たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 追悼 平尾昌晃さん「カナダからの手紙」 | トップページ | 「太陽にほえろ」で吠えろ »

2017年8月27日

Highway Don't Care


ティム・マグロウの”Highway Don't Care”をカバーしました。
私も知らなかったのですが、ティム氏はアメリカのカントリー歌手で、
その世界では大御所だそうであります。
ちなみに奥様もカントリー歌手のフェイス・ヒルさん。

そのティム氏がデュエット相手にあのテイラー・スウィフトを、
ギターにはキース・アーバンをフィーチャーしたのがこの曲。


826


テイラー・スウィフト嬢のデビュー曲は、ズバリ”Tim McGraw”という曲。
ティムが大好きな彼氏のコトを歌った曲だそうで、
ティム氏はテイラー嬢が憧れるほどの大物だと言うコトですな。

ギターのキースさんもこれまた大物で、本業はカントリー歌手。
テレビ番組「アメリカン・アイドル」の審査員もしてます。
そして奥様は女優のニコール・キッドマン。
ギターが上手くてイケメンで歌も上手、奥さんはハリウッド女優。
ギタリストの夢の頂点を極めたお方ですな。

そんな3人が組んだ曲が、この”Highway Don't Care”
2013年の発表で、翌年にはグラミー賞にノミネートされてます。


歌って頂いたのは、daitakaさんとK'coさんであります。
最初にdaitakaさんからこの曲のお誘いを受けた時、
楽譜はないし知らない曲だし、どうしようかと思ったのですが、
良い曲なんですよコレ。
歌もギターもカッコ良いし、テイラー嬢の声もステキ。

すっかり気に入ってしまい、オケ作りに取りかかったものの、
この曲、音作りが半端ない。ホントにスゴい。
色々な音が重なっていて、しかも音圧はほぼ限界いっぱい。
なのに、すべての音がクリアでスッキリくっきり。
ティム氏の声はど真ん中の中音域全部に響いてるし、
テイラー嬢のセクシーな声が左右いっぱいに響き渡ってるし、
そしてキース君のギターはテレキャスなのにスゴく太くて迫力ある音。

どうすりゃこんな音になるのか全く不思議。
4年前の曲とはいえ、最先端&最高峰のスゴさを見せつけられました。

最初は、その再現を目指したのだけど、相手はグラミー賞レベル、
とてもじゃないけど無理ムリ絶対無理。
もう途中からは、daitakaさんK'coさんの歌声をいかに際立たせるか、
その点を心がけ、ついでにギターもカッコ良くしちゃおうとな。


と言うワケで、ボーカルはdaitakaさんとK'coさんのお二人。
使ったギターはSuhrのClassic T、音はいつものAmpliTubeです。





daitakaさんとK'coさんの歌声がたまりませんな。
中音域と高音域、それぞれを極めたお二人という気がします。
そんなお二方なので、Mix方法にもそれぞれのアプローチが必要で、
ちょっと大変でしたけど、とても楽しい作業でした。

daitakaさん、K'coさん、お二人には改めて御礼申し上げまするです。
(ビデオで使ったジャケ画はdaitakaさんの作品です)

※Music Trackでの公開ページは、「こちら」です



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


« 追悼 平尾昌晃さん「カナダからの手紙」 | トップページ | 「太陽にほえろ」で吠えろ »

コメント

カントリーはあんまり知らないんですよね〜
ケニーロジャースくらいかな。
一般的なイメージとしてはその名の通りちょっと田舎な感じのするほのぼのした感じ…ですかね?
と、思って聴いてみたら…
やけにモダンで普通にカッコいいですね^ ^
でもカントリーのギターってそのイメージとは裏腹で、
実は超絶スゴイってのを以前なぎら健壱の動画を見て、
ブッとんだ事があります。
イメージだけで毛嫌いせず色々聴いてみるべきですね〜^ ^

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよね~ 一応、カントリーって区分けなんですけど、全然ロックじゃん!って感じですよね(笑)。
あのテイラー・スウィフトも元はカントリー歌手。でも今じゃポップス界の歌姫ですもんね。
そこら辺の境界線は曖昧みたいですな。

やっぱ食わず嫌いはイカンですよね。なんでも手を出してみなければ・・・なんて、かく言う自分も、カントリーと言われたら聞く気はしなかったと思うので、偉そうなことは言えません(^_^;)

ご清聴ありがとうございました!

キース、アーバンさん、なるほどーっ!イケメンですね。
ニコールさんと一緒に写ってる写真いっぱい、出てきました(^。^)
って、私も全然知らない曲でしたが、そうそう、テイラースィフトちゃんはカントリー出身ですもんね。
ご本家も聴いてきました。Joeさんのコラボのほうがロックっぽいと感じましたよ。
広い空の下を疾走しているみたい♪( ´▽`)

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

ギターのキースさん、この方もカントリーシンガーらしいのですが、プレイはもろにロックですよね(笑)。
YouTubeにたくさんあるジョンメイヤーとの共演動画が面白いです。
ギターも歌も上手いってホントうらやましいですな(^_^;)

本家よりもロックぽいですかね(笑)。そこら辺は好みが出てしまったのかもしれません(^_^;)
ご清聴&お褒めの言葉をありがとうございました!

おお!やはり新譜でしたね。
ちょっと私の守備範囲を超えてます。(^^ゞ
これもMTの仲間の影響でしょうか?
音楽の幅が広がりますね。
カントリーと聞くと、バンジョーとか出て来そうですけど、これもカントリーなんですね?
ジャンル分け難しいですね。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

この曲は、私の守備範囲も超えています(笑)。
コラボが決まって初めて聞いた曲でしたが、良い曲ですよね。
音の作りとミックスがまたスゴい!
やっぱり今どきの曲は、進歩してますよねぇ。

ご清聴ありがとうございました。

Joeさん  こんばんは(おはようございます)~

こちらは今日から3連休です。でも台風の影響で3連きゅ雨。

良いメロディですねー。楽譜も無く耳コピしたんですか?4分15秒くらいからの早弾きも?
この曲知らなかったのでオリジナルを2回ほど聞いてきました。
キースさんは、テレキャスっぽい音を逃げているような音を出しているけど、JoeさんはSuhr
でテレキャスっぽい音を追っているような感じがして面白かったです(^^) 
ボーカリストお二方とJoeさんの絡み合いが本当にすばらしかった。
では~

KageGさん、コメントをありがとうございます。

はい、今回は耳コピでした。
とは言え、ネットでコード譜を見つけてソレを参考にしたのですが、何とこの曲、コード進行がワンパターン!
そのことに気づかなかった自分もアレですが、それを感じさせないアレンジ、構成もまたスゴいですよね。
いろいろな意味でスゴい曲でした。

実はキースさんを見習って、太い音を目指したのですが、
やっぱテレキャスで録ったので、それなりの音にしか出来なかった、
というのが実情です(^_^;)

ご清聴ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/71534327

この記事へのトラックバック一覧です: Highway Don't Care:

« 追悼 平尾昌晃さん「カナダからの手紙」 | トップページ | 「太陽にほえろ」で吠えろ »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

無料ブログはココログ