たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« James Tyler Guitar | トップページ | HELIX NATIVE »

2018年7月14日

ジェームス・タイラーのギター その2


070501_2


スミマセン、JTのギターについて、もう一度書かせてくださいませ。
他にネタがないもので・・・

前回オーダーシートなるモノをさらしたので、
すでにネタバレかと思いますが、コイツの仕様について改めて、
と言っても1つ1つ書いてくのもアレなんで、
興味のある方は下記をご覧くださいませ。
完成したギターに付いてくるスペックシートでございます。


Img_20180713_0001_2


仕様を決めるに当たって、
バーニング・ウォーター・フィニッシュでPUがHSH、
ってのは最初から決めてました。
自分にとってJTと言えば、やっぱりバーニング・ウォーター。
初めて見たJTがBWフィニッシュでして、
その時の衝撃は忘れませぬ。

あと自分の使い方では、ネック側はハムの使用頻度高しなので、
その2点は即決、それ以外の部分は、
すでに所有のノーマルBW(2013年製)とは違うモノで、
そんな観点で決めた次第。

具体的な違いは、スワンプアッシュ・ボディ、
マッチング・ヘッド、アームコンター部の塗装、
ブラックパールのピックガード、スラント配置のPU等々。
完全に見た目重視のミーハー仕様ですなスミマセン。


070503_2


Voとトーンツマミの間にある黒いのはミッドブースターのツマミ、
Voの左側にある小さいボタンは、ブースターのバイパスボタン。
あとスペックシートには載ってないけど、トーンツマミ引っ張ると、
リアPUのスプリットが可能だす。

裏側はこんな感じ。
下部の黒いフタはブースター用の電池入れるトコ。


070505_2


JTの良さは、私なんぞが改めて言及するまでもないですが、
やっぱ良いんですな。

ギターとしての基本性能は、Suhrやトムアンあたりと
そう変わらんと思うけど、その完成度が1ランク上、
もう美術品の域に達している、そんな印象。

音ももちろん良いのだろうけど、微妙な違いを聞き取れるような
繊細な耳ではないので、そこはプロにお任せするしかないですが、
弾き心地の違いは自分にもハッキリと分かりまする。
弾いていて楽しいんですわ。


特に分かりやすいのはネック。
チューニングが狂わないってのももちろんだけど、
ネックの触り心地、弾き心地がもう最高。
指板のフチが単なる面取り以上に削ってあって、
触れた感じも優しいです。


P1060637_2


悪い方のネックは、その価格ですよねぇ。
ココ数年でUS$1,000近く値上がりしやがった。
日本だと更にプレミア感満載な価格設定ですわな。

日本よりかなり安くこのギターが買えたコトは、
カナダに住んでいるが故。
普段、カナダに住んでて良かったと思うコトは少ないけど、
それだけはホント良かったと思っとります。

アメリカに住んでりゃ、更に安く買えるんですけども・・・


070506_2



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« James Tyler Guitar | トップページ | HELIX NATIVE »

コメント

確かに、美術品というか芸術品的なw
スペックシート、頑張って読みました。
コンパウンドラジアスなんですね。
プレイン弦のハイフレットのチョーキングで
ビビリにくくて良い構造ですね。
80年代に流行ったHSS(やHSH)のコンポーネントギターは
当時は好みじゃなかったのですが
最近になって使ってみたいなーと思うようになりまして
Joeさんのニューギアを見たらさらにw
音源、気長にお待ちしてます。(催促ではありませんw)

秀幻生さん、コメントをありがとうございます。

気になって確認したら、Suhrもトムアンも指板はコンパウンドでした。
でもPRSはコンパウンドじゃない。今まで意識せずに弾いてました~(^_^;)

ちなみにラジアスは、もう1本と同じ9.5-12"で指定したのですが、
10-12"になってました。仕様が変わったのか、最近のはみなその数値みたいです。
・・・って違いは全く分かりませんけど(笑)。

ご無沙汰です。
あひゃ~、これで勢ぞろい!
カラーが凄い。(Joeさんに似合いそうです)
PUが若干斜めって付いてるのは音質の補正ですかね?
集合写真撮りましょうか。。。

rimixさん、こちらこそご無沙汰しておりました。o(_ _)oペコッ

コメントをありがとうございます。
やっぱギターは見た目勝負、思いっきり派手な仕様にしちゃいました。
最近、派手なモノに惹かれるのは歳のせいでしょうか(^-^;

PUのスラント仕様は、見た目の演出?
音の違いは… よく分かりません(笑)。

オーダーJTおめでとうございます!
JTは日本製も今あるんですよ。アメリカ製が80万くらいで、日本製は40万くらい。アメリカ製中古を40万で買った僕は勝ち組と思ってます(笑)
JTってかなり軽めじゃないですか?
あと、なにげにアクティブピックアップが標準ですよね。
ピックアップの直列、並列、シングルの切り替えは僕には不要でした。。。。。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

おぉー、ウッソさんもJT入手されましたか! おめでとうございます(^ ^)/
タイラージャパンも気になりますよねぇ。
でもこちらだと米国製が安くて価格差が少ないので、やっぱ本物が欲しくなります(笑)。

ウッソさんのはフルオプション仕様なんですね。
私のにもアクティブのミッドブースターが付いてますけど、PUはパッシブです。
JTにアクティブPUは無いような…

電池はミッドブースター用なんですね。ピックアップがアクティブなのだとばかり思っていました。でも電池切れると音鳴らないのは一緒ですよね。

ウッソさん、
確認したらブースターのバイパスボタンをON(ブースターOFF)にすれば電池がなくても音は普通に鳴りました。
バイパスOFFだと鳴りませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/73856763

この記事へのトラックバック一覧です: ジェームス・タイラーのギター その2:

« James Tyler Guitar | トップページ | HELIX NATIVE »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

無料ブログはココログ