たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 「虹とスニーカーの頃」の頃 | トップページ | ジャーニー弾いてみた。 »

2017年3月11日

"J.BOY" 浜田省吾



0303_2


浜田省吾と佐野元春って、同じ時期に聞くようになったんです。
なので、自分の中では比較してたのですが、
当時は、フォークソングの流れを感じる浜田省吾よりも、
全く新しいノリの佐野元春の方が好きでした。

「今晩、誰かのクルマがクルマで夜の闇にクルマって」の
アンジェリーナ元春に対し、
「昨夜どこかの金持ちの男と街を出て行った」の
マネー浜省。
そりぁ元春さんのオシャレな感覚にやられますわな。


でも時は流れて、世の荒波に揉まれた生意気な若者は、
自分の無力さを知る、ってのは良くある話。
そんな時、心に染みるのはやっぱり浜省なのであります。

そして浜省と言えば、この曲。
これ、ニッポンの応援歌ですよね。

応援歌やるなら大勢で、そんて安易な発想で、
いつもより多くの方とコラボさせて頂きました。

 ボーカル : BADGEさん
 ベース : bc'ダイさん
 コーラス全編 : Kohjiさん
 1st & 3rd ギターソロ : るかっちょさん
 その他ギター&オケ制作& Mix : Joe

大勢でやるなら、やっぱライブのイメージだろうってコトで、
アルバム「ROAD OUT "TRACKS"」のライブ版をカバーしました。






これ、もう30年も前の曲なんですね。
世の中がこんな時期に、この歌をカバーってのも、
感慨深いモノがありまする。

Show me your way J.BOY!
ガンバレニッポン!


Music Trackでの公開ページはコチラです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 「虹とスニーカーの頃」の頃 | トップページ | ジャーニー弾いてみた。 »

コメント

3.11に併せてのガンバレなんですね。流石です。
浜田省吾、中学の頃ファンでした。ライブも行きました。
ハウンドドッグも。
ある時期から全く聞けなくなりました。
恥ずかしくって。響かなくなって。

一つは歌詞だと思うんですよね。
ストレートすぎるというか、シンプルというか。
最近の詰め込みまくった意識高い系みたいなのほうが響くようになってしまってます。

最近、かなり練習してます。曲までは至らずですが。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

ウッソさんも浜省ファンでしたか。ハウンドドッグも!
ウッソさんの少年時代の嗜好が何となく分かりますね(笑)。

そうそう、歌詞がどストレートなんですよね。
私もそこに違和感ありました。
恥ずかしくてファンだと言えない感じ、分かります(笑)。
今では平気で好きだと言えますけど。
・・・老けて羞恥心がなくなったってコトですかね(^_^;)

ご清聴ありがとうございました!
ギタ練がんばってください。そしてShow Me Your Way~!

僕が初めて浜省を聴いたのは浪人生の頃。
「この道の彼方、約束されたはずの場所があると、信じて行きたい…」(on the road)
受験勉強中の心に深く刺さりましたね〜
大人になるに連れ、
ストレート過ぎるところが、
あれ?なんかダサい?
とすっかり聴かなくなっちゃいましたが、
それまで日本のロックなんて…と思っていた僕を変えたのは間違いなくこの人でした。

最近忙し過ぎてまともに練習できませんわ〜(ToT)

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

そうそう、疲れてる時に聞くと心に染みるけど、元気な時だと逆に疲れる、そんなイメージの曲が多いですよね(笑)。
自分も、この曲を聴きたくなるのはストレス溜めてる時だったりします(^_^;)

でも最近また、歌やドラマなどは、分かりやすくてストレートな表現、シンプルなのが好まれてますよね。
ちょっと子供っぽいなぁ、と思うのですが、なぜか浜省の歌は、大人のロックという気がします(笑)。

みにみにさん、山のような仕事を抱え~♪ 的な状況ですか?w(゚o゚)w

ゴージャスですね、一味違う感じです。
やっぱりベースが入ると違うな~
今回のMIX最高じゃないですか。。。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

初のベース生音源です(笑)。
ホントはこの曲、ベースはタイトなスラップ奏法でカッコ良いのですが、事情でスラップじゃなくなりました(笑)。
ま、結果オーライでしたけど(^_^)b

お褒めのお言葉&ご清聴ありがとうございました!

浜田省吾!
同級生が好きで借りて聴きました
丁度「マネー」の頃でした。懐かしいw
(その友人は尾崎豊にシフトしましたが)
ハウンドドッグの「ff」も当時コピーしましたが
その後また洋楽に流れて聴かなくなりました。

参加人数が多いと、うん、ゴージャス感ですね。
みなさん素敵な演奏です。
例によって、選曲の妙も。
良いところをついてくる、そんな感じがw

浜省、尾崎、ハウンドドッグ・・・懐かしいですよね。
今ではみんなJ-POPというくくりになっちゃうんでしょうけど、当時は、日本のロックが盛り上がってきたと喜んでました。
秀幻生さんとは、結構好みが似てるかも(笑)。

バンドやってたら、ぜひやりたい!と思う曲を、こうして離れた場所の方々といっしょに再現できるって、すごくラッキーなことですよね。
良い時代になったモノです。

ご清聴ありがとうございました!

コメント欄に失礼します。
今月号のギターマガジンのテーマはなんと、
歌謡曲とギター!
歌謡曲を支えたギタリストの紹介や、
当時の裏事情など興味深い記事が満載。
更にスコアがスゴい!
キャンディーズ、山口百恵、中森明菜etc…
最初は、
えっ、歌謡曲?
って思いましたけど結局買っちゃいました。
Joeさんにも見せてあげたいな〜^ ^

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

今月のギターマガジン、気になってました。
良かったですか? そっか~Amazonで買っちゃおうかなぁ。

中森明菜とか松田聖子とか、レコーディングには一流ミュージシャンが参加してましたもんね~。
尊敬する松原正樹大先生を初めて聞いたのはユーミンの曲だったなぁ。

歌謡曲でもギターのフレーズが印象的だったモノがたくさんあるし、昭和歌謡って結構あなどれません(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/69884484

この記事へのトラックバック一覧です: "J.BOY" 浜田省吾:

« 「虹とスニーカーの頃」の頃 | トップページ | ジャーニー弾いてみた。 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ