たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日

ギターを3ヵ月放置してたら


ちょっとバタバタしていてですね、
しばらくブログはサボってましたスミマセン。
ここ3ヵ月間は、ギターも全然弾けなくて
完璧に放置状態。

実は先日引っ越しまして、ギターも保管環境が変わりました。
以前は、年中湿度が25~35%と、かなり低めだったのが、
今度の部屋はちょっと高め。
特に夏だったこともあって、MAXで70%、平均で60%位。

ハードケースに入れていたとは言え、
そんなカラカラの部屋から、多少ウェットな環境に変わり、
約3ヵ月の放置状態。
それはヤバいよなぁ~と思っていたのです。

それで先日、やっとギターをチェックできたのだけど、
ほとんどのギターのチューニングがシャープしてた!!


ギターの弦は緩めずに保管する主義なので、
チューニングはそのままだったんですけど、
みんな半音ぐらい上がってるんですよ。

一番ヒドかったのはPRSのPaul's ギターで1音上がってた。
キレイに1音ズレてるので、チューナーが真ん中指してて、
最初、合ってるのかと思ったよ。
よく見たら1弦がEじゃなくて#Fだったんで笑った。


P1050627


やっぱネックが反ったんでしょうかね。
音が上がるということは逆反り?
バック側にネックが反ったということかも。

木材は乾燥すると縮んで、湿度を含むと膨張するらしいから、
ネックが湿気を吸って膨らんだ、それで逆に反った、
ということなんだと推測いたします。

幸い、目立ったビリ付、音の詰まり等はほとんどなかったので、
もしかすると、コレまでの乾燥してた環境で順反り気味だったのが、
適度に湿気を含んで元に戻ったのかも、なんて都合の良い解釈をしてみたり。


そんな中で唯一、チューニングに変化がなかったのが
ESPのMade in Japanモデル。
こいつはほとんど狂いがなかった。

前からチューニングは安定してたけど、まさかここまでとは。
やっぱ高温多湿の日本で作られたギターは湿気に強いのかも。
サスガ日本製!


P1050618



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ