たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 08GP オヤジギター・プロジェクト | トップページ | 08GP “The Evil That Men Do” »

2014年1月11日

Suhrのギター


久しぶりにギター紹介なんぞを。
Suhr Standard Pro S3、
サー・スタンダード・プロのタイプS3。
前回アップした08GP版“Aces High”は、コレ使って録りました。


140101_2


ギブソン、フェンダーに次ぐアメリカのメーカーと言ったら
PRSかSuhrだと思ってる。
最近PRSばっか使ってるけど、実はストラトシェイプが好き。
だからSuhrのギターは、ずっと気になってた。

Suhrにはオーダーメイドの「カスタム」と、
基本スペックで作られた「プロシリーズ」ってのがあって、
プロシリーズの方が3割ぐらいお安い。
このS3は、ローズ指板で普通のトレモロのタイプ。

S4はメイプル指板、S5はローズ指板でロック式トレモロ、
S6ならメイプル指板でロック式トレモロ・・・
そんな具合のタイプ分け。

「スタンダード」ってのはストラトシェイプのモデルで、
他に「モダン」シェイプの24Fモデルもある。
モダンの方はM5、M6とか言って分けてるらしい。


140102


色は“Trans Blue Denim Slat”。
ボディはバスウッドでメイプルトップ。
例によって青いギター選んでみた。

写真じゃ分かりにくいけど、ピックガードはパールタイプ。
ブリッジは日本のGOTOH製の2点止め。
ツマミはマスターボリュームとマスタートーン。

ピックアップはSSH構成でSuhrオリジナル。
音は、当たり前だけどストラトっぽい。
これまで使ってたクラプトン・ストラトって、ピックアップが
見た目シングルでも、縦に2つ繋がってるスタックなので、
パワーがあって、ちょっとストラトっぽくない音。
そいつと比べると
「あ、あ、あ、こ、こ、こ、これが、ストラトの音なのね~」
と、妙に納得の枯れた音なんであります。


ネック裏はサテンフィニッシュで抜群の手触り。
もう史上最高のサラサラ感。
ステンレス製のフレット、標準装備のエリクサー・コーティング弦との
組み合わせがスーパーマーベラス。これは病みつきになる。


裏はこんな感じ。


140106_2


ネック止めてるプレート部には角度が付けられてて、
ハイポジションが弾きやすくなってる。


140107


ペグはロック式。
ストリングガイドはないけど、ペグのアタマがだんだん低くなって
テンション稼いでいる、今どきのタイプ。


140104


140105


PRSがレスポールの進化型なら、
こっちはストラトの進化型。
そんな気がする今どきのギターであります。


140103





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








« 08GP オヤジギター・プロジェクト | トップページ | 08GP “The Evil That Men Do” »

コメント

これでしたか。
以前から狙ってらしたですよね。
狙った獲物は逃さない?(笑)

記事を拝見するとエラくお気に入りみたいですね。
やっぱり良い品なのか…

ネックの仕上げが気になりますね。

エリクサーって、ダダリオの様にボールエンドに色がついてるんですね~高い弦なので使ったことがありません。

ロック式ペグも魅力です。
弦の交換がやりやすそうです。

これなら、ロック式じゃなくても狂いは少なさそうですね。

大事になさってください。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

お察しの通り、コイツは前から狙ってました(笑)。
Suhrのギターって、フェンダー・カスタムショップより安価だけど、
クオリティは同等だと言われてますよね。確かにそう思います。
PRSとは違うタイプのギターですけど、持ち替えても違和感がないのは、
同じレベルの品質だからだと思います。

エリクサーは私も普段は使ってませんけど、このネックとの組み合わせは、
何とも言えない弾き心地です。
簡単には張り替えられないので、長持ちするよう弾いた後ちゃんと弦も拭いてます(^_^;)

Suhlのギターもお持ちでしたか!
楽器屋さんへ行くと、PRSと並んで高級品コーナーにありますよね。
そんなギターを両方とも持っているなんて、、、スゴイ!
木目も凄いですが、落ち着いた青でいいですね。
買って部屋に飾りたいです(笑)

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

いやいや、Suhrのギターは、フェンダー・ギブソンの両カスタムショップ製よりも安価なので、
高級品ってほどではないと思います(笑)。
オーダーメイドだと、お高いのもありますけど、コレはプロシリーズですし。

色は、もっと濃い青もあるのですが、このデニムスレートはSuhr特有の色ですし、
ギターのキャラに合ってると思ったので選んでみました。
でも写真で見るとPRSのPaul'sGuitarとほぼ同じ色ですね(^_^;)

ニューギターですね。おめでとうございます。
Suhrを選ばれるところがJOEさんらしい気がします。
僕ならトムアンダースンかもしれません。

サーギターは日本ではめったに流通してない気がします。ヤフオクとかネットでたまに見かけるくらいで、実店舗ではおいてるところは珍しいと思います。なので十分希少価値が高いかと。
ロック式ペグは弦交換が楽ちんですよね。PRSもロック式ですよね。
エリクサーは確かに高いですけど、その分長く持つので僕は全てエリクサーです。ピックとの相性でスクラッチ音が鳴らしにくかったりしますけど、エリクサーはほんと素晴らしいと思います。

ギターが増えるとそれだけで部屋にこもってしまいますよね。(笑)

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

トム・アンダーソンも良いですよね! トムアン買えるならオーダーメイドで欲しいです(笑)。

こちらでもSuhrのギターを置いてある店は少なくて、ある店でも本数はわずか。
Suhrはネットでの販売がメインですね。これもネットで買いました。
トムアンの方は、もっと少ないです。ネットでも、ほぼ早い者勝ち。すぐに売れてしまいます。

エリクサーってお値段3倍ですけど、「3倍長持ち」が売りだから、実は費用対効果は釣り合ってるんですよね(笑)。

オールマイティーな感じのギターですね。
見た目からは「Aces High」のギターのイメージじゃなかったけどしっかり対応できるギターなんですね。

弦は自分もエリクサーです。SITもちょっと気になっているんですが、在庫がまだあるんでしばらくはエリクサーですね。

こんばんは、お邪魔します。
Suhrのギターは御茶ノ水の楽器店でもよく目にしていました。
綺麗なギターですよね。
ストラト系はほとんど弾いたことがないのですが、いずれ一本は欲しいですね。
シングルのクリーントーンも曲に入れたくなるんです。
セミアコ~フルアコ~の次に・・・・。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

確かに見た目のイメージは、ヘビメタとは違いますね(笑)。
メイデンの2人が使ってるのは、PUがSSHのギターだったので“Aces High”でもコレを使ってみました。
まあ、ヘビメタやるにはパワー不足って感は否めませんけど、ネックシェイプが良くて弾きやすいから、ヘビメタフレーズやるには良い感じなんですよね。

音うんぬんよりも、弾心地に惚れてます(^_^;)

nobuさん、またまたコメントをありがとうございます。

Suhrが人気になったせいなのか、ストラトタイプは、こんな、虎目トップでスクレイプド・バインディングってのが増えましたよね。
このスタイルが主流になっているような気がします。

PUがSSHなので音のバリエーションも多く、頼れる1本です。
このタイプのギターが一番多く出回っている理由が、よ~く分かりました(笑)。

サーと呼ぶのですかー
そういえば、持ってる人、見かけたことあるような気がするんですが
(私のやっている会で)
「さー?」「┐(ΘェΘ;)┌ さぁ~?」と
何のことやら、わかんなかったような(#^.^#)
頭にインプットしますね
ストラトの進化型という説明、わかりやすかったです♪

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

はい。「サー」と読むようです。
ヘッドフォンやマイクで有名な「シュア」(Shure)とよくこんがらがってます。

フェンダーやギブソン以外にも、今どきのブランドであるこのメーカーや、
あと「ジェームス・タイラー」とか、そこら辺も押さえておくと、「こいつ詳しいぞ」なんて思ってもらえるかもしれません(笑)。

お、おお「サー」って読むのですね
たしかにヘッドホンの「シュア」のせいでシュアーって呼んでました、面と向かって誰かに言う前でよかったですw

しかし、すごい模様ですね、かっこいい!
私はまだ本当に演奏したいジャンルやバンドが定まってないので、オールマイティなギターほしいですw

地味に大事なパーツが日本製でちょっとうれしかったり、、

Maggyoさん、コメントをありがとうございます。

サーのギターは、トップのトラ目がきれいなのが多いです。それも人気の理由かもしれません。
Maggyoさんご所望のフェンダー・アメデラも、これと同じスタイルですよね。
PRSと比べると、音が軽い感じですが、ボディも軽いし、音のバリエーションは多いし、重宝する1本です。

ゲット!!おめでとうございます。
バーサタイルなSSH、私はコンポーネント系は1本しかございませんが重宝しております。
ネックのサテンフィニッシュはたまりませんよね。カラーリングもナイスです!!

yoshiさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよね。用途が広い万能タイプといえば、SSHでアーム付き、そして軽いこのスタイルがベストなんじゃないかと思います。

PRSやごっついアーム付きに比べると、コイツは、いつも手元に置いといて気軽に弾ける、そんなイメージもあって、ホントに間口の広い優等生なヤツです(笑)。

私は、古いタイプのギターしか知らないのですが、
Suhrは最新技術を投入したギターなんでしょうね!

ネック止めてるプレート部に角度があるなんて
EVHの非対称ネック(弾いた事無いです)以来の
どんな弾き心地なのか、まるで想像ができません^^;

全ての精度がとても高いんでしょうね!

08GPも楽しい企画で今後も楽しみにしています。

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

コレ、弦高がとても低いです。低いのにほとんどビリつかないです。その辺にも精度の高さを感じます。
プレート部に角度が付いているのは、おそらく今どきのプレートがないタイプに対応した処理かと。
Suhrもモダン・タイプはボルトのみでネック止めてますし。
あと、ボディのハイポジション側も角が削られていて弾きやすいです。

コレ弾いちゃうと、レスポールはもう弾けなくなりそうで怖いです(^_^;)

08GP楽しいですよ! リッチーエリックボーンさんもご一緒しませんか? 是非ぜひぜひ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/54565598

この記事へのトラックバック一覧です: Suhrのギター:

« 08GP オヤジギター・プロジェクト | トップページ | 08GP “The Evil That Men Do” »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ