たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年8月

2017年8月27日

Highway Don't Care


ティム・マグロウの”Highway Don't Care”をカバーしました。
私も知らなかったのですが、ティム氏はアメリカのカントリー歌手で、
その世界では大御所だそうであります。
ちなみに奥様もカントリー歌手のフェイス・ヒルさん。

そのティム氏がデュエット相手にあのテイラー・スウィフトを、
ギターにはキース・アーバンをフィーチャーしたのがこの曲。


826


テイラー・スウィフト嬢のデビュー曲は、ズバリ”Tim McGraw”という曲。
ティムが大好きな彼氏のコトを歌った曲だそうで、
ティム氏はテイラー嬢が憧れるほどの大物だと言うコトですな。

ギターのキースさんもこれまた大物で、本業はカントリー歌手。
テレビ番組「アメリカン・アイドル」の審査員もしてます。
そして奥様は女優のニコール・キッドマン。
ギターが上手くてイケメンで歌も上手、奥さんはハリウッド女優。
ギタリストの夢の頂点を極めたお方ですな。

そんな3人が組んだ曲が、この”Highway Don't Care”
2013年の発表で、翌年にはグラミー賞にノミネートされてます。


歌って頂いたのは、daitakaさんとK'coさんであります。
最初にdaitakaさんからこの曲のお誘いを受けた時、
楽譜はないし知らない曲だし、どうしようかと思ったのですが、
良い曲なんですよコレ。
歌もギターもカッコ良いし、テイラー嬢の声もステキ。

すっかり気に入ってしまい、オケ作りに取りかかったものの、
この曲、音作りが半端ない。ホントにスゴい。
色々な音が重なっていて、しかも音圧はほぼ限界いっぱい。
なのに、すべての音がクリアでスッキリくっきり。
ティム氏の声はど真ん中の中音域全部に響いてるし、
テイラー嬢のセクシーな声が左右いっぱいに響き渡ってるし、
そしてキース君のギターはテレキャスなのにスゴく太くて迫力ある音。

どうすりゃこんな音になるのか全く不思議。
4年前の曲とはいえ、最先端&最高峰のスゴさを見せつけられました。

最初は、その再現を目指したのだけど、相手はグラミー賞レベル、
とてもじゃないけど無理ムリ絶対無理。
もう途中からは、daitakaさんK'coさんの歌声をいかに際立たせるか、
その点を心がけ、ついでにギターもカッコ良くしちゃおうとな。


と言うワケで、ボーカルはdaitakaさんとK'coさんのお二人。
使ったギターはSuhrのClassic T、音はいつものAmpliTubeです。





daitakaさんとK'coさんの歌声がたまりませんな。
中音域と高音域、それぞれを極めたお二人という気がします。
そんなお二方なので、Mix方法にもそれぞれのアプローチが必要で、
ちょっと大変でしたけど、とても楽しい作業でした。

daitakaさん、K'coさん、お二人には改めて御礼申し上げまするです。
(ビデオで使ったジャケ画はdaitakaさんの作品です)

※Music Trackでの公開ページは、「こちら」です



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年8月 5日

追悼 平尾昌晃さん「カナダからの手紙」


懐かしの名曲「カナダからの手紙」をカバーしました。
僭越ながら、先日亡くなった平尾昌晃さんの追悼コラボです。


0729_2


この歌、1978年のヒット曲だったのですな。
同年には「勝手にシンドバッド」「あんたのバラード」
「みずいろの雨」などの名曲も。
「スター・ウォーズ」1作目の公開もこの年。
それら1つ1つはよく覚えているけど、
同じ年のコトだと言われても、ピンとこないのはなぜだろう。


この曲、当時子供だった自分は、タイトルのイメージから
とっても爽やかな歌なのだと思っておりました。
だって「手紙」ですよ「ラブレター」っすよ。
それも「カナダ」からなんですよ。
全部が爽快、とってもクリーンなイメージじゃないですかい。

それが今、改めて聞くと、何と言うか、大人な感じの曲です。
すでに男女の関係で、しかもワケありな2人の歌。
畑中さんの歌声は妙に色っぽいし、
曲に対するイメージがだいぶ変わりましたです。


歌って頂いたのは、K'coさん、うえい・しょうたさんです。
大人の深い関係を歌ったこの曲に、お二人の歌声はピッタリ。
爽やかだけど憂いを感じさせるしょうたさんの歌声、
対して、爽やかだけど妖艶さを漂わせるK'coさんの歌声。
カバーするにはこれ以上無い最高&最強のお二人です!

ギターは、Tom Anderson The Classic、
音はペダルコンプとAmpliTubeで作ってます。
ギター以外のトラックは、ヤマハミュージックデータショップの
MIDIデータを利用しました。





カナダという国のことを意識したのは、
この曲を聞いてからだったかもしれませぬ。
あれから十数年、いや数十年、
カナダの地からブログをお届けする身になるとは・・・。

でも、この曲、なんでカナダなんでしょう?
歌詞にはカナダっぽい話は一切出てこないし。
ただ語呂が良かったから、ってコトなんでしょうかね。

R.I.P. 平尾昌晃さん



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ