たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

2015年6月26日

KLON KTR


アコギ気分が継続中とは言え、
歪みエフェクター・フェチとしても
定期的にムラムラ・メラメラ来てる。

近頃の指向は、もっぱらオーバードライブ系。
前までODペダルには、あまり興味なかったんですけど。

軽い歪みだと、違いが分かりにくいじゃないですか。
みんな同じ音に聞こえちゃう。なのでムラムラ来なかった。

でも、そんな軽いジャブ系は、単体で使うのではなく
ほかのと組み合わせて使うとやたら元気、本領&個性発揮。
そんな定石・常識に気付いてから考え改めました。
食わず嫌いはイカンです。


その手の、ブースターとして使うとおいしいODペダルで
とっても有名なのがKLON社の「ケンタウロス」。
歪みペダル・フェチとしては、一度は使ってみたい逸品。
でもコレ、中古で1,500ドルとかしちゃうから手が出ない。

で、こっち。


P1050115


KLONが後継機として出した“KTR”。
出たのは数年前だけど、最近やっと手に入りました。

個性的なカタチですな。
インもアウトもジャックはツマミの右に付いてます。
たぶんコレ、スイッチある方を下にして使うモノだと思う。
そうすればジャックも上に来るから使い勝手が良くなるし。

早速コレ使って、ちょっと録ってみた。
プリプリの“Get Crazy”のさわりだけ。

KTRのツマミは全部真ん中らへんで
アンプシミュに繋いでます。
アタマのギターは、AmpliTube の Marshall JCM900、
ソロは、Bias Amp の Marshall JTM45、
それぞれアンプはちょいと歪ませた状態。





いつもと同じじゃん、と言われそ~だけど、
自分的にはコレまで録った音とは、ちょっと違うと思ってる、
ってか、そう思いたい。


コイツのコトをネットで調べたら
日本ではたくさん売ってるじゃん。
そっかぁ、みんな日本に売られて行くから
コッチじゃなかなか買えなかったのかぁと納豆食う。

で、お値段¥57,000とか付いてる店も。
いくら円安とは言え、アメリカの倍近い価格設定。
それで売れるのだったら文句言うスジ合いでもないけど。

ちなみに英語で「ケンタウロス」と言っても通じませぬ。
「センタゥァ~」とか「セントゥ~ア」って感じらしい。

アメリカ製なのだから英語の発音使えばいいと思うのだけど。
ジョンをヨハネ、マイケルをミッシェルって呼ぶようなもんだよね。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2015年6月20日

エレファントカシマシ「今宵の月のように」


コレ、もう15年以上前の曲なんすねぇ。
良い曲だなぁ、と思ってバンドスコア入手したものの、使うことなくはや幾年。
やっと使うことが出来ました良かったよかったヨ。

歌ってくださったのはDAIZAEMONKさんであります。
ボーカルだけでなく、ギターはもちろん、
ベース&ドラム&作詞作曲もこなすマルチなお方です。

そんな恐れ多いお方に、歌だけお願いするのも気が引けましたけれど、
快く引き受けてくださいました。
重ね重ね感謝感謝でありまする。

オケ制作、ミックスダウンは私の担当。
ギターはPRS BS24とヤマハA3Mを使用、
ドラムとベース、Keyは打ち込みです。





DAIZAEMONKさんの声、ステキですよね。
太いけど高い、力強いけど繊細、野暮だけどピュア等々、
相反する雰囲気を兼ね備えた希有なお声。

そんな方に歌って頂けて幸せモノなわたくしでありますた。


music trackでの公開ページはコチラ。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2015年6月14日

YAMAHA A3M その2


ところによりアコギな気分が継続中。
で、A3Mで弾いてみた。

「ソロ・ギターのひととき」江部賢一著 というスコア集から
「風のとおり道」という曲を。

これ、となりのトロロもといトトロの曲だったんだ。
坂本龍一だと思ってた。
戦メリに似てますよねぇ。
アコギバージョンだと、よけいにそう感じるのかも。


ギターのセッティングはこんな感じ。


P1050106


マイクタイプは1の“Neumann U67”
マイク位置は“FOCUS”、BLENDツマミは2時の位置。
EQは、HIGHをちょい高め。
とりあえず、こんな感じが一番好みだった。





ホントは録音後にイコライジングで加工したいトコですけど
そーすっとこのギターのデモ音というコンセプトから
外れそーだから、リバーブ&コンプだけにしといた。


このアレンジ、この本によると難易度Aだす。
ってコトは、一番簡単ってコトっすよねぇ。
ってコトは、これを難しいと感じるわたくしは難易度A以下なんだすな。
そ~ですかそ~でしたかぁやっぱりなぁ~そ~だと思った。

ってコトで、深~く反省自省しつつ引き続き精進いたしまする。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ