たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日

布袋寅泰 / スリル


初めてBOØWYを聞いたのは、
3枚目のアルバム「BOØWY」が出たばかりの頃。


0227


アルバム「BOØWY」、もちろんLP、ハマった。
それからボウイ、コピーしまくり。
でもBAD FEELINGは未だに出来ませぬ。辛い。


パンクだけど聞きやすい、その新しい感じが好きだった。
雑誌“Player”で読んだ布袋さんインタビューも、
すごく好感が持てて、布袋さんファンになりますた。

その後、ボウイはポップな路線になって売れ始め、
当時はちょっとなぁ~と思ったけど、
今、考えれば、16ビートでポップなロックって、
それまでなかった訳で、やっぱりボウイは革新的だった。


で、ボウイはあっという間に解散、
布袋さん、今度は吉川さんと組んでCOMPLEX。
“Be My Baby”聞いたときは衝撃だった。

でもCOMPLEXもあっという間に分裂。
そしたら布袋さん、ご自分で歌い出したじゃないですか。
それもある意味、衝撃。
やっぱ氷室さん吉川さんに歌って頂きたかった・・・。


そんな流れで、布袋さんのファンではあるけれど、
布袋さんのソロ曲はほとんど聞いてなかったのだす。

が、今回カバーすることになって、
ちゃんと聞いてみたら、やっぱ布袋さん良いですな。
カッコえぇです。ツボを押さえていらっしゃる。


0226_3


という訳で「スリル」です。
この曲、オリジナルはギターが大人しいですよね。
布袋さん、ボーカルに専念したかったのか、
あるいは手を抜いたのか・・・。

でもYouTubeで見つけたライブ映像ではギター弾きまくり。
なのでそちらのバージョンをカバーしました。


ボーカルはBADGEさんです。
ギターはトムアンの”Angel”で音はいつものAmpliTube。
ギター以外のパートは、ヤマハの市販MIDIデータを
加工して使ってます。





もうBADGEさんがこの曲歌えばね、絶対にカッコ良いです。
自分としては布袋さんよりBADGEさんの方が、
この曲には合ってると思うです。

ホントにバンドやってるみたいで楽しかった~。
BADGEさん、Thanksです!


Music Trackでの公開ページはコチラ。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年2月20日

NBAオールスター2016


トロントのプロスポーツ・チームと言えば
野球のブルージェイズ、ホッケーのメイプルリーフス、
そしてバスケットのラプターズ。


0220


トロントに住むからには全チーム応援せねばならんし、
一度は試合を見に行かねば、と思っておりました。
そしたら今年はNBAオールスター戦が、
メイプルリーフス&ラプターズのメインアリーナである、
エア・カナダ・センターで行われると言うじゃないですか。


0222


そしてハーフタイム・ショーには、あの、あの、アノ、
スティング様が登場すると言うではありませぬか!
これは行かねばなりませぬ。

いや別にバスケファンって訳じゃないですけど、
スティング様はその昔、大好きだったし。


0221


試合の方は白熱した点の取り合い・・・とは言い難く、
ま、お祭りだし、みんな無理なプレーはせずに、
ユル~いディフェンスだから点がたくさん入るコト入るコト。
でも華麗なシュートがたくさん見られたのは楽しかったです。


0225


で肝心のスティング様ですけど、ちょっと微妙でした。
もちろんパフォーマンスは素晴らしかったですけど、
初めて生で見たスティング様は、
アーティストって言うよりアメリカン・エンターティナー。
芸術よりショービジネスで生きてる人でした。


0223


キレイなお姉さん、隣で踊らせちゃってるし。
NBAのハーフタイムショーなんだから、
当たり前と言えば当たり前ですけど。

YouTubeに全編あがってたのでリンクしときます。





さらにアレだったのは、スティングのオワコン感が半端ねぇ。
盛り上がってたのは、一部の年配者だけのようで、
若い方々はトイレ行ったり何か食べたりで席を立つ人ばっか。

ホントはジャスティン・ビーバーを呼びたかったけど
次の日にグラミー賞があるからダメだったって話。
コレ、本当かも。

トータルで見れば、
行って良かったです。楽しかったです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年2月13日

オフコース「さよなら」



0205


この曲のイメージって冬ですよね。
あれはいくつの時の冬だったのだろう?

当時はすでにロック&エレキに目覚めていて、
フォークデュオだと思ってたオフコースはノーマーク。
なのでこの曲を聴いた時は衝撃でした。

あれっ?バンド編成になってるじゃん!
何かロックっぽい!
しかも
ボストンみたいなサウンド!
アコギもエレキもカッコ良い!
小田さんのボーカルも美しい!


この曲を初めて耳にしてからの数年間、
すっかりオフコースにハマってました。
平行してパープルとかも聞いてましたけど。


そんな思い入れのある曲をコラボできる日が来るとは。
それも、こんなにスゴい方と・・・。

ボーカル&コーラスはotoharuさんです。
聞いて頂けばお分かりかと思いますが、スゴいです。
ホント素晴らしいです。


ギターは自分で弾いて、それ以外のパートは打ち込みです。
ミックスもJoeが担当しました。
ギターはトムアンのAngelとThe Classic。
アコギパートはヤマハのエレアコA3Mと
PRSのP24をピエゾPUで。

音はAmpliTubeで作って、ギターソロでは
ペダルエフェクターのSuhr Koji Compと、
Wampler Clarksdaleを使いました。





しばらく余韻に浸りたいようなotoharuさんの歌声・・・。
こんなステキな声で歌って頂けるなんて・・・
しかも、この完璧な再現度!
その本気度に感無量であります。

otoharuさんには、重ね重ね感謝感謝です。


Music Trackでの公開ページはコチラ。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年2月 5日

Tom Anderson The Classic


オレンジ色の憎いヤツ、オシャレな次男クルーズ君こと、
トム・アンダーソンの“The Classic”であります。


P1040554


トムアンのギターは製造年月日がシリアルナンバーになっていて、
いつ作られたのかが分かるのだけど、これは2013年12月製。
工程のどのタイミングの日付なのかは分かりませんけど。

色はスパークルオレンジ。ラメ入りのオレンジだす。
ピックガードはパールホワイト。
写真じゃ分かりにくいけどピックアップのカバーは、
“Coffee dipped”というタイプで、通常のホワイトより
黄ばんでいて、微妙にエイジングされてます。

サンバーストのストラトを買うつもりで店に行ったのだけど、
このヴィンテージ感で、このド派手さ。もう一目惚れしたのですわ。


P1050329


ネックジョイントはこんな感じで、
ボディ材はアルダーなのであるダァ。
PUは“SC1”が2つと“SC3”。SCの後の数字は、出力量の違い。
1より3の方がデカい音で、それぞれフロント用とリア用の模様だよぅ。

トムアンのPUは種類がたくさんあって、
公式HP読んでも、その違いがよく分からんのですが、
この“SC”はヴィンテージ寄りなPUらしいです。


P1050311


こいつもバズフェイトンチューニング採用でペグはロック式。
ネックシェイプは、Even-Taper +.030で標準よりちょい太め。
フレットはステンレス製で、ミディアムだからちょい低め。
この仕様、恐らくヴィンテージストラトを意識したモノかと。

フレットは低いし指板はメイプルだしネックは太めだしで、
他のトムアン兄弟とは、ちょっと違う弾き心地。
丁寧に弾かないといけない感じだけど、そこが面白かったりする。

ところで“The Classic”が全部この仕様って訳じゃないので、
誤解なきよう。たまたまコイツが上記の仕様なだけで、
オーダーで色々選べますからご安心をば。


このギター、トムアンの売りでもある、
“VA Booster”と“B5 Switching with Add-bridge”搭載だす。
AVじゃなくてVAね蛇足ですけれども。

ミニトグルがVAブースターのスイッチ。
ブースターと言っても電池不要で、ブースト量もわずか4db。
コイツはどうやら、OFFの状態で回路が働きPUの出力を押さえてて、
ONにすると回路がバイパスされてPU出力が通常レベルになる、
そんな仕組みなのだと想像してます。

ブースターなんて名前が紛らわしいけど、
要はノイズレスのスタックPUだと出力ありすぎるから、
それを押さえてビンテージぽい音にできるよってコトかと。


P1050341


アドブリッジは、トーンツマミを引っ張ってONにする。
写真はトーンツマミがアップした状態。
コイツをONにすると、PUセレクターのポジション1(一番上)が
通常「フロント」オンリーのところを「フロント+リア」に、
ポジション2が通常「フロント+センター」のところを
「フロント+センター+リア」で全PUが有効に。
5Wayレバーで7つの組み合わせが選べる仕組み。


面白いので音源録ってみた。ついでに各PU単体の音付き。
違いが分かりやすいようにコンプレッサーペダル使って、
AmpliTubeのメサブギ・マークⅢをクリア設定で鳴らしてます。
AVもといVAブースターはOFFだす。






あいかわらず微妙な演奏で申し訳ない。
なんか違う、ってか全然ダメと思った方、その判断は正しいです。
まぁ、音の違いが分かってもらえれば、それで良いかってことでひとつ。


「フロント+リア」はテレキャスみたいな音ってことなのかな。
テレキャス持ってないので分からんけど、分かる方、教えてくださいませ。

このアドブリッジ、ちょっとアレなのはトーンツマミの操作。
よくある、押すとその反動でアップするプッシュ式でなくて、
ツマミをつまんで引き上げないとダメなタイプ。
だからピック持った手で咄嗟に引き上げる、なんてのがちょっと難しいっす。


そういや昨年、トムアンから“Icon Classic”ってのが出ましたね。
ツマミが3つでジャックが正面に付いてて、ボトムのピンも1つという、
まんまフェンダーストラトなデザイン。

それってトムアン・クラシックの特徴を全部取っ払っちゃってて
意味ないじゃ~んと思うけど、やっぱマーケットのニーズがあるのかな。
自分もフェンダー・カスタムショップ製に大枚払うよりは、
少しお安いトムアンのギターを買うと思うし。
でも“Icon”じゃなくて“The Classic”の方を選びたい。


P1050348



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

無料ブログはココログ