たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« ハイレゾとか | トップページ | 斉藤和義「カーラジオ」 »

2015年1月18日

オーディオ・インターフェイスとか


数年前にエレキを再開した時、
まず手に入れたのがBOSSのマルチ、ME25と
ローランドのUA-25EXだった。

011704_2

ME25は、すぐに使わなくなったけど
UA-25EXはその後、ずっと使ってた。
コイツとWindows7とSONARの組み合わせは
とっても安定してて良かったんです。

でもパソコンをWindows8に変えた時、
案の定、UA-25EXがおかしくなった。
USB1.0で古いモデルだし、やっぱダメなのかなと思い、
買い換えることに。


変い換え候補には、またローランド製品を考えたのだけど
ローランドには、なぜかヘッドフォンの音量調整が付いてない。
ヘッドフォンだけの音量調整可能なモデルが欲しかったんです。

で、こっちでポピュラーな“Focusrite”を選んでみた。
コイツ。イギリスのメーカーです。

011702
色がキャンディ・アップル・レッドなのが好き。

でもでも使い勝手がイマイチなんだよねぇ。
コントロールソフトを立ち上げて、色々できるのだけど、
そのソフト使わないと何もできない訳。
思ったよりもデカかったし。

決定的だったのは、ギターつなぐとノイズが出ること。
UA-25EXでは皆無だったノイズが、コイツだと聞こえてくる。
たぶん、実用上問題のないレベルだと思うのだけど。


結局、返品して他社のと交換してもらうことに。
やっぱローランドが良いかな、とも思ったのだけど、
なんと目当てのモデルが品切れ。
それで選んだのが“Native Instruments”の
“KOMPLETE AUDIO 6”というモデル。


011701

こいつはデザインもカッコ良いし使い勝手も良かったっす。

しばらく使っていたのだけど、やっぱ不具合が。
パソコン立ち上げ時に認識されない、とか、
使ってるうちにメディア系ソフトがフリーズする、とか、
SONARで録音・再生ボタンを押すとブザー音が鳴る、とか
そんな現象が起こるんです。

それでもUSBケーブル入れ直すと、解決するので
だましだまし使ってた。


時は流れて昨年末、トロントの楽器屋のサイト見てたら
なんか“Steinberg”のUR44が安くなってる!
ホリデーセールってヤツ。

011703
UR44は、買い換え時に候補に挙げたのだけど、
デカそうだしヤマハだし、スルーした。
でも実物見たら思ったほどでデカくはなかったし、
早くしないと安く買えないし、
やっぱヤマハなら信用できるかもと考え直して、
イってみた。


コイツの良いとこは、ヘッドフォン端子が2つあること。
もちろんそれぞれの音量調整が可能。
なので、新しいモニタースピーカーをメインアウトに、
ちっこいPC用スピーカーはヘッドフォン端子につないで、
ヘッドフォンはもう1個の端子につないで使ってる。
こうすればスピーカー2つとヘッドフォンの使い分けが簡単。
音質の聞き比べがと~ってもラク。

動作も今のところ、安定してます。
KOMPLETE AUDIO 6で起こった怪現象は皆無。
めでたしめでたし。

(写真は一部ネットから借用しました)

P1040986





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« ハイレゾとか | トップページ | 斉藤和義「カーラジオ」 »

コメント

おはようございます(こんばんは)~

音の研究おもしろそうですねぇ。
『Focusrite』の不具合があって『Komplete Audio 6』と交換するのはわかるのですが、その『Komplete Audio 6』も不具合があるようで・・
そんな場合でもカナダでは返品が可能なんでしょうか。

そうなんですか。PCソフトのバージョンが違うだけでノイズが出たりするんですね。ヤマハの『UR44』とかローランドとか日本製品はやはり安心してもよさげですね。

私もオーディオ関係、宅録関係の知識を学びたいですね。録音をしたというのは、学生時代にやったマイクからの直撮りだけです(^^;)
でも機材を揃えるのは金がかかりそうですなぁ。

私みたいな知識がほとんどない人間が宅録に挑戦してみたいと思った場合、予算をどれくらい考えていれば良いんでしょうか。
Joeさんの経験値をザクッと教えてください。

まあ条件はオールジャパンの機材ということと、ひっそりと宅録を楽しむGさんということで(笑) 

                      では~

インターフェイスで、苦労されてたんですね。
KOMPLETE AUDIO 6 これ好みです。
光があるとカッコイイと言うか…(笑)
私はセットもののローランドですが、いつか寿命が来るんですかね~
壊れそうな感じがしないのですが。
YAMAHAは、長く使えそうですね。

KageGさん、こんばんは(こんにちは)~

コメントをありがとうございます。
Audio6はドライバーの問題だと思います。私のパソコンとは相性が悪かった、ということでしょうね。
他のPCで使えば、たぶん問題ないのだと。
Audio6は返品せずにそのまましばらく使ってました。それで昨年末にUR44に換えた次第です。
(カナダでも、ちゃんと箱とかあれば返品は可能だと思います)

KageGさんも、宅録、ぜひ始めてください! 私で良ければ協力しますので(^_^)
パソコンはどんなモノをお使いでしょうか? DTMソフトは細かいので、ノートPCだとちょっと辛いです。

PCが問題なければ、オーディオ・インターフェイスを買うだけで準備完了です。
日本のメーカーなら、UR44のスタインバーグ、あとはローランド、ギブソン傘下のTASCAMあたりが良いんじゃないでしょうか。
どのメーカーも1.5万円位から製品が揃ってます。

DTMソフトは、大抵のオーディオIFに無料版が付いてるので、それを使えばOK。
スタインバーグ製品にはCUBASEの簡易版、TASCAM製品にはSONARの簡易版が付いてます。
無料版ですが、基本機能は製品版と同じなので、最初はそれで十分です。

問題はDTMソフトが使えるか、ってことですかね。初めてだと、ちょっとハードル高いです。
ガイド本はたくさんあるのですが、専門用語ばかりで難しいし、私も最初は苦労しました。
でも基本を覚えてしまえば大丈夫。近くに詳しい人がいれば良いのですが・・・

rimixさん、コメントをありがとうございます。

はい、オーディオ・インターフェイスにはちょっとやられました(笑)。
最初からUR44買っとけば良かったんですよね(^_^;)

オーディオIFがハード面で故障、ってのは少ないと思います。
このUR44とか、前に使ってたUA25EXとか、確かに壊れそうな感じがしません(笑)。
問題はドライバー、パソコンでちゃんと動くかどうか。
もし不具合が出ても、原因を特定するのは難しいですし。

なので機械的な寿命は問題なくても、パソコン次第。
パソコンを新しくしたら、オーディオIFも寿命ってコトかもしれません。

オーディオ・インターフェースですか・・・PCやソフトとかの相性って結構あるみたいですね^^;
ま~俺の場合、今のところZOOMのG3Xだけで十分みたいですけど( ゚д゚)

マジェさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよね、きっと“KOMPLETE AUDIO 6”は、Windows8.1との相性がイマイチだったのだと思います。

マジェさんも、PCに音を送り出す機材をせっかく手に入れたのだから、とりあえず宅録始めましょうよ(笑)。

オー、苦手分野の話でコメント考えてました。。。。ME25も単体でオーディオインターフェースになるんですよね。
 僕が宅録に入りにくいところは、ソフトの不安定性です。家のパソコンメモリも8Gで2012年製なので古くはないはずなんですが、ソフトがフリーズして勝手におちるんですよ。ウインドウズです。音質は動画撮影してると、一緒に流してる音がより聞きにくいので、PC録音もやってみたいのですが。ただ、動画のほうがキャビネットの音圧は出るのでこれはこれで捨てがたいと思ってます。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。
コメントしづらい内容でスミマセン(^_^;)

宅録ソフトは何をお使いでしょうか? 不具合があっても原因究明が難しいから辛いですよね。
でも、ちゃんと安定してるのもあるので、試す価値はあると思います。

確かに、キャビネットの音圧って、ライン録りで再現するのは難しいです。
アンプシミュ・ソフトの良し悪しは、その再現性で決まるような気がします。
そこが気になるなら、ウッソさん、ぜひアンプの前にマイク立てて録ることにチャレンジしてください!(笑)

オーディオインターフェイスをいろいろ試されておられるのですねー
私は、そもそも電気的なこと、すごく苦手なので、
最初に買ったME-25一筋でございますよ(^_^;)
いろいろ試せるJoeさん、すごいです

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

いやいや、試めしたくてやった訳じゃなく、そうせざるを得なかったってコトでして・・・(^_^;)
まあ、やっぱ日本のブランドが一番だというコトが分かったのは収穫でしたけど(笑)。

MIKIさんは、電気的なコトが苦手なのですか?
確かブログのタイトルは「MIKIはいつもパソコンとエレキギター」、パソコンもエレキもモロに電気的なんですけど・・・(笑)

オーデイオインターフェイスも最近は色々ありますよね~。
私の場合はMTR目的で買ったZOOM R16がオーデイオインターフェイス機能もあり、それでやってます。
打ち込みなんかを使う場合はパソコンとMIDIケーブルとオーデイオインターフェイス(打ち込みはパソコンでやらざるを得ないので)
パッと一発演奏録音はMTRと両方出来るので重宝しています。

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

ZOOMのMTRにはオーディオIF機能が付いてるのですか。それは便利ですね。
ZOOMからはMAC用の新しいオーディオIFも出てますね。気になるブランドです。

私はPC用のスピーカーを接続するので、専用のオーディオIFじゃないと使えないんです(笑)。

オーディオインターフェイスってひとつ持ってるのですが、いまいち使い方がわからなくて、っていうか宅録のソフト(私の場合はガラージバンド)を使いこなさないことにはってなって結局持ってる機械になかなか手が届かないという悪循環に陥ってる私にはさくさくっとこうも色々な物を使われてるJoeさんの脳みそに憧れます。

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

Sayoさん、オーディオインターフェイスをお持ちなのですか!
それは使わないともったいないですよ。・・・たしかZOOMのG5もインターフェイス機能付きだったような(笑)。
USBで繋げばすぐに使えるので一度お試しを。

ヌーヨークは雪がスゴいようですが、大丈夫ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/58617261

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ・インターフェイスとか:

« ハイレゾとか | トップページ | 斉藤和義「カーラジオ」 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ