たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« GT-001のアコギ・シミュ | トップページ | PRS Brushstroke 24 »

2014年9月13日

The Guitar Shop


カナダ・トロントのギター屋、その2。
その名も“The Guitar Shop”


Img_1853

道路沿いのこぢんまりした店構え。
危うく通り過ぎるとこだった。
前に紹介した“COSMO MUSIC”と違って、
ギター関連品のみのお店。

Img_1856


この店、メインはPRSのギター。
ギターの総数はCOSMO MUSICの方がはるかに多いけど
PRSの本数は、こっちの方が上。
カナダのNo.1 PRSディーラーなんだとか。

Img_1866


他の店では、奥に飾ってあるような
お高いPRSのギターが普通に飾ってあります。

Img_1857


Img_1860


他のメーカーのギターは、隅っこの方にちょこっとだけ。

Img_1859


奥行きが広い店造りで、奥はアコギのコーナー。
アコギはマーチンとタイラーが多かったです。

Img_1868


左奥はアンプのコーナー。
PRSはもちろん、メサブギも多かった。

Img_1863

Img_1864

右上の白いヘビ革アンプはサンタナ・モデル。
ほ、ホ、ほっ、欲しい。



日本からのオーダーもOKとのことなので、
PRSご所望の際は、要チェックです。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« GT-001のアコギ・シミュ | トップページ | PRS Brushstroke 24 »

コメント

壮観ですね~
これだけ飾られてると廉価版?なんて思うのは私だけか…
色とりどりのカラーがぶら下がっちゃって…
サスガ国一のディーラーをうたってる事はありますね。
地震で隣のギターと干渉しちゃう様な不安を感じるのは日本人だからかな?
名前もいいですね、ストレートで。
前回のトロントのショップといい、スケールが違いますね。

日本と違って広々とした店内でいいなぁ。
あれもこれもというのでなく、売りの商品を絞っているのも良いです。
興味の対象外のギターがいくらあってもしょうがないですから、こういうはっきりとした商品揃えの店のほうがいいですね。

いつも言い訳ばかりで申し訳ないですが、いまだ公私ともにイベント続きでなかなかプロジェクトに手が付きません。すみません。

それから中古屋さんで「Fender Bluse Jr」の中古を見つけました。日曜日に見に行ってまだあったら、手に入れる予定です。自分にはちょうど良い感じかな。

Joeさん、ご無沙汰しております。
いつも楽しく拝見させていただいております。

さてさてカナダのギターショップ事情。
是非一度異国の楽器店を覗いてみたいです。

紹介されていたギターショップはPRSが主流でアンプはブギとなると、真っ先にサンタナを思い浮かべますよね。
僕もブギを15年間愛用していますが、ブギの歪みは何とも魅力的です。
クリーントーンも結構なものなんですよ。

先月末に野外ライブを観に行き、高中正義も出演しており、ブギをまた使い出したようでした。
その昔はMARKⅡを愛用しており、ちょっと前までENGLを使用していましたが・・・・。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

たぶん、最後から2枚目の写真、メサブギアンプの上に並んでるのは廉価版、PRS SEだと思われます。
でもSEはちょっとだけで、他はアメリカ製PRSばかりでした。

そう言われれば、この店もギターは吊すディスプレイでしたね。
やっぱ吊すのがギターには一番良いんですかね。こちらは地震の心配もないですし。

名前はストレートすぎですよね(笑)。普通すぎると言うか・・・。
店内も特に凝った所もなく、普通の感じでした。
まあ、そこがカナダっぽくて好感持てましたけど(笑)。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

展示数が少ないせいか、広々しているようにも見えますけど、そんなにデカい店ではなかったです。
確かに商品は絞ってる感じでしたね。フェンダー・ギブソンは中古メインみたいだし。
カナダってアメリカからの通販を利用する人も多いから、量販店に対抗するには独自性が必要なのかも知れません。

Bluse Jr、良いですね~。テイルピースさんのイメージにピッタリかも(笑)。
コンパクトなチューブアンプって魅力ですよね。フェンダーのチューブアンプなら私も欲しいです。

プロジェクトの方は、いつでも結構ですので、リアル生活の方を優先してください(笑)。

The Guitar Shop 行かれたんですね! こんな店内だったんですか。
通販メインかなと思ったら、しっかり陳列されているんですね。

私もこのお店で2回ギターを買ったのでリピーターです^^
梱包もしっかりしているのでヴィンテージアコギでも安心です。
掘り出し物も出るのでチェックチェックですね。
過去に大きな獲物を一本逃したのが悔やまれます。

Joeさんアンプも物色されてるんでしょうか???
ダンブル系tow-rockも置いてあって気になります。
今回、手ぶらで帰っちゃったとは思っていませんよ~

おはようございます(こんばんは)~

おぉー、PRSだらけ! 同じ吊るしでも日本のギターショップと違い、整然としていますね。それと店内がゆとりがありそうです。
まぁ、土地の事情が違うしねー。
キレイな店内というのはカナダ人の特性?、それともこのショップの店主の性格?どっちなんでしょう。
日本ではこれでもか!っていうくらい詰め込んであるショップが多いですよね(^^)

ちょこっとある他メーカーのギターも半分以上がギブソンで、フェンダーは少なそうに見えますね。
金があれば私もメサブギ、ホスィーです(笑)

ところでカナダトロントって地震はないのでしょうか。地震が来たらギター傷つきそうですね。
地震国日本も同じようなものですけど、保険に入っているから勇気ある吊るし方ができる?

それとショップの前に停めてある車の車間距離ですが、10cmくらい?カナダではこの停め方が普通ですか? 
そうだとしたらおもしろい。
                      では~

nobuさん、コメントをありがとうございます。

そうなんです。もちろんPRSのアンプもたくさん置いてあったのですが、メサブギも各種揃ってました。
やっぱりPRSにはメサブギが合うということなんでしょうかね。
どちらも、ロック系でもクリーンでも、両方OKだからイメージ的には合いますよね。それとも店員さんの好みとか。

野外ライブで高中さんですか!? 良いですね。
夏の野外ライブやるなんて、高中さんもまだ若いなあ(笑)。
しかしENGLからメサブギって、ちょっと極端なような気が・・・(笑)。

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

はい!リッチーエリックボーンさん御用達の店に行ってきました!(笑)
・・・って、リピーターさんでしたか!? P22だけじゃなかったんですね。

一応、店も構えてますけど、たぶんメインは通販じゃないでしょうか。
カナダも広いですから、実際に店に来られる人は限られますし。

あと、この店で好感を持てたのは、リペアのスペースが結構充実していたことです。
リペアマンもギターに詳しそうな人でした。
そして店員さんは皆ギターが大好きって感じ(笑)。
私は英語がアレなんであまり話せませんでしたけど、ギターは買わなくても、話しをしに行くだけでも楽しめそうな店です。

アンプは、いつか買えたらいいなぁ、ぐらいの感じです。
多少大きな音を出しても許されそうな環境になったので(笑)。
でもその前に、まだまだ欲しいモノがたくさんあるんですよねぇ。

今回は手ぶら・・・? それはご想像にお任せします(笑)。

KageGさん、こんばんは(おはようございます)~!

コメントをありがとうございます。
そうなんですよね。カナダって、人口は日本の約4分の1なのに国土の広さは約26倍!
そりやぁ日本と土地に対する感覚が違いますよねぇ(笑)。
トロントは都会なので、日本にちょっとは近いんですけど、それでもこんな感じです(笑)。
あ、でもカナダ人はキレイ好きじゃないですよ。アメリカ人と同じで、裸足で外を歩いて、そのままベッドに入っても平気な人たちです。

北米でも西海岸の方は地震が多いですが、トロントやニューヨークの方は地震がほとんどないです。
だからギターもこんな感じでぶら下げておけるのかもしれませんね。

駐車してる車の間隔ですか? 面白いトコに目を付けましたね(笑)。
トロントも車間が狭いですけど、ニューヨークはもっと狭かったです。これ、絶対出せないよね~って状態をよく見かけました。
でも、みなさん、ちゃんと車を出して行くんです。多少ぶつけても平気みたいでした(笑)。

ちなみにトロントは駐禁の取り締まりが厳しいです。広い道にはパーキングチケットの販売機があって、チケット買えば駐車できるんですけど、みなさん、きちんとチケット買われてます(笑)。

楽器屋さんの雰囲気は、世界共通な感じで安心しますね。
ただやはり、地面においている商品の数は面積事情なのか日本の方がごちゃごちゃしてますかね。
日本のお店で神経質なところは、買う気が無いとお高い商品は試奏させてくれない場合もあります(特にアコギ)が、カナダやアメリカはどうなんでしょうか?

ぶりさん、コメントをありがとうございます。

はい、ロックな感じの店員さんがいたりして、楽器屋の雰囲気は日本と同じです(笑)。
アメリカもカナダもギターは壁に吊すディスプレイが基本みたいですね。
特にこの店は、取り扱う種類を絞っているようなので、店内はスッキリ見えます。

試奏は簡単にさせてもらえますよ。ホントに高価な、ガラスケースに入れてるようなヤツはダメかもしれませんけど(笑)。
試奏してる人も、ギターをチェックしてると言うより、ギター演奏を楽しんでる感じの人もいて、そこら辺は大らかです。

やっぱりビギナーは気がひけるのか、実際に試奏してるのは上手な人が多いです。
それも日本と同じですね(笑)。

Guitar shop...
Jeff beckのアルバムのタイトルは実はこのお店が由来です。

...冗談はさておき(^^)
横から勝手に話に入っちゃいますけど、
実は僕もフェンダーのチューブアンプに興味ありありで、
super champかblues jrがいいな~なんて。
ところがチューブアンプってフェンダーに限らず、
ヘッドフォンが使えなかったりCDインがなかったりがほとんどなんですね。
夜中にギター弾くことが多いのでヘッドフォンが使えないのはちとキツイ(T_T)
あきらめるしかなさそうです。

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

ジェフベックがパクったとは思えませんけど、この店の方がベック先生から拝借したのかもしれませんね(笑)。

フェンダーのチューブアンプ、良いですよね。なんか「基本」って感じがします。
そうそう、確かにチューブアンプって機能を絞ってるヤツが多くて、デカい音を出せない環境には辛いですよね。

私のヒュース&ケトナーも、ヘッドフォンは使えないですけど、ラインアウトがついてます。
なのでラインアウトをPC用のオーディオ・インターフェイスに繋いで、ヘッドフォンを使ってます。
でもヘッドフォンだと、アンプシミュ使った方が良い音に聞こえたりしちゃうんですけど(^_^;)

「PRSご所望」僕のことですかー?(笑)

ざっくりホームページ見ましたが、人気の青系はあまりありませんね。ニールショーンモデルもなかったし。
もちろんJOEさんにそんなつもりはないと思いますが、こういうお店紹介とか機材紹介の記事の一つ一つが、読んだ人の潜在意識に眠っていき、あるときに、「PRS購入おめでとうございます」ってなるんだと思いませんか?

昨日、神戸のサロン友達のご自宅に訪問してきました。ソルダーノとマーシャルがキャビネット付きであるという、もう十分にギターショップでした。ソルダーノ、すごい歪むんですが、出音はクリーンに感じられるという凄いアンプでした。
もう国内ではソルダーノ取扱いほとんどないんです。あっても40万とか。
真空管アンプヘッド熱が再燃してしまいました。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

The Guitar Shopのサイトに、ウッソさんの気を引くモデルはなかったですか。それは残念です(笑)。
もともとPRSは個体数が少ないですし、気に入ったのを見つけるのは難しいですよね。良いのはすぐ売れちゃうし。

私のブログはステマではありませんのでご安心を(笑)。
でも、ブログで収入得ている人は、商品の購入意欲を高めてなんぼ。
もしこのブログ読んでPRS買いたくなる人がいるのなら、私もブログ・ビジネス出来るかもしれませんね(笑)。

ソルダーノ、いいですね! ホンモノを鳴らしてみたいです。
アンプシミュでハイゲインを使う時は、いつもレクチかソルダーノです。
ウッソさん、「PRS購入おめでとうございます」より「アンプヘッド購入おめでとうございます」の方が先になりそうな予感が(笑)。

Joeさんのブログの影響で
欲しいギターのイメージが「リンゴ飴色のストラトキャスター」
になってる私ですが(#^.^#)
今回これ、見ると、カラフルなPRS見て、またイメージが塗る変えられるかもー(^_^;)
車道沿いにビルではないお店の連なりがあるんでしょうかねー
青空が見えて、日本ではほとんどない光景です。
広いところへ行きたくなりました

陽の光がキャナ〜ダです(笑)
それにしてもPRSの数が凄いですね。こんなに並んでるの見た事ありません。黒沢本店のマーチンの数に匹敵します?
目移りして選べなくなりそう(^^;

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

悪い影響を与えているようで申し訳ないです(^_^;)

それぞれのギターに似合う色のイメージがありますよね。
ストラトやテレキャスならキャンディアップル・レッド。
PRSなら派手な木目が映える色とか。木目がキレイだとお値段もそれなりになっちゃうのがアレですけど、PRSの人気の理由のひとつが色の豊富さだと思います。どれもキレイですよね。

アメリカやカナダの都市って、中心街からちょっと離れると、地平線が広がってたりします。
トロントも同じで、この店からちょっと行くとオンタリオ湖の水平線が開けてます。

広いところをご希望なら、ぜひカナダへ! ・・・ちょっと遠すぎますかね(笑)。

yoshiさん、コメントをありがとうございます。

陽の光にキャナ~ダを感じて頂けましたか(笑)。
スミマセン、写真には多少修正を加えております・・・m(_ _)m

黒沢本店って、昔、アコギを買う時にチェックした覚えがあります。
結局、テイラー買っちゃいましたけど。
これだけあると目移りしますよね~。試奏の時もPRSのアンプをデカい音で使わせてくれるので、とりあえずどのギターを弾いても良い音に聞こえちゃいます。もう絶対に冷静には選べないと思います(笑)。

PRSも気になるメーカーのひとつではあるのですが・・・価格的にUSAものはかなり厳しいですね^^;
韓国産のSEシリーズなら頑張れば何とかなると思うのですが・・・
PRSのアンプってのも画像しか見たこと無いのですが、どんな方向に振った音なんでしょうね~。イメージ的にはやっぱ「オトナ」な感じなんですがね~ちょっと気になるしYoutubeでチェックしてみよ~っと( ゚д゚)

マジェさん、コメントをありがとうございます。

いやいや、SE買うなら、他メーカーの日本製を手に入れた方が良いんじゃないでしょうか。

PRSのアンプはどうなんでしょうねぇ。ギターは有名ですけど、アンプはあまり目立ってませんよね。
でもPRSのギターには一番合ってるのだろうし、見た目の高級感で良い音しそうなイメージがありますね(笑)。

綺麗なお店ですねー!さすがカナダです。ここぬーよーくとは大違い(笑
ギターセンターもサムアシュもネットで販売してるせいか品揃えが悪くてもう行く気にもなりません。
行ける距離に良い楽器屋さんがあるって良いものですねー。

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

いやいや、そんなにキレイな感じの店ではないです(笑)。
空いてて品数も少ないから、そう見えるのだと思います。

あと、トロントにもギター売ってる楽器屋はたくさんあるのですが、品揃えはあまり良くないです。
趣味でやってるとしか思えない小さなトコも多いし、この店は例外です(笑)。

トロントは、ギターに限らず、買い物の楽しさでニューヨークにかなり負けてます(ノ_-。)

カラフルな色のギターがたくさんで、どの色にするか迷いそうですね。
一方アコギは同じ色ばかりで、どれもこれも同じに見えます^^;
アコギって、あんまりカラフルなのは敬遠されるんでしょうかね??

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

確かにアコギは地味な色が多いですね。この店にはマーチンとタイラーが多いので、よけいにそう感じるのかもしれません。
エレキの色がカラフルになったのは、多分にPRSの影響が大だと思います。

キーボードも鍵盤に色を付けるとか、もっと派手になっても良いと思うのですが…(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/57354233

この記事へのトラックバック一覧です: The Guitar Shop:

« GT-001のアコギ・シミュ | トップページ | PRS Brushstroke 24 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ