たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 今年、手に入れたエフェクターその2。 | トップページ | Java Joe 2017 »

2016年12月28日

沢田研二「時の過ぎゆくままに」

自分のとっての昭和の大スターと言えば
やはり沢田研二と山口百恵であります。

沢田研二は「勝手にしやがれ」あたりから記憶に残ってるから、
この「時の過ぎゆくままに」は、オンタイムでは聞いてなかったのかも。
それでもなぜかとても懐かしい気がします。


1217


子供の頃、一番親しんでいたメディアはテレビだった。
と言うか、テレビしかなかった。
当然、耳にする音楽もテレビから。

学校で習う以外の「音楽」として、最初に意識したのは、
テレビから流れてくる音楽、ドラマの主題歌でした。
つまり「音楽への入口」はテレビ・ドラマの主題歌だったワケ。

子供の頃見てたドラマで強く記憶に残っているのは、
中村雅俊さんの「俺たちの~シリーズ」や「太陽にほえろ」。
ってコトは、井上堯之バンドやトランザムの演奏が、
幼かったJoeの脳裏に深く刷り込まれたワケで、
この曲の演奏は、すばり刷り込まれた音そのモノなのかも。

琴線に触れるとは、まさにこのコトでありますな。
無意識の領域に踏み込んでくる名曲なのです。


そんな大好きな歌を、うえい・しょうたさんに歌って頂きました。
ギターはPRS MaCarty594とAmpliTubeの組み合わせ。
オケにはヤマハの市販MIDIを使っています。





コード進行は四畳半フォーク、歌詞はド演歌という暗い歌なのに、
軽くておしゃれなイメージで、なぜかフレンチの香りさえ感じるような。
それはきっと、ジュリーのキャラクターと、バンドのアレンジ故かと。

そんな曲なので、暗~くなるのは嫌だなと思い、
ステキな声の持ち主のうえい・しょうたさんに歌をお願いしました。
しょうたさん、そんな絶妙な雰囲気を見事に再現してくださいました。
改めて感謝申し上げます。



時の過ぎゆくままにこの身をまかせ・・・なんてやってると
あっという間に置いて行かれて焦るばかり・・・
そんなこんなで2016年も暮れていく。

今年もご愛顧ありがとうございました。
みな様、良いお年を!!


Music Trackでの公開ページはコチラです。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 今年、手に入れたエフェクターその2。 | トップページ | Java Joe 2017 »

コメント

選曲の妙と言いますか
クリスタルキングに続き、
やってくれるなぁ><b とw
タイガースは解散がギリギリぐらいなんですが
その後のジュリーも、やはり「カッコイイ」、
勝手にしやがれもカサブランカダンディも
カッコ良かったですねー。
バックバンドを引き連れてロック寄りだったですね。
演奏の方は相変わらず安定しておさすがでございます。
ジュリーの艶っぽい歌い方とはまた違って
明るく爽やかな歌声もいいですね。
ではでは、良いお年を~♪

秀幻生さん、コメントをありがとうございます。

昭和歌謡、結構好きなんです(^_^;)
名曲がたくさんありますよね。
特にこの曲はジュリーの歌声とギターの音色がヤバいっす(笑)。

そうそう、歌謡曲とロックの垣根を取り払ったのはジュリーだと思います。
カサブランカダンディとか憎みきれないろくでなしとか、今聴いても
カッコ良いロックですよね。

ご清聴ありがとうございました。
秀幻生さんも良いお年を!

ジュリーの声は唯一無二、素晴らしく、私は
やっぱTOKIOが好みです♪( ´θ`)ノ
で、今回のコラボ、私も爽やかな印象を受けました。
来年もなつかしい曲、意外な曲、カッコいいギター
聴かせてくださいませねnote
では、よい新年をお迎えください♪( ´θ`)ノ

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

確かにジュリーの声は誰にも似てない唯一無二って感じですよね。
男性より女性ボーカルに近いような気がします。

しょうたさんの歌も爽やかですよね~。
暗~い曲がオシャレに聞こえるのがステキです。
ご清聴ありがとうございました。

来年も頑張りますのでヨロシクお願いします。
・・・意外な曲ってのは難しいかも知れませんが(笑)。
MIKIさんも良いお年を!

2016年も残り数時間となりました。
って、Joeさんとこだと時差あるからまだかな(ゝω・) テヘ

ジュリーは私、子供の時(4~5歳かなぁ)なぜか大好きだったようで
親に連れていかれたキャバレーの生バンド演奏のリクエストで
ジュリーばかりリクエストしていたそうです(笑)
なんとなーく記憶にはあるんだけど曲名までは覚えてなくて
タブン、勝手にしやがれが好きだったような記憶があるんだけど
私のその時の年だとTOKIOなのかも

あと実家が同じ区にすんでたので
奥さんと買い物してるのを2回目撃したことがあります


来年もよろしくお願いします( ´∀`)b

沢田研二と言ったら、この辺の曲ですかね~
タイガースもチロっと記憶にあったりして…(笑)

ギターの音は、フロントの歪んだ音が印象的でしたが、この音もなじんでますね。
記憶違いかと、ツベに行ってきました。(笑)
歌声も、狙った通りじゃないですか?
『勝手にしやがれ』『TOKIO』も、期待できるのかな?なんて…

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

ねぎとろさん、コメントをありがとうございます。

今、コチラは大晦日の朝です。2016年もあと約15時間残ってます(笑)。
親に連れていかれたキャバレー、というのが時代を物語ってますね~(笑)。
TOKIOとか、ジュリーが子供にも受けるのは分かる気がします。
勝手にしやがれでは、確か帽子を飛ばしたような。そんな仕掛けが色々あって楽しかったです。

ジュリー本人を目撃!? それはスゴい!!
と言うワケで今年はお世話になりましたm(_ _)m
来年もヨロシクお願いします。良いお年を!

rimixさん、コメントをありがとうございます。

沢田研二の絶頂期って「勝手にしやがれ」から「TOKIO」あたりだったような。
我々世代だと、その頃はもう洋楽メインでしたよね(笑)。

この曲のギターの音は、クリーンなようで、実は微妙に歪んでます。
そこを狙ったのですが、無理でした。やっぱりクリーンな音造りって難しいです。
それにしても井上堯之バンド、良い音ですよね~

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ジュ〜リ〜〜(by 樹木希林)
この頃のジュリーは痩せてて妖艶でカッコいいですな。
後々ちょっと太りますもんね。
ジュリーもいいんですけど、
布施明がスゴく好きだったんですよね。
クリスタルキングの時に当時こんなハイトーンを出せる人はいなかった、
みたいな事を書きましたが、
実は布施明も圧倒的な声量とかなりのハイトーンの持ち主。
当時かなり驚きました…
ってすいません、ちょっと話が逸れちゃいました(⌒-⌒; )

さて、年明けましたね。
今年も多分僕はブログの方はノンビリペースだと思いますけど、
変わらずよろしくお願いいたします(^.^)

みにみにさん、明けましておめでとうございます!
コメントをありがとうございます。

布施明、私も好きでした。「シクラメンのかほり」は良い歌でしたよね。
フォークギターでアルペジオ練習したなぁ(笑)。
確かに美しいハイトーンでした。
ジュリーや布施明みたいな、男性ボーカルの正当派って、今、見当たらないですよね・・・
ご清聴ありがとうございました。

私のブログものんびりペースだと思いますが、今年もよろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/69016800

この記事へのトラックバック一覧です: 沢田研二「時の過ぎゆくままに」:

« 今年、手に入れたエフェクターその2。 | トップページ | Java Joe 2017 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ