たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« REINCARNATION | トップページ | 松原正樹 “SNIPER” »

2014年5月 1日

松原正樹 “Night Scanners”


また松原正樹さんの“Night Scanners”という曲を。
今度はちょっと長いです。

コレ、83年発表のソロアルバム“PAINTED WOMAN”の1曲。
松原さんは“SNIPER”が有名だけど、こっちも良いです。


M001_2


音はペダルエフェクターで作りました。
まずコンプに通してからSuhr Riot Reloaded、
次にMad ProfessorのSHOD、最後はコーラスでステレオアウト。

PCでクリーン設定のAmpliTubeに通し、
ディレイ&リバーブも少々。
確か右がリバーブ、左がディレイとか
そんなんやった気がするけど失念してもうた。

相変わらずエフェクト盛っとります。
やっぱ80年代は、てんこ盛りですわな。

オリジナルをバックに音を重ねてみました。






改めて聴いてみると、チューニングが微妙に甘いか?

こいつも何度も撮り直した結果なんですけど、
松原さんコピーはチョーキングがキツいので、
これ以上の撮り直しは指先が無理だったのです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« REINCARNATION | トップページ | 松原正樹 “SNIPER” »

コメント

0:30あたりのビブラートを繰り返し何度も見ました。
大きくゆっくり、からそのまま小さく速く。
カッコいい~
こういうのを出来るようになりたいんですよね。
ですがビブラートを長く続けることも、
ゆっくりのビブラートもまったくできないんですよねー(^_^;)

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

何度も見て頂き恐れ入りますm(_ _)m
ビブラートでお悩みでしたか。
松原さんのフレーズは、伸ばす音とチョーキングが多いので、ビブラートの練習になります。

私も昔は速弾き至上主義だったので(笑)、ビブラートは全く意識してなかったのですが、
リターン後に自分の演奏を聞くようになって、全く出来てないことに気づき、
それからは意識するようになりました(^_^;)

ビブラートの練習って、ちょっとイメージできないですけど、
チョーキングの練習がビブラートにも効果がありそうな気がします。

チョーキングやビブラートが綺麗ですね。また、どこまでも伸びていきそうなサスティーンの音色が、フレーズに合ってますね。こういう音色、どうやって作るのでしょうか? ペダルを組み合わせただけでは、こうはいかないですよね。

最近、かなりニッチな曲を選曲されますね。(この曲はJOEさんが世界ではじめてカバーされてるのかと思って調べたら、ほかの方もいました。びっくりしました。)
 
今さんと松原さん、JOEさんのブログで覚えることができました。
調べると松原さん1万曲を超えるレコーディングに参加とか、超一流なのですね。
今さんも松原さんも教則本出してるんですね。ラックシステムの解説とかもあって楽しそうです。

鍵盤の音とかベースラインとかが80年代の曲ですね。ポールズギターも甘いいい音しますね。

日本ではゴールデンウイーク真っ最中ですが、僕はずっと仕事してます。(涙)

80'S盛りだくさんですね。
盛りすぎて、Joeさんの腕がもったいない気もしますけど…
コーラスは半分位で十分なのでは?と思い本物探しましたが、
残念ながらありませんでした。
本物を、聞いてみたいです。

確かにビブラートには最適のテンポかもしれませんね。
こんな曲を作る松原さんも、良い音楽家ですね。

今回は、意表を突いての更新でしたね。(笑)

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。
この音はペダルで歪みとコーラス、PCでディレイとリバーブを使ってます。
コンプと歪みペダルを2つ使ってるので、サスティーンの伸びはその効果かと思われます。

PRSのサスティーンの良さも影響ありますね。Suhrだとこの感じは出せません(/_;)

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

連休真っ最中のお仕事、大変ですね。お疲れ様です。
この曲、ニッチですかね(^_^;) 自分の中では定番なんですけど(笑)。
松原さんは、日本の大御所、日本を代表するギタリストの一人なので、聞いてソンはしないと思います。

レコーディングへの参加は一万曲を超えてるんですかΣ( ̄ロ ̄lll)
きっと、ウッソさんも知らないうちに松原さんの演奏を聞いていることと思います(笑)。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

いやいや80年代やるならコレ位は盛らないと雰囲気出ません(笑)。
・・・たぶん、本物よりもかなり盛ってると思いますけど(^_^;)

この音、コーラスはかなり軽めなんですけど、ステレオにしてディレイとリバーブ別個に掛けてるので、
コーラス的な効果が増しているのだと思われます。

なんか最近は歪みも控えめなあっさり系か、エフェクトてんこ盛りのこってり系か、その両極端に走っている気がします(笑)。

すごいですね~、ギターリストって感じです(*´▽`*)
松原正樹さんは知りませんでしたが、曲を聞いてると頭のなかで舘ひろしさんと柴田恭兵さんが拳銃を持って走りだす感覚がありました。80年代の雰囲気なんですかね。洋楽もいいですが私は“邦楽”に魅せられる方なので邦楽の曲をこれからもお願いします。

Sayoさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂き恐縮です。
確かにこの感じ、舘ひろしと柴田恭兵が走ってるイメージ、そして、W浅野がワンレンなびかせてる感じでしょうか(笑)。
そんな80年代の雰囲気を感じとって頂けたのなら、うれしいです(*^-^)

私も“邦楽”は大好きなのですが(笑)、洋楽はネットでギター用のカラオケが手に入るのに比べ、日本の曲は手に入らないんです・・・(ノ_-。)
なので、コレみたいにオリジナルをバックに弾くか、打ち込みでPCで作るか・・・。
ちょっと手間がかかるので、スミマセン登場回数は少ないと思われますm(_ _)m

あっ、アコギソロなら邦楽でもいけるかも・・・。

松原さん、今さん、鳥山さん、などなど日本の一流スタジオミュージシャンのレベルはとっても高いですね。皆さん、演奏だけじゃなくアレンジャーとしても有名ですよね。

ビブラートはフレーズの色みたいなものでしょうか。あんまり意識してなかったんですが、ブロとものTAKIさんに同じフレーズなのにTAKI氏が弾くと明るい感じで、テイルピースが弾くと哀しい感じに聞こえるって言われました。
何がどう違ってそうなるのかは追求してないんですが、そういうのってあるんでしょうね。ずっと参考にしてきたのがブルース系のギターだからかな。

コーラスなどをかけていると必要ないんでしょうけど、揺らし系のペダルをあまり使わない自分は多くの場面で、はっきりとは分からないぐらいのゆっくりめのビブラートを小さくかけてます。かけ具合はそのときの思いつきなんであんまり一定してませんね。
ビブラートは人それぞれの個性だと思うんで、自分なりのものを磨いて行きたいなって思います。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

ソロアルバムを聴き比べると今さん、鳥山さんは松原さんよりもフュージョン寄りですよね。
ロック好きな私はヤッパリ松原さんの曲が一番好きです。

確かに同じフレーズでも、人によってイメージが違うことってありますよね。
上手い方と自分を比べた時によく感じるのですが、表現力が違います。
やはり上手な方は、音の表情が豊かです。

同じことをテイルピースさんの演奏にも感じたのですが、やっぱりビブラートやチョーキングとか、微妙な違いが、全体の印象を大きく変えちゃうんでしょうね(*_*;

チョーキングとチョーキングビブラートがいいですね!
こんだけ数が多いと指が痛くなりそうですね^^;
それにしてもチョーキングにも深くグイッと入れたりとか、浅く速くビブラートとか、色々技術があるんですね。勉強になりました。
またエフェクト盛りすぎで80年代!
これは、わかります!当時はこんな音でした!

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

そうなんです。松原さんのコピーは指先がキツイです。
ちょっと間があくと指先が柔らかくなるので、そんな時は特にツライっす。
ま、指先作る練習にはもってこいなんですけど(笑)。

私も80年代ゴージャスサウンドに憧れた1人なので、どうしてもそのイメージでテンコ盛りサウンドになっちゃうんですよねぇ〜\(;゚∇゚)/

お疲れ様です!

PRSのミニハム?でしょうか?
良い音してますね。

特にソロの出だし・・・
おぉ~!!!ってなりました。

ソロラストのロングビブラートもステキ♪

テーマの完成度がソロに比べると消化不良に思えました。
自分でコピーしたことが無いので適当なこと言いますと・・
テーマを弾くときにチョーキングを多用するともっと納豆系になりそうな気がしました。

偉そうなこと言ってごめんなさい。
ここ行けちゃうと相当なレベルになっちゃうと思います。

総じてとてもいい演奏だと思います。

主審さん、連コメありがとうございます。

このPRS(Paul's Guitar)のPUはサイズが小さいので、パワー感はないですが、いい音なんですよね。サスティンも十分です。
パワーが無いことが音の作りやすさにもプラスになっていると思われます。

するどいアドバイスをありがとうございますm(_ _)m
お察しの通り、この曲はもっぱらソロばかりを練習していたんですよね。
で、テーマ部はイマイチなのかと。やっぱバレちゃいますよね(^_^;)

「納豆系」上手い表現ですね。松原さんってまさに納豆系(笑)。
今後も、さらに粘りが出るように精進いたします。でも指先が痛いんですよね納豆系は・・・(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/56013878

この記事へのトラックバック一覧です: 松原正樹 “Night Scanners”:

« REINCARNATION | トップページ | 松原正樹 “SNIPER” »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ