たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« サンタナ「哀愁のヨーロッパ」 | トップページ | ペンダント・トップとか »

2015年4月18日

THE YELLOW MONKEY / バラ色の日々


イエロー・モンキーも好きです。
斜に構えた感じのメッセージソングが多くて
とってもカッコええっす。


0418_2


この歌も、タイトルは明るいけど、
バラ色の日々を手に入れられない哀しい男の歌。
わたくしが思うイエモンらしさにあふれた曲であります。

この哀愁に満ちた曲を歌ってもらうのは、
BADGEさんしかいない、と思いお願いしたところ、
ご快諾頂き、めでたくお披露目となりました。


ギターはShurのPro S3 + AmpliTube、
ソロはエレハモのNano Big Muff Piで歪ませてます。
ギター以外のパートはPCの打ち込みです。





ステキですよね、BADGEさんの歌声。
哀愁に満ちた色気が漂ってます。
求めてたイメージ通りに、いやそれ以上の歌を
聴かせてくださったBADGEさんに
感謝感激雨アラレレレ。


music track での公開ページはコチラ

バラ色の日々




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

« サンタナ「哀愁のヨーロッパ」 | トップページ | ペンダント・トップとか »

コメント

すっごいですね〜!!!これぞ、って感じの出来上がり!!!
Joeさんのギターがノリノリでお上手なのはいつものことですが、BADGEさんの声も素敵です☆ こう感情が入って初めてボーカルと言える気がします。
とにかくカッコ良いです!!!お疲れ様でした♬

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよ。BADGEさんの心がこもった感じの歌声がステキなんです。
この曲でこの声で歌って頂ければ、もうそれだけで大正解の大成功でした(笑)。

自作のオケで歌ってもらえるのって、とっても楽しいです(゚▽゚*)
Sayoさんにも、ぜひお願いしたいです(笑)。

MT生活満喫されてますね~。
自分にできない事を他の人がやってくれる!
なので、曲として完成するんですよね~。
そして素晴らしい完成度!素晴らしいです。

ところで私は現在出張中でして、鍵盤のない生活・・・
5月中旬まで出張なのでコラボの件、お待ち願います~。

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

確かに、自分にはできないコトをやってもらえるって嬉しいし、スゴいことですよね。
それでMTにハマった気がします(^_^;)
これもお師匠様のおかげでありますm(_ _)m

コラボの件は、私も今はバタバタしてるのでお気遣いなく。

THE YELLOW MONKEYは、あまり聴きませんが、演奏も打ち込みも素晴らしいと思います。私の場合、特にドラムの打ち込みに時間がかかってしまいます。コツがあれば今後のブログなどでご紹介いただけると幸いです。

ぶりさん、コメントをありがとうございます。

イエモン、良いですよね。活動停止の時はショックでした。

そ~なんですよ、打ち込みって、とっても面倒くさい。
だからホントはあまりやりたくないです。
それでも、昔はもっと面倒だったので、当時に比べればラクだと思い、なんとかやってます(笑)。
あと、ドラムは基本パターンの繰り返しが多いので、ひたすらコピー&ペーストです(笑)。

やった!
いいですね、イエモン!
実際にライブを見に行くことは叶いませんでしたが、
テレビでやっていたこのラストアルバムの時のツアーは最高でした。
ちょっと日本のバンドとは思えないカッコ良さでしたね。
イエモンは僕もいつか1曲やりたいなと思ってますけど、
最近1曲コピーするのにすごく時間がかかってるので、
なかなか予定がたたないっす(-_-;)

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

はい、やりました! 待望のイエモンです!(笑)
そうそう、イエモンって見た目もカッコ良かったし、曲もスタンスも、他の日本のバンドとは違ってましたよね。
長く続けてほしかったです。

私も最近は曲を覚えるのにやたらと時間がかかるようになりました・・・(/_;)

イエモンがはやっていたころは、何か私は違ったことに夢中だったようで、この曲、知りませんでした。
なので、今回、この動画がオリジナルだと思ってしまいそうです(*´з`)
ギターも、ボーカルもバッチリですねshine

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

そうそう、同世代の方は、なぜかイエモンが流行ってた頃は音楽を聴いてなかったという人が多いです。
一時期音楽を離れて、また戻ってきた、って感じの方が多いからでしょうか。
かく言う私も、イエモン聞いてた頃は聞くの専門でギターは弾いてなかったです(^_^;)

打ち込みにハマってますね。
イエモンは、一曲しか知らんのですが…
本家聞いてきました。
Joeサウンドですね、本家より上品です。
再チャレンジしたくなりました。
MIDIデータをコンバートできたらですけど。(笑)

rimixさん、コメントをありがとうございます。

打ち込みにハマったと言うか、自分が作ったオケにボーカルを入れてもらうコトにハマったって感じです。
歌入りだとバンドやってる気分になれて、やっぱ違いますよね(^_^;)

本家の音圧Maxな感じを真似ようと思ったのですが、ちょっと迫力不足でした。
どうすればあんなド迫力の音圧になるんでしょうかねぇ。

こんにちは~ お久しぶりです~

打ち込み、08GPバシバシですね。
私はイエローモンキーの時代ではなかったですが、この曲どこかで聞いたことがあります。たった今YouTubeでライブの動画を観てきましたが、観客皆で手を挙げたり、体揺らしたり、相の手を入れたりするのはちょっと苦手ですね(^^;)
我々の頃のライブでは、外タレライブも含め観客は自由なリズムの摂り方でした。岡林信康さんなんかはステージから観客席に飛び込んで、殴り合いの喧嘩をするし、泉谷しげるさんなんかは放送禁止用語の連発だし、吉田拓郎さんなんかは渋谷ジャンジャンで2m先で演奏してるし・・
あ~懐かしい。お~っと、話しが関係ない方に行っちまいました(^^;)

Suhrはリアハムですか? クリーントーンが綺麗ですね。また歪ませた時のキレが良いですね。もちろんJoeさんの腕前の上にそれらは成り立っています(^^) 
私は今PRSの時代です(笑) Joeさんが言ったAルートのデッドポイントというのが私のPRSにはありません。どのポジションもストレートに音がよく伸び、倍音キラキラです。たぶん当たりだったのでしょうね。

27日(日)にスタジオで仲間たちと音合わせをしてきました。ドラムとベースは仲間の一人が音を作りCDに落とし、あとはBo、Gt、Key、T・サックスでした。ホント、ボーカルが入るとバンドが締まりますよね。
久しぶりだったんで、ちと長くなってしまいました。
                       では~

KageGさん、コメントをありがとうございます。

岡林信康、泉谷しげる、吉田拓郎・・・ 私にはちょっと分からない方々です。
やっぱりKageGさん、人生の先輩って感じですね(笑)。

ギターのソロパートはリアハム使ってます。
音はビッグマフのNanoで歪ませたんですけど、ファズっぽいので、どんなギターで使っても同じような音になります(笑)。

KageGさん、バンド活動本格化してますね。うらやましいです(^_^;)
サックス入りでボーカル入りって、大人のロック系でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/59686725

この記事へのトラックバック一覧です: THE YELLOW MONKEY / バラ色の日々:

« サンタナ「哀愁のヨーロッパ」 | トップページ | ペンダント・トップとか »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ