たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« パリジェンヌ ~ゲイリーとティミーと、時々、カルロス~ | トップページ | クリスマスとか »

2013年12月20日

Guitars of the Rich and Famous


最近、あまり本屋には行ってない。
行っても英語の本ばかりで読めないし。
で先日、久しぶりに本屋に行ったら、目を惹く本が。

思わず買ってしまったのがこの本、
“Guitars of the Rich and Famous”

P1040376_2_2

コレ、著名ミュージシャンが使ったギターを紹介した本で、
“Guitar World”という雑誌の別冊です。

裏はこんな感じ。

P1040380_2


いろいろなミュージシャン&愛用のギター、関連するギターが
紹介されてます。
正直、私めの英語力では、読むのが大変、と言うか、
おそらく正確に意味を理解できない状況でありますが、
写真メインの構成なので、使い込まれたギターの写真を
見てるだけで楽しめまする。

P1040384_2_2


“Rich and Famous”ってタイトルなんで、
出てくるミュージシャンは、お年を召した方々ばかりなんだけど、
皆さんとてもステキな表情。
年季の入ったギターとの対比が、とても興味深いのであります。
「こいつと一緒に歳を取ってきたぜぇ」という
かっちょ良いセリフが聞こえてくるよう。

P1040390_2


これはダイジェストの雑誌版だけれど、
豪華な製本版もありますた。
あれはインテリア用途に違いない。
小口が金色なんて本、久しぶりに見た。

重くてでかくて高かったから買わなかったけど、
いつか、りっぱなおとなになって、おおきなおうちに、
すめるようになったら、
書斎のインテリアに欲しいです。


日本のアマゾンで探したら、
ありましたね、重くてでかくて高かったバージョン。
リンク張っときます。
立派な書斎をお持ちの方には、インテリアにオススメ。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




« パリジェンヌ ~ゲイリーとティミーと、時々、カルロス~ | トップページ | クリスマスとか »

コメント

ロック・ギタリストなら、その表紙を見たらレジに走らざるを得ませんね(笑)
59年レスポール、憧れますね。
本物のオールド・ギターって弾いたことありませんが、やっぱり違うんでしょうかね?
Joeさんなら書斎に本というより、高級ギターを並べる部屋の方が良いかも(^-^)

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

そうなんです、表紙のフランケンを見て「これは買わねば」と即決でした。
実は私もヴィンテージギターは弾いたことがありません。
でも、この本を見ていると、インテリア用に古いのが1本欲しいと真剣に思えてきます(笑)。
ギター並べる部屋があったら、絶対に買っちゃいますね(^_^;)

あ、あぶないw
私はギター出遅れ組なのでギリギリ魔力にやられませんでした(笑)

ただ、いまはギターの疑問や種類にどんどん興味がでてきて画像眺めたり、仕組みをググったりしてる年頃なので
ギターの図鑑ってだけでちょっと欲しいですよね

Maggyoさん、コメントをありがとうございます。

私もヴィンテージの知識はほとんどないのですが、それでも魔力にやられてしまいました(^_^;)
私が買ったのは雑誌版ですが、豪華製本版は、正にギター図鑑です。
子供の頃、買ってもらった「ウルトラ怪獣大百科」のページをめくるときの、あのワクワク感、高揚感が味わえます。
でも、コレ読んでも、演奏のプラスになることはほとんどないんじゃないかと(笑)。

コレは!

うむ~、惹かれます。本に載っているギターならどれでもいいから欲しいですね。まぁ、無理ですが。(^^ゞ

でも、59年のレスポールなんてのは絶対に無理ですが、いつかは60年代後半のSGとか欲しいです。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

テイルピースさんはSGをご所望でしたか。ちょっと意外な気もします(笑)。
この雑誌の中だと、SGはエリック・ジョンソン所有の64年製とトニー・アイオミ使用の67年製レフティーが載ってます。
ジミー・ペイジがジョー・ウォルッシュから500ドルで買ったという59年レスポールも載ってました。
今では10万ドル以上の値が付くのだとか\(;゚∇゚)/

ギター図鑑ですね?(笑)
紹介して下さったページは、ジェフ・ベックとエースフレーリーですね。
エースのギターのしたにあるのは、当時着てた衣装でしょうか…
記事が英語なのが残念。
どんな事が書いてあるのか、内容が気になります。(^^)

rimixさん、コメントをありがとうございます。

そうです、写真はジェフ・ベックとエースのギターです。
エースの記事の内容を私なりに理解したところによると・・・

このギターはKISSの初期から使っていたもので、燃えているように見えるよう、改造してある。
ハロゲンライトとスモーク装置が内蔵されていて、実際に火も出た。
リズムPUは使わないので、リズムPUのVoとトーンのツマミが、装置のトリガーになっている。
その装置がかなり熱くなるので、ネックはよく曲がり、フレットも何度か打ち直した。

大体そんなことが書いてあるような気がします(笑)。

予想外にこれは食指が動きませんでした。
一番、つられそうなのが僕な気がしますが。(笑)

ストラトを弾いてて思うのですが、僕にはヴィンテージ系の音は苦手です。しっかり、ピッキングをしないと音が出ないし、ピッキングの粒がそろわないので、30%減くらいの下手さが露呈してしまいます。
何が言いたいかというとなのでヴィンテージ系のギターはあまり食指が動かないのです。(内心ほっとしてます。)
 やっぱりパワーのあるハムが一番です。

今、ヤングギターが12月に出版したジェイク本を熟読してます。裏にジェイクモデルの広告が。。。シャーベルのシグネチャーモデルです。38万円。。。

今日は薩摩さんでギター忘年会に参加してきます。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

ハードロック・ヘビメタ系指向のギタリストは、ヴィンテージ・ギターを使わないイメージがありますね。
ウッソさんも同じでしょうか(笑)。
確かにヴィンテージは扱いも難しそうだし、今時のギターに比べると弾きづらいですよね。
私もPRS弾いた後、クラプトン・ストラトを弾くと、急に下手になったように感じます。
でも、そうやってラクをしてきた「ツケ」が、今、来ているような気もします。
自分の演奏を聞くと、つくづくそう思います。「ボロ」が出まくりです(^_^;)

表紙のギターはさすがにわかりましたが
あとは、皆さんのコメント拝見して、へぇーっとか(#^.^#)
年季のはいったギターって素敵ですね♪
私も2本に「辛抱しててね」と語りかけて
本来の音を出せるように練習していく日々です(^O^)/

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

私もロックの歴史やヴィンテージギターに関する知識には疎いので、コレ読んで勉強してます。
・・・と言っても英語なんで半分も分からないのですが(^_^;)

ギターって、100%の能力を引き出せなくても、たくさん弾いてやれば、それで良いんじゃないですかね。
・・・なんて言うのは自分への言い訳だったりしますけど(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/54318381

この記事へのトラックバック一覧です: Guitars of the Rich and Famous:

« パリジェンヌ ~ゲイリーとティミーと、時々、カルロス~ | トップページ | クリスマスとか »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ