たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り | トップページ | SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り その3 »

2016年4月29日

SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り その2


前回の続きを。
とりあえずTTS-1で音は鳴るもののイマイチなので、
他の音源を使いたい。でも、なぜかそのままでは鳴らないです。

まずはSONAR標準のベース音源”SI-Bass”で試してみる。
メニューバーの「挿入」→「プラグインシンセ」→「VST2」→
「SI-Bass Guitar」で音源トラック設定完了。

前回紹介した”MidRadio Player”で楽器パートを見ると、
このMIDIデータは、CH 03が”Finger Bass"
つまりトラック3がベースなので、トラック3の出力先を変更。
前回同様の手順でトラック3の出力先を”SI-Bass Guitar”に。


41


でも鳴らない・・・
ヤマハのMIDIには、ヤマハにしか分からない暗号が入ってて、
SONARの音源では解読不可能みたい。それでSI-Bassくん沈黙。

その暗号を消すためには「イベントリスト」で中身をチェック。
トラック3を選択してメニューバーの「表示」から「イベントリスト」。
そうすると数字がズラッと並んだリストが出て来ますな。


43


中でも、赤文字で表示されてる行が怪しい気がする。
特に種類が”PRN ~”ってのが気になる。
(PRNがない場合、スクロールバーでリストの先頭をチェック)

試しにそれ”PRN Pitch Bend Sensitivity”という行を消してみる。
消すには、その行をクリックして選択、それからキーボードのDeleteキーか、
メニューバーの「編集」→「削除」を。

その後で、再度SI-Bassのプログラム音を指定すべし。
再指定は、 SI-Bassの画面を呼び出し(丸で囲んだ所をダブルクリック)
”PRG”で任意のプログラムを選べばOK。


42


音が鳴っても、1/8小節早くなってたり、
1オクターブ低かったりするので要修正です。
ズレを直すのは、トラック3のクリップを選択し、
カーソルを移動ツールにして、クリップを後ろにドラッグすれば簡単。
その時、スナップをONにして1/8小節に設定しておけば便利っす。


44


音を1オクターブあげるには、同じくクリップを選択して、
メニューバーの「プロセス」から「トランスポーズ」
出て来た画面で量を12と入れてOKをクリック。


45


お~、何かベースがカッコ良くなった&良く鳴った。
これでベースを好きな音色に変えたりエフェクト掛けたりできます。

音がちゃんと鳴れば、MIDIと音源でトラックを2つ使う必要もないので、
トラック3のクリップを、そのままSI-Bassのトラックに移動させてもOK。
移動はコピペか、カーソルを移動ツールに変更してドラッグです。
トラックが多いと混乱するので、不要トラックは削除して整理整頓を。

クリップ移動の際は、頭の位置をずらさないよう注意です。
その時もやっぱスナップをONにしとくと便利。


他のトラックも、同じ方法で音源を鳴らすコトが出来ます。
つまり、イベントリストを表示して、
”PRN ~”という行だけ消しちゃえばOKみたい。

リストの黒文字、種類が”Note”になってるのは、
音のデータなので消さなぬように。


例えば、全トラックを選択してイベントリストを表示すれば、
1つのリストに全トラックの情報が出て来るので、
最初に全トラックの”PRN”を削除しちゃう、なんてのもアリかと。
(リストの複数の行を同時に選択して、一挙に削除も可能)

でも面倒なコトが1つ。ドラム音源は、もうひと手間必要だす。
タイミングは合ってても、スネアがリムショットになってたりとか、
パートが合ってないので修正せねばです。
TTS-1の音で変な打楽器系が鳴ってたのもそのせい。


また長くなったので、続きは次回に。
ひっぱってスミマセン。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り | トップページ | SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り その3 »

コメント

プラグインシンセが鳴らない、、と一言でいっても原因がそのたびに違って、毎回心が折れます(--;
わたしはKORGのM1がお気に入りなんですけど、どういうわけかSONARで鳴ったり鳴らなかったりなんです。年に1度くらいしかつかわないwのでその時繋いでいる機器が違うとか電源が入ってるかどうかでSONARの設定がいちいち狂ってしまうので仕掛中のファイルをうっかり開くとわけがわからない状態になってしまいます。先日はNEWプラグインシンセが見えなくてずいぶん悩んだんですけど、64bitと32bitの壁でした。ちゃんと仕様書を読まないといけませんね、、いや、買う前に読んだところでわかりはしないのですけど・・・買って触ってみたからわかったことで(^▽^;

SONAR‥
なんか3カ月くらい使ってない気がします((+_+))
といっても、最低限の録音なんですけど。それすら。
joeさんのなさってること、すごいですー(^O^)/

K'coさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよね。ヤマハのMIDIデータと一言で言っても色々なのがあって、
中には変なプログラムもあったりするので、結局は1つずつ潰していくしかないです。
鳴らない原因が、SONAR側にあったりもするし。

MIDIデータ側の問題は、紹介したやり方でたぶん大丈夫かと。
それでもダメなら、イベントリストの赤い文字の行を全部消しちゃうとか。

KORGのM1って、ソフト音源ですか? それともシンセ本体を外付けしてるとか?
MIDIのハード音源を外付けだと、私も未知の世界です(^_^;)

プラグインシンセを追加する時って、大抵、最初には見つからないですよね(笑)。
dllファイルが原因だと知るまで、私も苦労しました。
32bitのフォルダにだけ入ってるとか、ホントやめてほしいです(`ε´)

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

いやいや、スゴい人はもっとスゴいコトをやってますって(笑)。
私はスゴいことが出来ないので、市販のMIDIデータを使ってる訳でして(^_^;)

でも、自分の演奏を録音するのって良いですよね。
うまく弾ければ楽しいし、思うように弾けなくても、練習のプラスにはなるし。

録音してから、色々とエフェクト掛けて、音を作り込んでいくのが、また楽しいんですよね。
MIKIさんも、ゆくゆくは是非DTMの世界へ!(^_^)b

ベースが2chドラムが10chにほぼ決まっているもの?だと思ってましたが、YAMAHAは3chなんですね。
それにイベントリストでの暗号発見は大したものです。
再生不可能であるノートが、赤表示ってのが良いですね。
そうですか~、私なら悩んで捨ててたでしょうね。(笑)

トランスポーズ・ノートは久々に見た用語です。
特にノートは、バグで入り込むchチェンジを見つけ出さなければならず、最後のチェックは必要でした。
お察しの通り、S-50での話ですけど。
用語を忘れないうちに、打ち込みでもしてみようか?と考えております。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

なるほど! 読み込めないデータだからイベントリストでは赤文字なんですね!
言われて初めて気付きました(^_^;)
これでナゾが一つ解けました。ありがとうございます。m(_ _)m

昔は、こんなリストに数値を入力してたんですよね。だから「打ち込み」と言ったのでしょうね。
数値入力がイヤで、ピアノロール入力をやりたかったのだけど、
出て来た鍵盤をクリックしても音が鳴らずに断念、
結局スコア入力しかできなかったのは、昔のトラウマの1つです(^_^;)
それがこんな簡単になったのですから、ホントに良い世の中になったモノです(笑)。

そうそう、ヤマハのMIDIは大抵3chがベース、あと9と10chがドラムになってます。
9chのドラムを正しく鳴らすのが、コレまた面倒なんですよねぇ。

おはようございます(こんばんは)~

おお、なんと意味不明な言葉のオンパレードなのか!
なので、今回のこの話題は、勝手にスルーさせていただきました(笑)

で、私めの近況の話しなんぞを・・
4月はギター科のセッション大会で、途中から卒業生のプロギタリストの方も
飛び入りで参加され、特に生徒さん二人とこのプロギタリストの3人で演奏した
ジャコ・パストリアスの『The Chicken』は圧巻でした。
終了後の飲み会も圧巻でしたけどね(爆)
私は、Eスリーコードブルース、Amファンク、Autumn Leavesファンクの
3曲を演奏しました。
4月末は仕事帰りに神田のセッションバーに行ってきました。お客さんは私と同じく
サラリーマンの方々ばかりで、みなさん仕事帰りを楽しんでおられますね。
1ドリンク付き弾き放題で1.5時間2300円は安いです(^^) 楽しく見知らぬ人たちと
セッション楽しみましたが、途中からプロらしきギタリストも入ってこられ、私の演奏に
オブリなどをスッと入れてきてくださいました。やっぱり上手いですよね。 ん~、かなわねぇ~
今月はボーカル科とのコラボです。久しぶりにアコギを真剣に練習しています。指が痛い。
これからアコギ持って、駅前のカラオケに『ヒカリノシズク』を一人さびしく練習しに行きます(^^;)

           では~

KageGさん、こんばんは(おはようございます)~

コメントをありがとうございます。
意味不明な内容を長々とスミマセンです。
一応、本業のギターの幅を広げるために始めたPCでの音楽制作でして、
もっと簡単な方法はないか、もっと良い音にならないかと試行錯誤するウチに、
のめり込んでしまいました(^_^;)

それでも、やはり面倒な作業はイヤなので、有りモノのデータを流用する方法を探っているわけでございます。
あと、KageGさんのようにお仲間が周りにたくさんいらっしゃる環境だと良いのですが、私はそうではないので、必然的にパソコンとセッションするしかナイ、という事情もありまして・・・(笑)。

「ヒカリノシズク」って知らない曲だったのでググったらジャニーズ系出て来たんですけど?(笑)
コレ歌うのですか?
ブルース、ファンク、そしてジャニーズ、 KageGさん、音楽の幅広いですね~!
その容量、柔軟さがあれば、PCでの音楽制作なんて楽勝だと思いますので是非!(^_^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/65222952

この記事へのトラックバック一覧です: SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り その2:

« SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り | トップページ | SONARでヤマハのMIDIを使ってカラオケ作り その3 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ