たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« BallじゃなくてBowl | トップページ | クレカとビデオ »

2014年2月 8日

Get Back!!


今年のグラミー賞で、ポール・マッカートニーと
リンゴ・スターが共演して話題になってましたね。
2人とも70過ぎてるとは驚き。

自分は、山田君ざぶとん持ってきての
「ずうとるび」を先に知った世代だけど、
それでも洋楽の入口はビートルズだった。
初めて買った洋楽レコードは、
確かドーナツ版の“Let It Be”だったような。


51fjrwga3l


当時の年上の方々が、南沙織や麻丘めぐみと一緒に
ビートルズを聞いてたのだと思うとなんか楽しい。
「オレは武道館でビートルズを見たんだ!」が
口グセのオヤジがいたな。

当時はよく分からんかったけど、今、聞くと、
やっぱりビートルズってスゴイです。
今では当たり前の録り方やアレンジって、
元祖はビートルズってのが多いですよね。

いつかは録ってみたいを思っていたんですよビートルズ。
で、録るならこの曲だと。


ギターはPRSのPaul's Guitar、音はAmpliTubeで作りました。
オケはいつものGuitar Backing Track.comから。
一応60年代らしさを目指しました。
気分はジョン・レノンであります。





このオケ、映画のサントラ版?
屋上での元祖ゲリラライブの音源っぽいです。
短いし最後にジョンの台詞も入ってるし。
前に斉藤和義さんがPVでやってたヤツの元ネタですな。

この音源、実はだいぶ前に完成してました。
で、YouTubeにアップしたら案の定、
ロックがかかったのでありました。

イーグルスの時みたいに、いつか見られるようになるかも、
と思って放置していたら、やっぱり見られるようになりました。
長い道のりだった・・・。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« BallじゃなくてBowl | トップページ | クレカとビデオ »

コメント

まさかJoeさんが…(笑)
BEATLESはいいですね。
私も若僧の頃は良さがわからなかったです。

PRSで全て録ったんですか?
サウンドの幅が在るギターですね。

綺麗にまとまってますが、特に右側(ジョージハリスン)の
パートが良く、そちらばかり耳が行ってしまいました。
テレキャスタを連想出来る音ですね。

ん~いいわ~

Joeさん、お邪魔します。
ビートルズ感が随所に出ていてGOOD!!!です!!

僕も”山田君・・・!!”のズートルビ世代です!!

ギターカラオケ、楽しいですよね。
僕は最近、♪情熱大陸、♪世界の車窓から、他カーペンターズ系をよく弾いています。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

私がビートルズって意外でしたか?(笑)。
ビートルズとベイシティローラーズ経由で、KISSに走る、そんなパターンが多かった世代ですよね。

G・ハリスンのパートは、オリジナルだとあまり目立ってませんよね。
弾き方も不規則で何だか適当な感じだったので、きっちり弾いてみました(笑)。

ところでPRS Paul's Guitarのシングルにタップした音は、テレキャスを意識してるという話を聞いたことがあります。
やっぱり耳の良いrimixさんには分かるんですね。サスがです(笑)。

nobuさん、いらっしゃいませ。

コメントをありがとうございます。
やっぱりnobuさんも「ずうとるび」世代でしたか。話が通じて嬉しいです(笑)。

情熱大陸、世界の車窓から、カーペンターズ・・・ 渋い選曲ですね。もしかしてアコギのアドリブとか?

自分も最初に買ったレコードは、"Let It Be"のドーナツ盤でしたよ。
何だか似たような遍歴をたどってますね。
しかも、"Get Back"は、最初に買った教則本にのってて弾きました。
当時は、全然、弾けなかったのを思い出します。

Joeさんのギター、演奏も音色も60年代っぽいですね。
左の甘い音色と右のシャープな音色、対照的だけど、どちらもエレキギターの本来の音色ですね。いい音です(^-^)

やっぱりBeatlesはいいですね~(^.^)
Rockの初体験は一応Queenですが、
最初に好きになったRockはBeatlesで、
最初に買ったレコードはBeatlesの「Help」でした。
それにしてもJoeさんはすごいですね。
普通にBeatlesを聴いているかと勘違いしてしまいそうでした。

おお、毛色のちがうサウンドきたー
これはこれでなんかハマりますね、綺麗~

こんかいミックスもかなりスッキリサウンドになっててBGMでずっと聞いていたいです

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

ok-rockさんも最初は“Let It Be”のドーナツ盤でしたか! さすが同世代(笑)。
当時はベイシティローラーズとビートルズを同列に語るようなヤツもいて、みんな無知なガキでした(^_^;)

ギターの音はエイジングを意識しました(笑)。今どきのデジタル環境だと、古い音を作る方が難しかったりしますよね。
ビートルズのギターの音って、結構良いですよね。改めて聞いてみて、ちょっとはまりました(笑)。

みにみにさん、コメントをありがとうございます。

みにみにさんも最初のレコードはビートルズでしたか!
入り口がQueenってことは、もしかしてKISSとQueenとエアロスミスが御三家、なんて呼ばれてた頃ですか?
懐かしいです(笑)。

お褒め頂き、ありがとうございます。
コレ、オケは本物の音源なのでギターがイマイチでも雰囲気は出ますよね。それで助かりました(^_^;)

Maggyoさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよ、これはこれでハマります(笑)。
古く聞こえる音でも、ジョンの音は太くてウォームだし、ジョージの音はシャープで切れがある。
これぞビンテージ・フェンダーアンプの威力でしょうか。その良さを再認識しました。

ミックスがスカスカなのに、心地良く聞こえるのは、原曲の良さとアレンジのすごさですよね。
やっぱりビートルズってスゴイです。

Joeさん、始めまして!ご訪問ありがとうございます♪
木更津ご出身なんですね ^^
Get Back いいですねぇ!
ギターの音も演奏もカッコいいです♪
自分もBeatlesはロックバンドをやりだした原点のひとつでして、
この曲大好きで、高校生の頃よくコピーしてました ^0^w 

hakuさん、ご訪問&コメントをありがとうございます。

木更津出身とは言っても離れてる時期の方が多いので、あまり地元のことは知らないんです(^_^;)

hakuさんもこの曲、お好きでしたか! やっぱりビートルズって共通体験ですよね。
私も当時、ロックと呼べるモノはキャロルぐらいしか知らなかったので、
この曲が偉くカッコ良い「本物」のロックに聞こえたんですよね(笑)。

この軽やかな感じ・・・いいですね~
ビートルズは大好きです。

Joeさん左右の両方を弾かれてるんですか?
左側のサウンドとカッティングやソロ、
そっくりで、とてもいい感じです♪

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。ギターはジョンとジョージパートの両方弾いてます。
これ、手数の多い方がジョンなんですよね。ってことはビートルズのリードギターはジョン・レノンだった?(笑)

これを弾いて、あとリッチーエリックボーンさんブログの音源を拝聴して、私もセミアコが欲しくなりました(^_^;)

Joeさん、当方への訪問ありがとうございました^^
この曲、うちのバンドの結成当時にやってました。今でこそBeatlesの曲は全然やってませんが、実は最近もうちょいハード目なアレンジをしてやってみたいBeatlesナンバーがいろいろありまして・・・
普段あんまり聴かないのですが、改めて聴くとやっぱりBeatlesは偉大ですよね~(*´∀`*)

マジェさん、ご訪問&コメントをありがとうございます。

マジェさんのバンドでも、この曲をやってたのですか。拝聴した音源からはちょっとイメージできない感じですが(笑)。
でもビートルズの曲って色々なジャンルの要素が入ってるから、ブルージーな雰囲気にも意外に合うのかもしれませんね。
ハード目なアレンジのビートルズ、ぜひ聴いてみたいです。

私もリンクを貼らせて頂きました。こちらこそよろしくお願いします。m(_ _)m

うう、ジェネレーションギャップを微妙に感じます。

さすがにビートルズのCD持ってますが、入り口ではなかった世代です。
大学の頃に、聞いてないといけないと思いつつビートルズ購入しました。青いのと赤いベストです。
ゲットバックは確かに音数は少なそうですけど、にぎやかに聞こえるのがアレンジと作曲の偉大さですね。日本で今話題のクラシックのゴーストライターとはえらい違いです。

エフェクトとアンシミュの設定もあるのでしょうけど、ポールズギターの音の幅にびっくりしました。甘くていい音がしますね。ミックスまで含めてとても高いレベルの演奏だと思いました。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

やっぱりジェネレーションギャップ感じちゃいましたか(笑)。
念のため言っておきますけど、私もビートルズを知ったのは彼らの解散後です(笑)。
で、その凄さに気づいたのが最近だったりします(^_^;)

お褒め頂きありがとうございます。
Paul's Guitarは確かに音のバリエーションが多いですね。とりあえずコレ使えば何とかなります。
Paul's Guitarを入手してから、P24の登場回数がめっきり減りました。

ビートルズはYouTube、きびしいのですかー(゚Д゚)
アーティストによって違うので、困りますねぇー
ゲットバック、ギターの先生が「タテノリ」の説明だったかな
そのときに弾いてくださって、「かっちょーえー!」とあこがれたのです。
バッキング弾いてみたい。ゲットバックだけに…って意味不明(^^♪
Joeさんのギターはオケとなじんでいて、気持ちよく聴かせていただきました(^O^)/

ビートルズですか。ここを持ってこられるとは思ってなかったです。
しかし、完成度が高いですね。音を含めてよく出来ています。さすがJoeさん!(^.^)

洋楽の入り方は世代的に良く似てますね。自分も似たような経緯かな。同じころにサンタナの哀愁のヨーロッパなども流行っていて、エレキギターというものに惹かれる元になったかもしれません。
当時の音楽情報のひとつは土曜日にやっていたFM番組「ポップスベストテン」でした。ロックだけじゃなくいろいろと聞けたのは良かったです。

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

そうなんです。YouTubeはビートルズも厳しそうです。この曲も速攻ブロックでした。
でも、同じような映像がたくさん公開されてたので、もしかして、と思って放置してたら、やっぱり見られるようになりました(笑)。

私もこの曲、ジョンレノンのタテノリ・バッキングが好きです。ゲットバックだけに・・・(゚▽゚*)

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

やっぱりビートルズって意外でしたかね(笑)。
でも、この音とプレイ、ちょっと再現してみたいと思わせますよね。弾いていて楽しかったです。

当時のサンタナ、私もあこがれました。最初に買ったエレキがYAMAHAのSGだったのは、サンタナが使っていたからです(^_^;)
そうそう、当時の情報源はラジオでしたよね。あと「ぎんざNOW」でやってた洋楽ベスト10のコーナーとか。
クイーンやKISSの映像を初めて見たのは、あの番組だったと思います。
懐かしい・・・(* ̄ー ̄*)

ビートルズいいですよね。
初期の頃の初々しさから後期頃の渋さまで、様々な魅力が満載
で飽きることが、現代音楽は、すべてビートルズがやり尽くして
いるという話も聴きますし、この呪縛から解き放たれた曲を作る
のは至難の業だと思いますね^^;

ひょい。さん、コメントをありがとうございます。

確かに、どんな曲でも、必ずビートルズのレパートリーの中に似ている曲がありそうな気がします(笑)。
やっぱりビートルズってスゴかったのですね。

ギターも同じで、どんなフレーズでも、過去にクラプトンやジェフベックあたりが、すでに弾いてたりします。
でも、パターンは同じでもアレンジ次第で全く違う印象になるギター、ロックミュージックって、逆にスゴイかも(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/54905477

この記事へのトラックバック一覧です: Get Back!!:

« BallじゃなくてBowl | トップページ | クレカとビデオ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ