たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 1993 | トップページ | ホリデーシーズン »

2013年12月 4日

JHS SuperBolt


もう12月なんです。
ってことはもう幾つか寝ると2014年。
子供の頃は1999年までしか生きられないんだと思ってた。


P1040338_2

前にも書いたけど、
JHS PEDALSというブランドも好き。
ピンポイント狙いのペダルが多くて好感持てます。
コレ、“SuperBolt”も同じで、
60年代の“Super O”というアンプの音を再現したモノ。

このアンプ、かのジミー・ペイジ大先生がツェッペリンの
1stアルバムでお使いになったそうで、
これはもうかなりそそられるシロモノなのです。

P1040321

シンプルなデザインもJHSの特徴で、
ツマミはボリューム、トーン、ドライブの3つ。
(最近のはツマミの下に文字が入ってるみたい)

音は、正にビンテージの歪み。
マーシャル系と違って、フェンダーアンプの歪みに近い感じ。
トグルスイッチはハイ・ローの切り替えで
「ローだと音量が激減」というありがちなのと違って、
同じ音量でゲインだけ下がるのがステキです。

おもしろいのはボリュームあげると歪みが増すこと。
ゲイン上げただけだと、あまり歪まないけど、
ボリュームツマミも上げていくと、だんだんホットに。
楽しいです。ホントのアンプ使ってるみたい。
60年代の歪みやるなら、コレはオススメ。

パッケージはこんな体裁。
クリスマスっぽい真っ赤な緩衝材使うセンスが好きです。

P1040330


このペダルを使ってお約束の曲を。
“Good Times Bad Times”。

ジミー先生の録り方って凝ってますよね。
重ねたギターは左右で微妙に弾き方変えてるし、
ギターソロの音は、毎回エフェクト盛ってるし。

この曲もソロのギター音が絶妙で不思議。
再現すべく試行錯誤したけどなんか違う。
で、ネットで調べたらウィキペディアに載ってて、
先生はこの曲でレスリースピーカーを使ったらしい。

という訳でソロは、ペダルで歪ませてLINE6 M5の
レスリースピーカーエフェクトを使ってみた。

ギターはPRS Paul's Guitar。
この曲はテレキャスターで録ったそうなので、
PUはシングルにタップして使いました。
オケは、カラオケバージョンで入手したモノなので、
ボーカルがモノ足りませんがご了承ください。
ドラムの音もモロに打ち込みっぽいですが、
一応60年代の音を心がけてみました。





音は似てますかね? 微妙だな。

この曲、再結成ライブ“Celebration Day”でもオープニングでした。
ボーカル対策なのか、1音下がってたけど、
それが低音の迫力を増すことになってカッコ良かったです。

私の音は迫力全然ないですけど。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 1993 | トップページ | ホリデーシーズン »

コメント

ペイジ先生ですね。
来年は、クラプトン先生、ジェフベック先生の来日が決まって、すでにチケットはプレミア状態です。
ペイジ先生にもぜひと思いますが、無理ですよね。

バッキングはPRSの音(ハムの音)かなと思いましたが、ソロはテレキャスと言われたらそうかもと思いました。これがレスリースピーカーの効果ですかねぇ。

前回、リマスターだとすると今回は初回盤みたいなミックスですね。かなり雰囲気出てると思います。

にしてもみなさんコンスタントにアップされて感服します。

渋~い音ですね!
ビンテージって表現がすごくしっくりきます、これ系はウチの安マルチだとぜんぜん抜けてこなくて、ツブもシャリシャリしてて使い物にならないんですが、
さすがにいろいろモノがちがいますねwしっかり輪郭もあるし前にでてくるしかっこいいです

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

雰囲気出てますかね? ありがとうございます。
オリジナルは、もっとエグイ感じでエフェクトが効いているのですが、なんか普通の音になっちゃいました(/_;)
セレブレーションDayでも、コーラスだかフェイザーだか効かせた音でソロ弾いてたから、ジミー先生は揺れ系エフェクトが好きなんでしょうね(笑)。

クラプトンさんもベックさんも、チケットはプレミア状態ですか。
クラプトンは2回、武道館に見に行きました。その時は普通にチケット取れました。
・・・約20年前の話ですが(^_^;)
ペイジ先生は、プロモーションでしか来日しないですよね。
まあ70歳近くになってツアーやってるクラプトンの方がスゴイんだと思いますが(笑)。

Maggyoさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。
軽い歪みって、音を作るのも弾くのも難しいですよね。
薄っぺらい音になりがちだし、演奏のアラはごまかせないし。
なんで、こんな良い感じの音を出すエフェクターはありがたいです(笑)。

これまでヘヴィ~な音が中心だった反動か、最近は渋いビンテージ系の音に惹かれてます。
ハンバーガーより温かいソバが食べたい季節ですし(笑)。

1999年迄って、人類滅亡説ですか?
私は成人してから知ったような気がします…
って、どこに食いついてんだか。(笑)

今回の曲は、また古い曲ですね~。
似てますね、デジタルリマスターした感じですね。
しかし・・・レスリーSP使ってたのは知りませんでした。
フェイザーでトレモロ感を出してる?と思ってましたよ。
ソロ部のパンも再現してるなんて、芸が細かいですね。(*^^)v

いつもながらバッキングのタイミングがばっちりですね。特に今回は歪が少ないのでより正確にタイトに聞こえます。
SUPERBOLT、本当にオールド・アンプのような音ですね。カッコいいけど、ごまかし聴かなくて自分には難しそうです。
実はツェッペリンは全く詳しくないのですが、改めて聴くとソロの音色とか確かに解明不可能ですね。Joeさんの演奏もワイルドなチョーキングとかかなり近いです。カッコいい!

rimixさん、コメントをありがとうございます。

ハイ。ノストラダムスさんの言葉を信じておりました(笑)。

ギターソロは私も最初、フェイザーとワウを使ってみたのですが、なんか違う。で、レスリー使ったらこんな感じになりました。
でもまだ違うような・・・(^_^;)
ペイジ先生の音ってなんだかよく分かりません(笑)。

パンの移動なんて細かいとこまで聞き込んで頂き、ありがとうございます(笑)。

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

お褒めの言葉、恐れ入ります。m(_ _)m
ペイジ先生は、ギタープレイも良いですが、音の録り方やギターの重ね方もカッコイイですよね。
おっしゃる通り、オーバードライブ系の歪みだとごまかしがききません。その分気を遣います(笑)。
でも軽い歪みの方が録るとキレイに聞こえますよね。
ジミー先生みたいな人の演奏だと、ピッキングのニュアンスまで聞き取れて、気持ちいいのですが、私の演奏だと・・・(^_^;)

わぁー、Good times bad timesだー!
スタジオでちょい弾くことになって、リフのところ練習したら
右手のピッキングが難しい!
今は移民の歌で苦労してるし、ノリよく、リフをオリジナルに似せて弾くのが難しいことを知った2曲です。
Joeさんは、そこをスルスルーとこなされてますね\(^o^)/
憧れますshine

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

スミマセン、ネタが被ってしまいましたm(_ _)m ツエッペリンの初期で他に弾けそうな曲がなかったモノで・・・(^_^;)

ほめて頂き、ありがとうございます。でも全然スルスルーじゃなかったんです。
結構、いや、かなり練習しました(^_^;)
おっしゃるとおり、ジミー先生はピッキングが難しいです。変則的な動きが多いし、かなりチカラ込めてるように聞こえるし、そこら辺を意識しないと雰囲気が出ない・・・(@Д@;
でも、ツエッペリンの曲ってギターの重なり方がカッコ良いので、録ってて気持ちよいんですけどね(笑)。

改めて聞き比べましたけど、かなりイイ線いってますねぇ。(^.^)

古い雰囲気がばっちり出てます。ピンポイントで狙った製品だけありますね。
もちろん演奏のほうも本物かってくらいバッチリだからですけどね。
ソロのところは独特の間というか引っかかりみたいなところを再現するのは超ムズな感じです。

昨日、Player誌を買ったんですけど、それにJEFF'S BOOGIEの譜面と解説が載ってました。
ん?次の前フリかと思っいました? やってみたいのはやまやまですが、コレは無理っぽいです。(^^ゞ
Joeさん、お願いします。m(__)m

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございますm(_ _)m
80年代以降の音も好きですけど、この頃の音も味があっていいですよね。
自分にとっては、まだまだ未開の領域なので、とても新鮮です。
特にジミー先生はいろいろと凝っていて、古さを感じさせないのが良いですよね。

そうそう、ジミーさんはミスなのか故意なのかよく分からん弾き方が、多々出てきます。
そのあたりを聞き込むのも、また楽しいのですが、自分で弾くとなると、おっしゃる通りニュアンスを再現するのは超ムズです(笑)。

Jeff's Boogieですか? そ、それは無理です。
と言うか、テイルピースさんが出来ないモノを私が弾ける訳ないじゃないですかぁ~\(;゚∇゚)/

この曲好きです。大音量で聴くとヘヴィな曲に感じてます。
ソロでレスリースピーカーを使ってたとは初めて知りました。
このエフェクターはジミーペイジのサウンドを狙ったものなんですね!
クリスマス用の緩衝材も嬉しい演出です。

さすがとても雰囲気のあるサウンドです。
何よりJoeさんのソロがとてもいい感じでカッコイイです♪

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。m(_ _)m
私もこの曲好きです。まさに「オープニング」という感じで、期待をあおる曲ですよね。ジミー先生の音もカッコイイですし。
ツエッペリンは古さを感じさせない音とアレンジなので、録音するにはおもしろいですけど、難易度も高いです。

あっ、パッケージの赤い紙の緩衝材は、クリスマスだからではありません。通常の仕様です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/54142103

この記事へのトラックバック一覧です: JHS SuperBolt:

« 1993 | トップページ | ホリデーシーズン »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ