちょっとキツい。

ま、LINE6の世界戦略においてはローガン世代の要望なんぞ無視して
構わんと思うが、親会社のヤマハさんが日本をメイン市場と考えるのなら、
少子高齢化の昨今、ユニバーサル・ユーザーインターフェイスってのは
最重要課題ではないかと思うのであります。


スタンドアローンで使えないのもアレですが、コレ、主力はハード機の方。
プラグインのソフト版はオマケみたいなモノだろうから、
そんなにチカラを入れなくても良いのかも。

それに、ラックタイプが売れなくなるかもしれないのに、
ちゃんとプラグイン版を出してくれるのはありがたいよね。
PODもそうだったけど、フロア、ラック、プラグイン、
その全部を網羅した製品ってのがLINE6のポリシーなんでしょうな。
素晴らしい。

別売りのアンプを追加しないと使えない感じになったAmpliTubeに対し、
HELIX NATIVEの方は、アンプの種類が少ないとは言えコレ1つでOK。
もうAmpliTubeの出番はないかも。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


« ジェームス・タイラーのギター その2 | トップページ | Helix Native & AmpliTube »

コメント

ほっほぉ。
バーの調整&数値入力OKってのは良いですね。
同じくAmplitubeのエフェクター類は少ないと感じます。
使うアンプもいくつかに決まってくると言うか。
しかし、この細かい文字は辛いですね~。

秀幻生さん、コメントをありがとうございます。
障害が発生していたようで返信が遅くなり申し訳ないですm(_ _)m

そうですよね~ AmpliTubeはエフェクトが少なくて音もイマイチ・・・
ver.4ではマーシャルの音が変になったし、別売りのアンプを追加しないと使えないシロモノになってしまいましたヾ(- -;)

そうそう、文字が小さいのはLINE6の悪しき伝統(笑)。
あと、入ってるアンプの種類も、以前のPodとほぼ同じでちょっと古いモノばかり。
そこら辺も一新してくれてたら文句なしなんですけどねぇ。

LINE6 HELIXですか!
これ、気になってたんですよね~
LINE6 のシミュは音が気に入っていたので、ラックタイプを考えていたのですが、ソフトで出ていたとは…
これのJCM800が凄い気になります。
正確にはPODの800だったのですが、今更PODはね~
Amplitubeの800は好みではなかったので…(^^ゞ
同じ物をシミュレーションしてもメーカーで違うものですね。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

HELIX気になりますよね~
コイツもメーカーのうたい文句ではハード機と同じ音とのことなんですけど、実際はどうなんでしょうかね(笑)。

AmpliTubeのJCM800がダメってのは全く同感です(笑)。
ver.3では良かったんですが・・・
HELIXの800は良いですよ(^_^)b 似た感じのマーシャル系は各種揃っているので、マーシャル使うならHELIXの方がお勧めです。
デモ版もありますから是非お試しください。

問題は英語サイトでしか手に入らないこと、そして価格ですかね。
HELIXのハード版に比べれば断然お買い得だけど、AmpliTube MAXよりも高い!
判断が難しいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/73938498

この記事へのトラックバック一覧です: HELIX NATIVE:

« ジェームス・タイラーのギター その2 | トップページ | Helix Native & AmpliTube »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ