たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« Tom Anderson Drop Top | トップページ | カナダのギターショップ »

2014年6月24日

BOSS DS-1X 使ってみた


しばらくお預けだったBOSSのニューカマー
“DS-1X” 使ってみた。


P1040536


外箱が新しいデザイン、
本体の色もメタリックで、新しさを感じさせて期待大。

でもコレ、新しいと言うより懐かしい。
そういや昔のDS1って、こんな感じだったよなあと、
感慨にふけることができた。


短いの録ってみました。
感慨にふけって古い曲を。
ギターはSuhr Pro S3、
アンプシミュのAmpliTubeを、デフォルトの
フェンダーアンプで使ってます。





短くてスミマセン。やっつけ仕事感満載です。

AmpliTubeでフェンダー使ったのに
マーシャルみたいな音。

このペダル、やたら高音効き過ぎかも。
メーカーの言う「パンチのある中高音域」ってことなんだろうけど、
かなり強力なパンチ。
HIGHツマミをMAXにするには覚悟いります。
マーシャルアンプ使って鳴らしたら鼓膜あぶないかも。

で、LOWツマミをMAXにすると、何かバフバフ言ってる。
バッキングにボワ~ンって感じの不快音が加わる感じ。

相変わらずノイズも多いです。そこは従来のBOSSと同じ。
これが最先端だとしたら、ちょっと悲しい。
今時のハンドメイド系ペダルと比べたらいけないのだろうけど。


P1040538


もちろん、実際にJCアンプとかで鳴らせば
もっと良い音なのだと思われます。
密度の濃い個性のある音だとは思ったし。

でも、登場機会は少なそうな予感。
じゃあ買うなって話なのですけれども、
そこはアレです、懐かしさが勝ったのであります。
ローランドさん、最近苦戦してるようですし、
多少なりとも売り上げに貢献できればと。

ガンバレ日本




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« Tom Anderson Drop Top | トップページ | カナダのギターショップ »

コメント

おおおっ!!
遠山の金さんすね...「えいえいえい!この桜吹雪が目に入らないか!」
懐かしいです。名曲ですね。

このペダル結構評判いいみたいですね。BOSS強しです。突如出て来た素晴らしいペダルも数々ございますがなんやかんやと世代を超えてラインナップされ続けているメーカーだけの事はありますよね。良い悪いはその方の好みでしょうしね。まずトラブルが無い事を前提に作っているらしいのですよ。アプローチの仕方が違います...大メーカーです(笑)

こんばんは(おはようございます)~

おぉ、かなり早い更新ですね。 SuhrはS3でしたか。
なんというか、やはりトムアンに比べてエッジが起っているやんちゃな感じがします。(^^)  ノイズ、ぜーんぜん気になりません。
Suhrのポテンシャルを思い切り引き出しているように思いました。ミドルポジションのピッキングハーモニクス・・いまどきの若い方々の言葉で言うと『カッケーッ』ですね(笑)  これは機械というよりJoeさんの腕前ですな。

実は『今年の発表会の課題曲によく合うギターはSuhrですね』という先生のアドバイスがあり、シバドライブをブースター代り、ライオットをディストーション+BBEディレイ+フェンダーチューブアンプ70Wでレッスンを受けています。

しかし昨日自宅練習(ヘッドホン使用)で、コンバットのBOMBS-DO1+シバドライブ+BBEディレイ+BOSSCubeアンプ30Wの組み合わせで何だかすばらしい音になってヘッドホンから飛び出てきたんですよ。

次回のレッスンでこの組み合わせの音を先生に聞いてもらおうと思っています。 でもヘッドホン使用とアンプでまったく違うのは判っているんですが、その次はコンバットDO2でも、もちろん試してみるつもりです。

PS
私は昔からストラト系のフィンガーボードはメイプルと決めています。Joeさんはローズウッドなのですね。何か理由がありましたか?
私には理由がありませんのですが、教えてくださいませ(笑)

今からちょっと(?)ビール飲んで、少し練習します。 では~
あ、今思ったのですが、そのうちまったく同じセッティングでトムアン、Suhr、PRS の音比べ、やっていただけませんか?(笑)

銀ネジで、メタリックなデザインがかっこいいですね。
パンチのある中高音域、ほんとそんなサウンドです。
シールドもデジタルになればノイズも消えるんでしょうか^^;
アンルイスは当時カラオケで女の子の定番でしたね!

yoshiさん、コメントをありがとうございます。

「桜吹雪」名曲ですよね!
私の中ではこの曲、ギターがカッコ良い曲ベスト10に、30年間君臨してます(笑)。

なるほど、BOSSはトラブルが起こらないことを前提に・・・ それはスバらしいです。
確かにBOSSは安心感&安定感がありますよね。信頼度は抜群。
そして使いやすい。とりあえずツマミは真ん中にしとけばOKみたいな(笑)。
BOSSの人気の秘密は、そこら辺にあるのでしょうね。

この際、ペダルクラッシャーのyoshiさんも、絶対安心のBOSSに乗り換えるとか?(笑)

KageGさん、おはようございます!
コメントをありがとうございます。

「カッケーッ」ですか?(笑) お褒め頂きありがとうございますm(_ _)m
エッジがたってるやんちゃな感じは、このペダルの特性も多分に関係していると思われます。
このペダル、DISTツマミの2時位から上はノイズが目立ちます。
Suhrのペダルなんかと比べると、気になりますね。

ところでKageGさんの課題曲とはなんでしょう?
シバドライブ+ライオットだと、かなり歪みますよね。
それにディレイ、そしてフェンダーアンプの組み合わせって、私の好きな80年代フュージョンの匂いがしますね(笑)。

普通、オーバードライブとディストーションペダルの組み合わせは、
オーバードライブを先に繋ぎますけど、逆にしてDISTが先でもおもしろいですよ。
ペダルによってはダメな組み合わせもありますけど、相性が良いやつだと、自然で太く、マイルドな音になりますのでお試しを。

私は、メイプル指板のギターも持ってますけど、どちらかと言えばローズ指板が好きです。
昔の安価モデルってメイプル指板はかなり弾きにくかったですよね。そのイメージが未だにあって・・・(笑)。
今のやつは問題ないですけどね。単なるイメージです(^_^;)
でも一番好きなのはエボニー指板です。あの黒光りがたまりません(笑)。

なるほど音比べですか! おもしろそうですね。ちょっと考えてみます。

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

このデザイン、インパクトがありますよね。新しさを感じます。
音の方は、ホントに中高域のパンチが効いてます。
たぶんJCとか、おとなしめのトランジスタアンプを使う前提なのかもしれませんね。

ノイズレス・デジタルシールド、欲しいです!
いつかそんなのも出てくるかもしれませんね(笑)。

当時、カラオケでアンルイスを歌う女子には憧れました・・・(^_^;)
アンルイスは今でも好きです。ギターがカッコ良いのが多いですよね。

がんばれ日本ってワールドカップもかけてですね。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

日本、残念でした。
もしかして早起きして観戦してましたか?(笑)

やっぱ日本はまだまだだったのですねぇ。世界との実力差を思い知らされました。
あと、素人目で見ても戦術が全然ダメだという気がしました。

いい加減、監督変わるたびにスタイルが変わるってパターンはやめて、
日本のサッカーを見極めた方がいいんじゃないですかねぇ。

ストレスの残る内容でした・・・(。>0<。)

あぁこれなんですねー!秋葉原でギターやさん散策してた時に中古で一番数多く見かけたエフェクターはオレンジのだったんで、これってポピュラーなんだな、きっと、って思いながら眺めてました。BOSSなんですねー。へぇー。音はJoeさんの選曲のおかげなのか高域が強いってのがなんとなく分かる気がしました。洋楽は低音重視な感じがするので高域重視な邦楽の方が向いてるのかな?なんても思ってみたり。そんなこともないのかな?桜吹雪は私も好きです。彼女、FBにいらっしゃるのでフォローしてます♡ おばあちゃんになってもかっこいいですよね〜☆でもこの曲の頃は本当にかっこよかったですよね〜  

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

秋葉原でギター屋散策ですか! 良いですね~。
でもこのDS-1Xは新製品なので、中古で出回っていたオレンジのは、旧型のDS-1だと思われます。
DS-1は、我々世代なら誰でも一度はお世話になった超有名なペダルで、
こっちの1Xは30年を経て出てきた、その後継機種ということで注目されてます。
まあ、良くも悪くもBOSSらしいペダルですけど(笑)。

このペダルをおすすめできるかは微妙ですが、BOSS製品全般はおすすめできるので、
ペダルをお求めの際には、ぜひ候補に入れてください。

アンさんは、時代をリードしてましたよね。
日本の歌謡曲とロックの区別が無くなったのは、彼女の功績が大だと思います。
ホントにカッコ良かったです。今聞いてもカッコいいです(笑)。

うわ~ドンドン更新。
ネタにあふれてますか?(笑)
BOSSの「DS」って言う音ですね。
ただ、DS-1よりデジタルに感じるのは、AmpliTubeの影響でしょうか?
演奏の安定感、聞いてて安心できます。
選曲もJoeさんらしいですね。
途中40秒の所、クリケット音の様に聞こえるのは、なぜでしょう。
サーはロックナットじゃ無かったような気がしますけど…

懐かしいですね。初めてバンドをやった時に、ライブでこの曲をやりました。ギター、カッコいいですよね。
DS-1Xは、変わらずにBOSSの音のようですね。個性より、やっぱりオールマイティーな音ですかね?
BOSSとJCのネタ、今週、アップしようとしている自分のブログネタとかぶってしまいました。もちろん、新製品ネタではないですが。どうしよう?

こんばんは(おはようございます)~
すみません二度目です(^^)

今レッスンしている課題曲は『Spain』で、発表会向けは今剛さんの『AGATHA』です。 今さんが22歳の頃創った曲みたいですね。

『Spain』は残念ながらまだ卒業できていません。
『AGATHA』のほうはもういいや、大丈夫じゃろう・・次の曲に行こうと思ったら思わぬところで先生からダメだしもらいました。
『AGATHA』はYouTubeの松原さんとのセッションではなくオリジナルのDVDに入っているものを参考に練習をしています。
私の我が儘でスクールの課題曲+私の弾きたい曲をということで先生に無理強いしています(^^;) その代わり毎週レッスンしまっせ・・と。

私もシバとライオットの組み合わせはもっと歪むかな?と思っていたのですが、そうではありませんでした。
実は両者のつまみ+アンプのつまみ+ギター本体のミッドブースターのつまみの調整の仕方で、歪んではいるけれども芯のある音になって出てきているようです。
 
それぞれの機材の相性というのは絶対にあると思っています。
ちょっといろいろな組み合わせも試してみましょう(^^)

私の唯一のエボニー指板はレスポールカスタムブラックです。
今はエボニーではなくリッチライト(?)というものが張られているが、音は変わらないと聞きました。エボニー材の輸出入が禁止されたようですね。 まあ、この年になってもギターに勤しめているというのは嬉しい限りです。 ボケ防止にも有効なのでね(^^)

さあ、昨日はかなり練習して指がちと痛いので、今日は風呂とビールだけにします(笑)    では~

rimixさん、コメントをありがとうございます。

ハイ、ネタは豊富に取り揃えております。取捨選択に苦労してます・・・ウソです(^_^;)

DS-1よりデジタルっぽいのは、このペダルの特性だと思います。
コレ、デジタルエフェクターですし(笑)。

クリケット音のように聞こえますか? 確かに金属音みたいな響きですけど、普通のピッキングハーモニックスやってるだけです。
中高音域が強調されるのも、このペダルの特性ですかね?

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

この曲も、我々世代の共通体験ですよね。このリフはみんな知っているという(笑)。
おっしゃる通り、コレ、確かにBOSSの音なのだと思います。DS-1の音をデジタルで再現した感じでしょうか。
同社の他機種と差別化を図りながらも、使いやすさを目指しているBOSSらしいペダルなのかもしれません(笑)。

ok-rockさんもBOSSとJCネタでしたか? それは大変失礼いたしましたm(_ _)m
私のブログは、ok-rockさんの前ふりってことにして、予定通りにお願いします(^_^;)

KageGさん、再度のコメントをありがとうございます。

“Spain”はよく知らないのですが、今さんの“AGATHA”なら分かります。
やっぱり80年代フュージョンでしたか。あの曲ならライオット+ディレイが合いそうですね。
でもチョーキングがキツいから、指が痛くなるのよ~く分かります(笑)。

歪みペダルを2つ使うと、音が歪むと言うより、つぶれた感じになりますよね。
相性が悪いペダルだと、その傾向が強いように思います。
でも、トランスペアレント系と呼ばれるオーバードライブは、大抵の歪みペダルと合うような気がします。
もともとブースターとしての使用を前提としているモノも多いですし。

前に松原正樹さんをカバーしたときは、最初にSuhrのライオット・リローデッド、つぎにマッドプロフェッサーのスィートハニーオーバードライブを繋ぎました。

コレです。
http://javajoe.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/night-scanners-.html

ライオットの激しさがスィートハニーODの甘さで緩和されたような独特の音が気に入ってます。

ところで、エボニーも今は貴重な材なんですね。今のうちに買い占めておきますか(笑)。
ギターって確かにアンチエイジングに有効ですよね!
指を動かすコトは脳の刺激になるようだし、集中することも音楽を聞くのも脳には良さそうです。
目標ができることも良いんじゃないでしょうか。私も頑張らねば(^_^;)

3回目~ 夜分すみませ~ん(m--m)

今、音を聞きました。そうです、そうです、そのことを言いたかったのです。
ディストーションの激しさをODの甘さで緩和する・・ しかも音はつぶれず芯のあるしっかりとした音が出る。 

ありがとうございました。 研究します(^^)

KageGさん、3回目~ ありがとうございます!
こちらは夜分ではないので全く問題ないです(笑)。

ご清聴をありがとうございます。
ペダルを組み合わせた音作りは、私もまだまだ試行錯誤している状態です。
と言うか、ギターの音作り全部がまだよく分かってないような状況です。奥が深すぎですよね(笑)。

今後も情報交換よろしくお願いします!

エフェクター、ギター関連はまったくコメントできないのですが
音は当時の音そのままですね。
特に途中からのギターソロは素晴らしい!
またシンセストリングスのところを生っぽいストリングス。
80年当時なら、なんだこれ??って感じですが、2014年現在
なら、おおっ!って感じですね。時代とともに音も変化していきます。
しかし、六本木心中!これできましたか!これなんですね?!(笑)

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

褒めて頂きありがとうございます。そうですコレです、コレなんです(笑)。

コメントしづらい内容でスミマセン(^_^;)
一番音楽を聴いていたのが80年代なので、やはりギターの音はその頃にインプットされたものに影響を受けてます。
そしてその時代、こんなギターの音に付きものだったのが、シンセストリングスの音、DX7の音ですよね。

当時、バンドをやってて、DX7が加わわっただけで音のクオリティが一気に上がったモノでした(笑)。
今聞いても良い音ですよね!

誰の曲だっけー?
…あっ!アンルイスさんだっ!
と途中から思い出しました(^O^)/

おー、ギターかっこいいんですねー
バッキング部分、こんなの弾いてみたい!超あこがれます。

音のことはわかんない私ですが、
野外ライブ会場にだんだん近づいていったら、
あらー、アンルイスさんが歌っておられるー!…というような
空気感を感じましたsun

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

コレ、オリジナル音源をバックに弾いてるので、元のギターの音が聞こえないよう手を加えてます。
それでボーカルの声も小さくなってるので、遠くで歌ってるような雰囲気が出たのでしょうか(^_^;)

MIKIさんも、このエフェクターを入手すれば、こんなバッキングも思いのままです。
・・・決してBOSSの回し者ではありませんが(^_^;)

みなさんがよくおっしゃる
あっ、これBOSSの音!
ってのがよくわかりません???(^_^;)
同じペダルを使ったとしても、
使うギターによって音は変わりますよね?
それでもこれは絶対にBOSSだ!
ってわかるような特徴があるんでしょうか?
すいません、質問ばっかりしてますねm(__)m

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

このペダルの音は、BOSSと言うよりも「DS-1の音」というイメージです。
私にとってのBOSSの音のイメージって昔のDS-1だったりするのですが(^_^;)

最近のペダルはトゥルーバイパスが多いですけど、BOSSはバッファーバイパス。
BOSSのペダルに繋ぐと、ONでもOFFでもバッファーを通った音になります。
みなさんがおっしゃるBOSSの音とは、たぶん、そのバッファーを通った音のことだと思います。

BOSSのエフェクターは、同社のJCアンプに合わせて造られているためなのか、
中音域が太くて甘い音になる傾向にあるようで、それが「BOSSミッド」と表現されることもあるようです。

ペダル単体で、これがBOSSの音だ!ってのは私にもよく分かりませんけど、
BOSSペダルでJCアンプ鳴らせば、それが正に「BOSSの音」(笑)。

でもBOSSの特徴って音よりも、信頼度の高さ、耐久性、使いやすさにあると思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/56501763

この記事へのトラックバック一覧です: BOSS DS-1X 使ってみた:

« Tom Anderson Drop Top | トップページ | カナダのギターショップ »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ