たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 思い出は美しすぎて難しすぎて | トップページ | 08GP ローリング・ストーンズ / Satisfaction »

2014年8月 2日

BOSS GT-001 & POD HD アンプシミュ比較


やっぱりBOSSのニューカマーは気になるワケで。
で手に入れたGT-001。


P1040627


この手のマルチエフェクト&アンプシミュレーターと言えば
これまで“LINE6 POD”の独壇場。
GT-001がどんなモノだか、やっぱPODと比べるのが
一番ではないかと思い、アンプシミュの比較を。

比較したのは5種類のアンプ。
1. Marshall 1959
2. Fender クリーン音
 GTが“Twin Reverb”、PODが“Deluxe Reverb”のシミュ。
3. Soldano SLO-100
4. Mesa Boogie Dual Rectifier
5. Marshall 70~80年代?
 GTがヴィンテージ・マーシャルを元にしたオリジナル、
 PODは“JCM-800”のシミュ。

GTもPODも、アンプとスピーカーキャビネットのみ、
他のエフェクターは使っていません。
トーンツマミ類は両方とも全て12時に。
その他、分かる範囲でパラメーターを同じ設定にしました。

ギターはSuhrのPro S3、
最後の例の曲だけフロントPU(シングル)で
他はリアPU(ハムバッキング)を使ってます。





相変わらず微妙な演奏で申し訳ないです。
ヤッツケ仕事感も満載ですがご容赦を。

演奏はアレですけど、どっちも良い音です。
アンプで作る歪みはほぼ同じで、スピーカーキャビネット、
マイキングに差があるような感じ。
調整次第で、もっと似た音になるかも。

音の違いは優劣じゃなくて好みの差かと。
音質に差が無いとなれば、安さとコンパクトさで
GT-001の勝ち。さすがBOSS。
ま、後発だし当たり前か。


P1040613_2


でも、期待した「Guitar to MIDI機能」はちょっと・・・。
演奏しながらリアルタイムでMIDI変換ってのは
ちょっと無理がある感じ。
やっぱギターシンセ買わないとダメでしょうか残念。


ところでPOD HD、
LINE6のホームページから消えましたね。
新しく出たマルチは、もう“POD”の名前じゃないし。
やっぱり、この手の製品ってもう売れないのかも。

LINE6が見切りを付けたカテゴリーに
今更新商品を投入するBOSSってどうなんでしょう。
それかGT-001が、POD HDに引導を渡すことになったとか?

GT-001は宅録派の方にはお勧めだけど、
コイツには簡易版DAWソフトが付いてこない。
Cakewalkを手放した弊害でしょうか。
コレにDAWソフトが付いてれば、
ホント良いパッケージになったものを。
やっぱローランドって迷走してる?

あ、でもGT-001は買って良かったと思えますけれども。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 思い出は美しすぎて難しすぎて | トップページ | 08GP ローリング・ストーンズ / Satisfaction »

コメント

面白かったです。よくある商品説明の動画そのものですね。

音質は確かによくわからないくらいどっちもいいですね。
僕の持ってるjs8もbossなんですよ。アンシミュもほぼ一緒だなと思って見てました。1959がⅠとⅡとあるんですよね。bossはこれにさらに歪み系のエフェクトも代表的なのはついてきますよね。
line6はアンシミュが機種ごとに名前が違ってます。歪み系のエフェクトはそんなについてなかったような。

微妙な演奏と言われますが、これショップで試奏する感じですね。最後のはショップではしないでしょうけど(笑)

ブログをやっててあまり褒められないのは、物欲が刺激されることだと最近気づきました。。。。。あの人があれ買ったから自分もっていうサイクルが出来上がってる気がします(笑)

ウッソさん、速攻のコメントをありがとうございます。

このGT-001、音は予想以上に良かったです。
使い勝手の面では、PCソフトのアンプシミュには劣りますけど、この音なら十分実用的じゃないでしょうか。
GT-001の“1959 Ⅰ+Ⅱ”は「Marshall 1959のインプットⅠとⅡをパラレル接続したサウンド」だそうです。
あとエディー先生御用達、5150アンプのシミュも入ってますよ。

確かに最後のは、ショップで試奏するには勇気要ります(笑)。

他の方のブログの影響、多々ありますよね~!
ホント、みなさんのブログは悪い影響与えてくれます。困ったモノです(笑)。

おお!こう言った比較はJoeさんならではですね。
よくBOSSMIDとおっしゃった意味がよくわかります。
アンプシミュでも、そうなんですね~?
DISTだけかと思ってました。(笑)
GTの音は聴き慣れた感じですが、PODの方は古いのに新鮮です。

GT-001がPOD HDに引導を…そんな感じですね。
今回の音源で、BOSSを使ってる私に引導を渡された感じです。(笑)

rimixさん、コメントをありがとうございます。

rimixさんと被らない使用レポートをと思って、こんな形になっちゃいました(^_^;)
私はGT-001の音を初めて聞いた時「rimixさんの音だ」と思いました(笑)。
やっぱりBOSSの音って、共通のイメージがあるのでしょうか。

PODも良い音なんですけどねぇ、生産中止とは・・・。GT-001が同じ道をたどらぬよう祈るばかりです。

rimixさんに引導!? w(゚o゚)w まさかそんなコトはないですよ(笑)。
GT-001はとっても使えるヤツですので、大いに活用してください!

面白い企画ですね〜
個人的にはPODの方が好みかなーと思いましたが、
無くなっちゃうんですか?
買うつもりはありませんでしたが、
ちょっとビックリです。
Joeさんsparkle弾けるんですね。
実は密かにいつかはやりたいと思っていました。
この頃の達郎は最強です。

Joeさんも次々といきますね〜^ ^
僕は買いませんよ。
多分^^;

こんばんは(おはようございます)~

いやーこちらは二つの台風の接近で暑いこと、暑いこと。
Joeさんも買っちゃったんですか! 例の天井の高いショップで?  

聞いてみると、やはり後発のGT-001君の方に軍配があがりそうです。
実際のアンプの音源はよく知らないのですが、音圧や、ん~、なんというかメリハリ感などが聞き手の前に、より飛び出してきているような感じなんですよ。
同じような音質ではあるけども、POD君は少し音がこもっている。
シャイなのかな(笑)    私みたいです←ホントに(笑)

そうですね。ローランドは迷走しているような感じですよね。
んー、何というか、梯さんが○ース電子工業を立ち上げ、後にその良き理解者であった株主さんの経営が悪化し、あるお会社に身売りをされました。で、ローランドを創立したのですが、迷走はその時からでしょうか。
個人企業も、中小企業も、大企業も、日本も全てが迷走しているかな? 私たちもですが・・(^^;) 
しかしそのことがこの社会にとってより良いものになっていくのであれば、いくらでも悩んでね!と応援をしたくなります(^^)

PS
今日レッスンでした。もちろん発表会の『AGATHA』も2回ほど演奏し、細かい部分の指摘を受けました。
で、今日嬉しかったのは、今練習中の『Words』を先生が完コピしてくれていたことです。 
私がこの曲を弾けるようになりたいと言ったのは3週間ほど前ですが、それを私に教えるために、ご自分もきちんと練習してくれていたんですねえ。 ご自分のブログにもUPされていました。
私が言いだしっぺなので、絶対に弾けるように頑張らなければなりませんね。

        では~

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよね、この手の商品って需要あるのか? と思ってたら、やっぱりPODはなくなっちゃうようです。
そこにBOSSが参入ってどうなんでしょう(笑)。

なんちゃって“Sparkle”でスミマセン・・・(^_^;)
我々世代にとって、この頃の達郎さんはヒーローですよね!
達郎さん、曲も歌もスゴいですし、独自のカッティングがまたスゴいです。マネできません(ノ_-。)

買わないなんておっしゃらずに、どうですかGT-001、お勧めできますよ。
・・・でもホントのお勧めは、PCソフトのアンプシミュですけど(笑)。

KageGさん、おはようございます!

コメントをありがとうございます。
お察しの通り、例の天井の高いショップで買っちゃいました(^_^;)

KageGさんはBOSSがお好みですか。でも、シャイなKageGさんにはPODの方がお似合いかもしれません(笑)。

ローランド設立の経緯、お詳しいですね。前身の会社のことは知りませんでした(^_^;)
BOSSのホームページで“BREAKTHROUGH”とか謳ってますけど、壊れてバラバラにならないことを願います(笑)。

PS
ギターの先生のブログって、もしかしてコレですか?
http://ameblo.jp/uya-blog/

すご~くお上手な方ですね・・・って先生なんだから当たり前か(笑)。
コレ、難易度相当高いですね。頑張ってください!

PODよりGT-001は新型だけに音が太くJoeさんの環境と相性が良く感じましたが、
GT-001はスモーク・・・でタッチに繊細で、表情が出て私好みです♪

LINE6は2013年末ヤマハに売却って発表してたので、
新たな展開で、ウェブサイトもリニューアルでしょうか?

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

リッチーエリックボーンさんもGT-001の方がお好みですか。やっぱり日本人にはBOSSの音ですかね(笑)。
私もコレを手に入れてBOSSに対する印象がちょっと良くなりました。

そうですね、LINE6も色々とリニューアルしてるようです。PODがカタログから落ちたのもその一環かもしれません。
LINE6の新製品を見ると、斬新なデザインや先進性は相変わらずなので、ヤマハ傘下になったことがプラスに働いているのかもしれませんね。
それに比べてローランドの新製品は、新しさに欠けるような気がします・・・┐(´-`)┌

なかなか興味深い記事をありがとうございます。
トーンの設定は差があるようですけど、確かに、どちらも同じような音ですね。アンプシミュ=PODの音が定番なので、後続は全然違う音には出来ないんでしょうね。
そして、自分の古いPODもそうですけど、どれも良い音ですけど綺麗すぎますよね。たまにギターアンプで音を出すと、荒々しさと弾きにくさ(笑)でビックリします。

流石BOSS、GT100と同等の音質と謳うだけあって音良さそうですね。
小さいので宅録にも便利そうです。
PCや携帯端末アプリで、音作りなどが出来ない?ということで、
使い勝手としては旧来からのマルチエフェクターとあまり変わらないという感じでしょうか。

本物の音が分からないだけに、どちらがより本物っぽいかの判断はできませんが、全体的にLINE6の方は音がこもりがちなのが気になりました。音の好みとしても「Mesa」以外はBOSSの勝ちでしたわ^^

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

そうですよね、どちらも同じような音です。ま、同じアンプの音をシミュレートしているのだから当たり前ですけど(笑)。

確かにアンプシミュの音ってキレイかもしれません(笑)。コレに慣れてしまったので、きっと私には実際にアンプを使った録音は無理だと思います(^_^;)

ぶりさん、コメントをありがとうございます。

たぶんGT-001は、GT-100の派生商品で、プログラミング等は共通なんじゃないでしょうか。
だから開発費が安くすんで、こんなニッチなセグメントに新製品を導入できたのではないかと思います(笑)。

GT-001もPOD HDも、専用ソフトを使ってPCでの音作りが出来ます。
専用ソフトはGT-001の方が使いやすいです。そのソフト上でネットからパッチもダウンロードできるし。
なにより文字サイズが大きいのでローガン・オヤジは助かります(^_^;)

マジェさん、コメントをありがとうございます。

マジェさんもBOSSがお好みですか。やっぱBOSSの方が分かりやすくて扱いやすい音のような気がします。
BOSSのポリシーの表れでしょうか。そこは好感が持てますね。

GT-001はオーディオインターフェイス機能も付いているので、マジェさんにもお勧めです。コレがあれば宅録もOK!
でもDAWソフトは付いてないので、別途必要ですけど・・・。

ギタリストじゃないので、なかなかエフェクターについてはコメントできないんですが・・・でもアルミ削りだしのような男らしいフェイスでいいですね。
試し弾きもエレクトリックアイあり~の、ペインキラーあり~のJUDASファンの私の取ってはうれしかったです^^;

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

そう言えばひょい。さん、ジューダスがお好きでしたよね。
いい加減な演奏でスミマセン。ハイゲイン・アンプの音に合いそうなメタルの曲は、ジューダスしか思い浮かびませんでした。

ペインキラーはイントロしか弾けません(^_^;)
このリフを1曲続けて弾くと腱鞘炎になりそうだし、ソロは速すぎるし、コピーするにはホントにペインキラーが必要そうです(笑)。

あらー、rimixさんとおそろなんですねー♪
で、あー、これにはSONARついていないのですか。
もう宅録ソフトにもっている人向けかな?
音比較、すごいですね!
何がすごいかっていうと、こんなに何曲もきちんと弾くことができるのがすごい!ですー(@_@;)

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

はい、rimixさんのマネしてみました(^_^;)
そうなんですよね、コレに宅録ソフトが付いていれば、これからギター録音を始めようって人に、とってもお勧めできるんですけど・・・。

お褒めの言葉、ありがとうございます。でも実は、あまりきちんと弾けてません(^_^;)
音が分かれば演奏の細かいトコはいいですよね(笑)。

面白いですねー。選ぶアンプによってこうも音が変わるといかに好みの音を出すかって極めたくなりそうですねー。
それにしても!MIKIさんも言ってますが、何曲もすらすら〜って弾けてしまうのがすごいです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

ギターアンプで作る歪み音には、メーカーによって微妙な違いがあっておもしろいです。
その中で自分の好みにあった音を探すのは大変ですけど、それを探っていくのも、また楽しいのです(笑)。
それにしても、本来なら数十万円もするアンプの音を、こんなコンパクトな機器で試すことが出来るなんて、
便利な世の中になったモノですよねぇ(笑)。

・・・すらすら~って弾けた訳ではないですよ。
結構練習してたりして・・・(;゚∇゚)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/56964459

この記事へのトラックバック一覧です: BOSS GT-001 & POD HD アンプシミュ比較:

« 思い出は美しすぎて難しすぎて | トップページ | 08GP ローリング・ストーンズ / Satisfaction »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ