たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« LOVE PSYCHEDELICO “Shadow behind” | トップページ | YAMAHA A3M その2 »

2015年5月31日

YAMAHA A3M


最近とっても阿漕な、もとい、アコギな気分なんす。
で、コレ、ヤマハのエレアコ、A3M。


P1050077


A3には、サイド・バックの材がローズの“R”と、
マホガニーの“M”があって、
こいつはマホガニー材のA3M。

買う時、RとMを弾き比べてみたけど、
違いはよく分からんかった。
わたくしの耳はそんなモノであります。
なので、今までローズ材のギターばっかだったから
今度はマホガニー。


P1050091


“SRT”ってのが付いてる。
ピエゾPUの音に、シミュレートしたエフェクト音を
混ぜて出力する仕組み、ってコトかな。


P1050080


オール単板、指板もエボニーで、それなりの値段が付いてるけど、
やっぱMade in China。
今のヤマハはこの値段でも中国製産なんだな。
仕上げにはコストカット感もアリます。


P1050097


ネック裏の仕上げが変わってて
凹凸がちょっと残ってる。
木を感じる手触りに好感が持てるけど、
手が汗ばんでる時は弾きにくいかも。

ネックヒールも継ぎはぎがたくさん。
これもコストカットか。

コレ、アメリカとカナダで同じ価格設定みたい。
でも、アメリカではハードケース付なのに、
カナダではケース無し。
カナダドルの方が安いんだからしょ~がねぇけど、
なんか違和感あるな。


そんなワケで、生音のよしあしは
よ~分からんですけど、
録音したら結構良くて、使える音なので
気に入ってます。

これで録った音は、またいつか。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


« LOVE PSYCHEDELICO “Shadow behind” | トップページ | YAMAHA A3M その2 »

コメント

おはようございます(こんばんは)~

Joeさんには珍しく阿漕な、もといアコギな話題ですね(笑)
今、A3Mをググり、YouTubeで音の確認をしてまいりました。なるほど、この値段でもMade in Chinaなんですね。
生音はカッタウエイらしくフィンガー向きで、ピエゾ通した時もそんな感じに聞こえました。

ほんとだ! ネックヒールは2ピースみたい。せっかくオール単板なのに何かもったいない感じがしますね。
やはり、最後の仕上げの一手間や無駄な端材が多く出る1ピースネックというのはリーズナブルという点では使えないのでしょうね。

4年前に下取りに出した71年製のグレコレスポールモデル(EG420)のボディは5ピース、ネックは3ピースだったのを思い出しましたよ。 成毛 滋さんモデルのボルトオンネック仕様でした(^^;)

あ、そうそう今、課題曲のソロで使う音の調整をしていたのですが、たしかJoeさん(だったと思う)が以前のコメントでDSをブースター代わりに使いODをアンプ側に繋ぐと仰っていましたが、ちょうど良いツマミ位置を発見出来ましたので、写メっておきましたよ(笑) もっと音が潰れると思っていたのですが・・収穫です。ありがとうございました。

音源UP期待をしております。   では~ ぽち!

KageGさん、こんばんは(おはようございます)~

いつもコメント&ポチをありがとうございます。
何だか最近はアコギばかり弾いております(^_^;)。
エレキばかり弾いてて久しぶりにアコギ弾くと、左手が辛いのですが、
逆にアコギばかり弾いててエレキに持ち替えても、なんか楽ですよね。
アコギ弾いてると、エレキの演奏が力強くなりそうです(笑)。

コレ、ネックヒールは3ピースっぽいです。で、ヘッド部分は2ピース。
トップ材のシダーも、あまり質が良くない感じ。
時代はコストカットなんですねぇ(-_-;)
でも、そこは日本のヤマハ。ちゃんと使えるギターに仕上がってます。

DS+ODで良い音、見つかりましたか! それは良かった。
うまい感じに調整できると、パワフルだけどつぶれてない心地良い音になりますよね。

私感ですが・・・エレキよりもアコギのほうが「安物のくせに良い音がする」個体が多いような気がします。
先日、職場の同僚の息子さんがギターを処分すると言うので「捨てるならちょうだい」と黒いアコギをいただきました。YMAHAのやつで、弦高低めで弾きやすいし音も良かったです。もらって正解でした^^v
しかし、コストカットや良い材の入手が困難になったから?継ぎ接ぎネック・ボディーのギターが増えましたよね。EpiphoneのWILDKATも表面・裏面は化粧単板で綺麗ですが、中心のボディー材は一体何本の材を張り合わせたんや?というくらいの継ぎ接ぎでしたわ(ーー;

阿漕な…(笑)アコギ気分ってありますよね。
周期的に襲ってきます。

YAMAHAですか…なんかJoeさんらしくない感じですね。
Sayoさんの影響でしょうか…(笑)
ネックのピースは、強化と言う狙いもある様です。
コストと強化、一石二鳥を狙ったのだと思いますよ?
エボニー指板とは、羨ましい。
ケースの件、レートの違いでも気分良くないですね。
いつか録音する音、お待ちしております。

マジェさん、コメントをありがとうございます。

アコギの方が個体差が大きいだろうから、安価なヤツでも良い音がするのがあるのかも。
あと、アコギは保管方法による差も、大きそうですね。
ヤマハは良いです。高温多湿な日本での使用を前提に作っているのか、アコギでも丈夫なイメージがあります。
安価なモデルでも信用できそうです。

ギターメーカーもコストカット・効率化の大きな波に飲み込まれてますよねぇ。
これは中国産、アイバニーズなんかインドネシア産ですもんねぇ。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

そうそう、私もアコギ気分が周期的にやって来ます(笑)。

実はわたくし、YAHAMAの大ファンです。ファン歴35年です(笑)。
初めて買ったエレキがヤマハ製で、それ以降、ヤマハを何本買ったことか・・・。
他にヤマハのアコギを1本持っているのですが、それが弾きやすくて気に入ってるので、
同じようなエレアコが欲しかったんですよね。

アコギの事は全くわかりませんが、
ハードケースって大事ですよね。
僕のストラトは結構お値打ちなお値段だったせいか、
社外品のボッロボロのケースでした。
買った時は、
ま、まぁこのケースで外に持ち出す事は無いし…
と一応納得したのですが、
その後ケースからストラトを取り出す度にちょっとテンションが下がるっていう…(⌒-⌒; )
最近ストラト弾いてないんでいいですけど、
いつかは純正のツイードのハードケースだけ買おうかな?
なんて思っています。

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

そうそうケースは大切ですよね。
私もハードケース派なのですが、このギター用には安いギグバッグ(ソフトケース)を買いました。
でも、バッグタイプだと出し入れが面倒なので、ずっと出しっ放し状態です。
ギター保管方法としてはNGですよね(^_^;)

フェンダーのツイードケースって、見た目はカッコ良いですけど、サイズは大きめだし、やたらと重いです。
機能性重視なら樹脂製の方がいいかと(笑)。

エレアコ、ご購入おめでとうございます!
カッタウェイモデルはJoeさんならではの気がします。
テイラーもお持ちのはずですが、ヤマハもいっちゃったのですね?
違いはネックの握りでしょうか?

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

あ、いや別にカッタウェイじゃなくても良かったんですけど、
ドレッドノートでマホガニーってのは決めていて、
そうなるとコレしかなかったんです。(^_^;)

ヤマハの指板幅はテイラーより、ちょい細めで弾きやすいです。
テイラーも良いんですけど、ラインで録った音が、何かイマイチなんですよね。

これが噂のエレアコですね( ^ω^ )ニコニコ
特に日本でのことかもしれませんが、アーティストの方でもYAMAHAのギター使われてる方多いですよね。
この新しいギターでの弾き語り、楽しみにしてます♪

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

ヤマハ、良いですよね。
アメリカ・カナダだと安い量販品のイメージがあって、ちゃんとしたヤツが手に入りにくいのが難点です。

コレで弾き語りですか?w(゚o゚)w
分かりました。では昭和フォークなんぞを歌いますか。
でも歌声は自主規制でミュートして、ギター音のみお届けします(笑)。

Joeさんの影響で最近ラブサイケデリコを流しながら料理しています(^^)/
あー、エレアコですか♪
マホガニーって高級な材質のイメージです。
良い音しそうですねぇ
弾かれるのは、もちろん ラブサイケデリコ?

でもって私的なことながら、ブログにいただいたコメント、ありがとうございました。ハッと気づき、矯正中です♪

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

デリコで料理ですか(゚▽゚*) それはサイケな料理になりそう(笑)。
私がアコギ弾くときは、デリコみたいなストロークジャカジャカ系じゃなくて、
どっちかって言うと、フィンガーピッキングのポロロ~ン系なんです(笑)。

そうそう、エレキだとマホガニーは高級な素材って感じですよね。でもアコギだと安いイメージがあります。
このM3も、ローズウッドボディ・モデルの方が値段は高いんです。

細かい突っ込みコメントを書いてスミマセンでしたm(_ _)m
特にカッティングは、ちょっとしたニュアンスの違いでノリが変わってしまうので、気になっちゃったんです(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/60197223

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA A3M:

« LOVE PSYCHEDELICO “Shadow behind” | トップページ | YAMAHA A3M その2 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ