たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日

The Wall of Legendary Guitarists


そんなワケでLPの額装完了。
早速、飾ってみる。


P1040823


これだけ枚数があると、壁にきちんと揃えて掛けるのが
意外と難しい。


P1040836


そんなワケで“The Wall of Legendary Guitarists Ver.1”
伝説のギタリストの壁 第1期完成。


P1040844


残りスペース&バランス考えると、あと5枚いけるな。
まずはGムーアとSRVあたりを追加したい。


P1040847


毎日、壁に手を合わせてたら、少しはギターうまくなるかも。
もう神だのみノミ。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2014年10月23日

やっぱ日本車でしょ


クルマは生活必需品。
あの冬の寒さではクルマの有無って死活問題。

また昨シーズンみたいな降雪量だとイヤだから
買うなら4駆のSUVが良いと思う。
ウチの近所はセダンよりSUVタイプの比率が
かなり高いです。


P1040796_2


自分の社会的スペックを鑑みるに、
例えば渋めのレンジローバーとか、
スポーチーなポルシェ・カイエンとか、
その辺がマッチすると思うのだが、
運転歴に数年のブランクがあるワケで、
いきなりデカくてパワーのあるヤツに乗ったら
きっと持て余すだろうと思い直し、
ここは、無駄な誇大妄想はいい加減にして
現実の社会的スペック&予算に合わせ
コンパクトな日本車を選ぶコトとした。

やっぱ日本のオヤジは日本車に乗らねばならんです。


P1040802


まず候補に挙がったのが、いつかブログにも書いた
“Winter Warrior”こと日産“Rogue”。
日本名はエクストレイル。

でもコレ、結構デカい。
たぶんこれが標準なんだろうけど
日本の5ナンバーに慣れ親しんだ身には
もうフルサイズのSUV。デカすぎ。

で、コンパクトさで選ぶと、やっぱスバル。
カナダでも日本車はトヨタ、日産、ホンダが3強だけど
トロントではトヨタに次いでスバルが多いような気がする。
やっぱ4駆の技術に秀でているプレミア感が人気みたい。
主観ですけど。


スバルのディーラー行ったら、新型アウトバックが出てて、
その質感に目が眩んだけど、サイズ&予算的にデカすぎ。
2015年モデルに切り替わったばかりのフォレスターも
納期2~3ヶ月と悪条件。
まだ2014年モデルが残ってたXVクロストレックなら
納期2週間で値引きもドッカ~ン。

ってことでクロストレックに決定。
サイズも価格も一番コンパクトだし。


P1040789


このクルマ、中身はインプレッサです。
インプレッサを4駆にして見た目を飾ったモデルなので
重くなった分、アンダーパワーな感じは否めない。

でも思ったよりも静かだし、大きめのシートも心地良いし
結構気に入ってます。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2014年10月18日

PARACHUTE - HERCULES


衝動買いして後から苦労してる“PRS Brushstroke 24”。
でも気に入ってるから結果オーライ。

演奏動画録ってみた。
松原さん今さん在籍のスーパーバンド“PARACHUTE”の
“HERCULES”という曲。


1017_2


パラシュートって解散してないみたいですね。
新譜は出ないけど数年おきのライブは続けてる模様。

“HERCULES”はヘラクレスなのかハーキュリーズなのか
読み方が分からんけどパラシュートの定番曲。
1980年発表らしい。そんなに古いんかい。

オリジナルをバックに弾いてます。
ギターの音はBOSSのGT-001で。AmpliTubeは使ってまへん。





途中のカッティングもどきは、両PUをシングルにタップして
PUセレクターはセンターで弾いてます。
気分はストラトってことで。


ギターはいいけど腕は大したコトね~な、
と思ったアナタ、アナタのご判断は正しいです。
私もまったく同じ意見。

なんか違うってーのは分かるんだけど、
どうすりゃいいのかよく分からん。
ま、地道に行くです。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2014年10月12日

08GP - KISS / Detroit rock city


08GP - オヤジギタープロジェクト
この度コラボをお願いしたのは、
「08GP 伯爵」こと、みにみにさんであります。

みにみにさんのブログはこちら
「早くエディーになりたい...」

伯爵殿は、エディー・ヴァンヘイレンになりたいとの
願望をお持ちでありながら、'70~'80sのロック全般や
ジミヘンなどの渋いブルース系まで、
幅広い趣味をお持ちのお方です。

そんな伯爵殿、みにみにさんとのコラボ曲は
KISSの名曲「デトロイト・ロック・シティ」。
KISSは、我々世代ロック少年の共通体験なんです。

Destroyer_01


オケは“Guitar Backing Track.com”のモノ。
音源ミックスと動画編集の担当は私。
私のギター音はAmpliTubeで作りました。
もちろんマーシャル・アンプのシミュです。





伯爵殿のピンと背筋が伸びた凜々しいお姿がステキです。
それに比べて私の姿勢は何か曲がってます。要矯正。


やっぱコラボは楽しいです!
そしてKISSも楽しい!
楽しさを再認識できたのも伯爵殿のおかげ。
みにみにさんには感謝感謝であります!




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2014年10月 4日

PRS Brushstroke 24 その2


08282


そんなワケで手に入れた“Brushstroke 24”
ブラシストロークとは指板インレイのこと。
他のモデルと違うタイプ、Paul's Guitarと同じ
鳥さんインレイが入ってる。


P1040755


でもPaul's Guitarとは細かいとこが違ってて、
Paul'sは22Fだけどこっちは24F。
ネックシェイプはあっちが“Pattern”で、
こっちは“Pattern Regular”。
こっちの方がちょい細め。

トップのメイプル材はPaul'sが"Dirty Artist Grade”、
こっちは“10 Top”だから、Paul'sの方がグレードが上。

指板はPaul'sがホンジュラスorブラジリアン・ローズウッド、
こっちはタダのローズウッド。(インディアン?)

あと、ヘッドのポールさんサイン・ロゴが違う。
Brushstroke 24(以下BS24)は一般モデルのロゴ。
PRSのギターは最近ヘッドのデザインが変わって、
全モデル、ローズを貼ったデザインになったようです。


P1040750


値段は、ハカランダ仕様のPaul'sよりちょい高めだけど、
トレモロ付Paul'sよりは安い。

音の方の違いは、やっぱトレモロ有無の違いが出てます。
生で弾くと、Paul'sの方が音がデカくて、低音が効いてる感じ。
BS24は高音寄りな気がする。
でもアンプに繋いで歪ませると、私の耳には違いが分かりませぬ。

感心したのはBS24、サスティーンの伸びが、Paul'sに負けてない。
そう言や、サンタナ老師もトレモロ付ギターで
ロングサスティーン効かせてるもんね。
あれはフィードバックって話もあるが。
いずれにせよ恐るべしPRSのトレモロであります。


このギター、カスタムカラーなので色名の表記は特に無し。
だからなんて色なのか分からんけど、
ブラッドオレンジとレッドタイガーの中間みたいな色。
PRSの「ブラッドオレンジ・サンバースト」に近いと思われる。


P1040759_2


買う時、前にカスタム24でデッドスポットが気になったんで、
チェックさせてもらいました。
デッドスポットは許容範囲だったのだけど、一箇所変なトコが。
確か2弦10F辺り、サスティーンがハーモニックスみたいな音になる。
カスタム24の時も同じような鳴り方するフレットがあった。

店員さんに言ったら、まだ入荷したばかりで調整してないからねぇ、
なんて言ってネックをチェック。
リペアルームでトラスロッド調整してすぐ直してくれました。
簡単に直るんだねぇ~!
この店は信用できます“The Guitar Shop”です。

そのリペアマンいわく、
「デッドスポットはどんな弦楽器にも存在する。
このギターは叩くとAの音。だからAの音は伸びないんだ」
とのこと。
叩いた音の音階とか、初めて聞いた理論だけど、
確かにAの音は伸びが悪いですこのギター。
支障のない範囲ですけど。


店員さんが
「限定200本のうち185本が米国内向け、残りが他国向けで、
カナダにはウチの店の2本しか入ってこない」と、
自慢げに話してましたけど、きっとアメリカから通販で買う人も
いるだろうから、実際はカナダにももっと入ってくると思わます。
いずれにしても、すでにメーカーでは売り切れらしい。

でもPRSの限定って当てにはならんよねぇ。
前に買ったP24も、結局トレモロ付で定番化したし、
こいつも、そのうち“Paul's Guitar 24”なんて名前で
定番化しそうな予感。
その資格は十分の備えた良いギターだとは思いますけど。


P1040763




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2014年10月 1日

PRS Brushstroke 24


やべっ、更新サボってたらもう10月じゃん。
何ゴトもなかったかのようにこっそり更新するです。


最近、使用頻度が高いギターは
PRSのPaul’s GuitarとSuhrのS3。

11044_2

11043_2

やっぱシングルに切り替え可能なハムPU2ヶ搭載が、
自分が弾けるジャンルのニーズに合ってると思う。

アーム使うの苦手だし弦交換が面倒なロック式はアレでも、
思いっきりチョーキングした時ブリッジが持ち上がる
グニャって感じが好きだから普通のトレモロ付きが好き。
だからこの2本をよく弾いてる。

ってコトはPaul’s Guitarでトレモロ付きが良いんじゃね?
ってコトなんだけど、Paul’sのトレモロ付きは値段が高い。
ってコトで諦めてたらなんか似てるのが出た。
ってコトはコレ、オレの求める理想のスペックしかも24F。


コレだす。Brushstroke 24。
限定200本だそ~だす。

Prs_brushstroke
(写真はネットから拝借)


気になって、例の店“The Guitar Shop”に聞いてみた。
以下、メールやりとりの意訳

私  「アンタんトコには入ってこんの?」
店員 「今週2本入ってくるで~ カスタムカラーやで~」
私  「どんなん?」
店員 「コレや(写真付き)」
私  「赤いの気になるわ~ ホールド頼んます」
店員 「ええで~」

で、店に行って実物見たらもう欲しくなってアウト。
気が付けば自宅でブログ用の写真を撮ってる私でした。
予算調達の四苦八苦はもう忘れたい。


08282_2


長くなったんで続きは後日。
次はマジメに書く予定。たぶん。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

無料ブログはココログ