たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 黒く塗りつぶせ | トップページ | The Bird Feeder その2 »

2017年6月25日

The Bird Feeder


英語で書くとロックバンドみたいなイメージだけど、
Bird Feeder(バード・フィーダー)とは、
鳥にエサやるためのアレです。


Img_3072_3


こんなのをバード・フィーダーと呼ぶのですな。
最近知りました。
日本じゃあまり見たことなかったけど、こっちでは一般的なようで、
どこのホームセンターでも売ってます。

中に入れるエサの方も、スーパーのペットコーナーには
必ず置いてあって、しかもデカい。
一番小さいのでも、この重さ(約3.6Kg)。


Img_3034_3


暖かくなってから、ウチの周りで鳥をよく見るようになったので、
試しにバルコニーに設置してみたのであります。
設置用のバーも売ってたので、それも買って使ってみたら、
ちょっとおしゃれな感じになってグッドだす。

何も考えずに付けちゃったのだけど、グーグル先生で調べたら、
夏は自然のエサが豊富だからトリはあまり来ないとか、
来るようになるまでは最低2週間かかる、なんて書かれてて、
ちょっと心配になった。

でも2日後には、トリさんカミング。
これ、スズメの一種でしょうか?
その後、スズメばかりだけど、順調にトリが集まって来るように。


Img_3100_2


そして数日後、朝起きたらバードフィーダーが空になってまして、
前日の夕方にはまだ結構な量が残っていたはずだし、
とり目のトリ共は、夜に食べに来るはずはないし、
ちょっと変だなと思っていたら、どうやら犯人はコイツらしい。


Img_3185_2


リスも可愛いからエサやりたくなるけど、
コイツは大食漢で、ある分を全部食べちゃう。
トリさんの分がなくなっちゃうので、それは問題。

そこでリス対策本部を立ち上げ、対策を練った結果、
バードフィーダぶら下げてる細いワイヤー部分を短くして、
リスの手が、いや前足が届かぬよう、手すりと距離をあけてみた。

そしたらこんな感じに。


Img_3240_2


前足&口は何とか届くけど、不安定な体勢なのでエサが食べにくいのか、
バードフィーダーに飛び移ろうとするも、こんな結果に。


Img_3246_2


あらら~ ブランコ状態で遊んでる~ 楽しそ~
ではなくて、このリス、相当焦ってました。


これでエサは食べられなくなる。問題解決。
たかがリス、人間様が知恵を絞ればそんなモノだと
高をくくっていたら・・・

敵もサルもの、いやリスだけど。
今度はこんな風にバーの部分をよじ登り、


Img_3254_2


バーにぶら下がってアクロバティックなお食事タイム。


Img_3261_2


コイツはオスですな。
オスだけに根性あるのかも。


Img_3253_2


リス君、甘く見てスミマセン。
君らも生きるために必死なのですわな。

というワケで対策本部長としては次の策を練ることに。
長くなったので続きはまた後日ですスミマセン。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 黒く塗りつぶせ | トップページ | The Bird Feeder その2 »

コメント

名調子復調(*^m^*)
リスもさるもの、オヌシもなかなかやるのぉ~、ですね(笑)
うちの実家じゃみかんやリンゴを半分にきって植木の枝に
ブっ刺してますが、これはおセレブでよろしいですね。
リスくんハイリスクでも這い上がってでも食べたい「Highリス食う」
おあとがよろしいようで。

バード・フィーダーって、お国柄なのでしょうね。
庭付きの家だと、巣箱を作って…なんてのが日本式?
しかし、リス君。
よくこんなショット撮れましたね。(笑)
ブランコでは、ナレーション?で笑っちゃいましたよ。
ホッコリ記事、ありがとうございます。
先のKcoさんに座布団上げてください。(笑)

K'coさん、コメントをありがとうございます。

エサに果物ですか!? 豪華ですね!
ウチがそれやると間違いなくリスのエサになりそうです(笑)。

ところで「ハイリス食う」・・・ 思い付かなかった・・・ サスガお主もなかなかやるのぉ~d(^_^o)
でもブログ内容より面白いコメントって、ある意味、荒し?(゚▽゚*)

これからも荒しコメント期待しております!
ご指南の程、よろしくお願いします♪(o ̄∇ ̄)/

rimixさん、コメントをありがとうございます。

バードフィーダーは、ホントはエサが不足する冬のためのモノなのかもしれませんね。
あとトリ用の水浴び場(バードバス)も売っているのですが、
電熱ヒーター入りで冬の寒さでも凍らない、なんて豪華なモノもあります(笑)。

リスは味を占めたのか、しょっちゅうやって来ます。
しかも毎回の行動パターンが決まっているので、写真が撮りやすいです。
リスも見てて飽きないから良いんですけどね(笑)。

ハイ、K'coさんには座布団3枚送っておきます(*^-^)

リス君、すごい執念ですね。

鳥は写真からするとイエスズメのメスでしょうかね。うちには日本の
野鳥って言う図鑑しかないのでネットで見ただけですけど。(^^ゞ

うちからはお向かいの家の屋根瓦の隙間に毎年スズメが巣を作って
子育てしてます。今年も現在2クール目がスタートした感じです。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

実はバードフィーダー付けたのには、ちょっとテイルピースさんの影響もあります(^_^;)
設置から約一ヶ月過ぎて、ウチの庭はスズメ天国になってます(笑)。
写真のタイプと、目と首の部分が黒いタイプをよく見るのですが、なるほど、雄と雌ってことなんですね。

昔、うちの実家にも巣があって、毎年スズメが来てましたけど、スズメって寿命はそんなに長くないですよね?
毎年、同じつがいが子育てしてるとは思えないんですけど、巣立った子供が同じ巣を使うってコトなんでしょうか?
スズメも不思議ですね。

たまにスズメ以外も来るようになってきたので、バードウォッチングとしても楽しんでます(笑)。

こんな決定的瞬間よく撮れましたね?
まさかカメラを構えて何時間も待ってたとか?(≧∇≦)
youtubeの面白動画でもこんな感じの見た事ありますけど、
やっぱり鳥にしろリスにしろ動物はカワイイですなー^ ^

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

はい。この写真撮るのに5日間じっと待ってました・・・ってのはウソです(^_^;)
ウチの周辺には4、5匹のリスがいるのですが、みんなほぼ同じ行動パターン、
徘徊ルートなので、シャッターチャンスはいくらでもあります(笑)。
全部がバードフィーダーに飛び移ろうとするワケではないようですが、
みんな同じに見えるので識別できないのが残念です(笑)。

そうそう、鳥もリスも見ていて飽きないですよね~(*^-^)

あらーリスちゃんが来るのですかー!
かわいらしい(*゚▽゚)ノ
エサも鳥ちゃんと両方やりたくなりそうです。
Jouさんだけに情がうつるって…
あ、私もダジャレ(*´ω`*)

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

上手い! MIKIさんにも座布団!
そうなんですよね~ 鳥のエサをとっちゃうリスだけど、
ずっと見てると情が移ります。Joeだけに・・・d(^_^o)

このリスどもは、日本でよく見るシマリスよりも一回り大きく、
ちょっと強欲な感じなので、あまり可愛いくはないのですが、
見てておもしろいし、飽きないんですよね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/70959044

この記事へのトラックバック一覧です: The Bird Feeder:

« 黒く塗りつぶせ | トップページ | The Bird Feeder その2 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ