たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« Sunshine Of Your Love | トップページ | パソコン復活か? »

2013年11月15日

Amptweaker FatRock

独断で言わせてもらえば、アメリカの3大エフェクターメーカーは
“WAMPLER”と“JHS”、そして“Amptweaker”だと思う。

Amptweakerはモデル数は少ないけれど、
どれもかなりソソられるペダルばかり。
ボードに組むことを前提に作られたコンパクトなモデルが多い昨今、
存在感のある重量級デザインにも好感が持てます。


P1040277

そんなAmptweakerの“FatRock”をば。
これ、前に書いた“TightRock”の別バージョン的位置付けか。
その名のとおりTightRockよりも、かなり「ファット」。
分厚くて太い音です。
TightRockとゲイン幅は同じで、音を中音域寄りに厚くした感じ。

こいつにもオンの時に有効になる「EFXループ」と、
オフ時に有効になる「Side Trakループ」が付いてます。
ってことはTightRock同様、メインに持ってこられるペダルですな。


P1040282


じゃあ、こいつのサイドループにTightRock繋げて、
更にTightRockのサイドループにもう1個歪みペダル繋げば
回る回るよループは回るで、ちょっとおもしろそう。
私はやりませんけれども。


518ndtrijtl_2

コイツを使って1曲。またまたアイアンメイデン、
“The Wicker Man”を。
これ、2000年の発売で、エイドリアン・スミス再加入で
ギター3本体制になったアルバムに入ってる曲です。

祝エイドリあ~んってことか、リードは全部スミス氏が弾いてる模様。
ってことは、メイデン録る時にいつもネックになる
デイブ・マーレイ御大のトリルだかスリルだか、
よく分からん速弾きが無いから楽勝じゃん!
なんて安易に考えた私は甘かったあまちゃん。
実際にコピーしたら、じぇじぇじぇのジョーでありました。


オケは“KARAOKE VERSION”から入手したモノ。
ギターはPRSのPaul'sギター。
試しにリードと左側のバッキングを“FatRock”で
右のバッキングを“TightRock”を使ったんですけど、
違い分かりますかね?

今回はアンプシミュにGuitar Rig (Ver.4)使ってます。
なぜか、AmpliTubeがしっくりこなかったんです。





スミマセン。これまた微妙な出来であります。
特にリード部がかなり怪しいけど、これでも一生懸命でした。
このギターソロ、楽譜はあてにならんしよく聞こえんし、
めっちゃ速い箇所もあるし。
・・・と、いつもの言い訳させてもらってます。

もひとつ言わせてもらえば、
あまりオリジナルを意識せずに好きにミックスしたんで
まったく別物の音になっちゃいました。
迫力に欠ける、かなりライトでマイルドなダイエットミックスです。
でもこんなキンキンな音も、ある意味「メタル」なんだ!
と開き直ってみる。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




« Sunshine Of Your Love | トップページ | パソコン復活か? »

コメント

かっこいい音ですね、元からこんなに粒立ちというか分離感いいんですか?
やっぱり単独のペダルは性能が段違いですね、、
あ、でもウチのギターじゃダメかもしれないですね、むずかしい

左右のギターの音の違いも最初に言われてたのでわかりましたw
ただ、どちらか片方あれば満足してしまいそうです、、個人的には左のほうが好きです

Maggyoさん、コメントをありがとうございます。

私も、歪み作るには、デジタルよりアナログの方が良いような気がします。
空間系エフェクトはデジタルが好きなんですけど、歪みは、まだアナログの方に分があると。
でも、この音もペダルの後にアンプシミュを通したので、結局はデジタルなんですけどね(笑)。

左右の違い、分かっていただけましたか!よかったです(笑)。私も左のFatRockの方が好みです。
おっしゃる通り、どっちか片方で十分で2つは要らないですよね。
私は、TightRockを前から持ってて、お気に入りだったので、新しく出たFatRockにも飛びついてしまいました(^_^;)

トリプルになってからの曲でしたか。
初めて聞きました。
いやいや、なんでもやっちゃうんですね。
それにこの完成度!凄いわ~

左右の音は、言われないとイコライザー?と思ってしまいそうです。
どちらにせよ、良い音ですね。
2種類使ってるので、音に厚みが出てると思います。

エイドリアン・スミスは作曲するので、提供曲が多かったのではないでしょうか。
自分で作った曲は、自分でソロやりたいですよね?(笑)

アイアン・メイデンは最新作を除くと最近のは聴いてないで、この曲も初めて聴きましたが、メイデンらしくてカッコ良いですね。
メイデンらしくたくさんのギターが入っているので、録音は大変そうですが、綺麗に録れてますね。左右のバッキングがぴったり合ってて気持ち良いです。
音色は確かにドンシャリでメイデンっぽくないですが、クリアで今風で聴き易いですよ。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。自分では完成度イマイチなのですが・・・
まあ、何を録っても完成度はイマイチなんですけどね(^_^;)

この曲は、なぜか“KARAOKE VERSION”のサイトにオケがあったので録ってみました。
アイアンメイデンは、まともなオケが少ないので選択肢がほとんどない・・・(/_;)
良いオケがあれば全部録る!ぐらいの気持ちです(笑)。

お察しの通りバッキングはEQも掛けてるので、その違いも出てると思います。
バッキングだと違いは分かり辛いですが、リード音だと、かなりTightRockとFatRockは違いますね。
アイアンメイデンやるなら、FatRockの方が合う感じです。
ヴァンヘイレンとか、モダンハイゲイン系やるなら、TightRock、クラシックメタルやるなら、こっちですかね。

ok-rockさん、コメントをありがとうございます。

やっぱりこの曲はマイナーですかね(笑)。
おっしゃる通り、この曲はバッキングのダウンピッキングが効いてて、その迫力がアイアンメイデンっぽさを感じさせます。
実はダウンピッキングは苦手で、この曲でも細かく分けて録りました。1曲続けてのダウンピッキングは無理なんです・・・(^_^;)

ドンシャリ! そうですソレです。オリジナルと自分の音との違いを、なんて表現すればいいのかって考えてたんですよ。
「ドンシャリ」って言葉がピッタリ来ます。ご指摘ありがとうございました(笑)。

すごい音質の良さですね。前から思ってましたが。prs+ペダルの底力+演奏テクニックの結晶ですね。2分48秒くらいからの速弾きもかなりなスピードですね。合計3トラック分の録音なんでしょうか?
カラオケってどうやって作るんでしょうか?ヴァンヘイレンは片側にしかギター入ってないので片側にパンしたら簡単にカラオケになるってネットで見たことあります。でもそれ以外の曲は不可能ですよね。邦楽にいたっては、ほとんど存在しないですよね。
オジーのmam i'm comin homeで僕も多重録音に挑戦してみます。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございますm(_ _)m
録音ではギターは4トラック使ってます。左右のバッキングに、リード部が2トラックです。
バッキングが2トラックでリードが1トラックだと、音が負けちゃうんですよね。なのでリードも同じトラックをもう1本増やしてます。

今回のオケは、各パートを個別にダウンロードして、それぞれ1トラックずつ使いました。それでミックスしたのでオリジナルとは全然違うモノになっちゃいました(^_^;)

自分でオケ作るときは、EQでオリジナルの中音域をゴッソリ削って使います。ボーカルも消えちゃうのが難点ですけど(笑)。

この曲は今回初めて知りました。
今回のオケは、各パートを個別にダウンロードされてるんですね!

さすがの仕上がりで、ギターソロの音が好みのサウンドです。
でもこれは、けっこうダイレクトな音なので、
Joeさんのテクニックあっての物なのが良くわかります♪

それにしてもJoeさんの歪みへの拘りは凄いです!

リッチーエリックボーンさん、またまたコメントをありがとうございます(笑)。

お褒め頂き光栄です。
でも、実はただのエフェクター好きってだけでこだわっていると言うほどのモノではないです(^-^;
特にこだわっているやり方があるわけでもないし、どんな音でも好きになっちゃうし(笑)。
あと、プレイがイマイチだから、音でゴマかそうって魂胆もあったりします(^-^;

ただこの曲で気を付けたのは、全体のバランスですかね。ギターの音色もそうですが、ボーカルとのバランスや、複数重ねる時のそれぞれの聞こえ方とか、まだまだ試行錯誤の段階です。
奥が深いですよね。だからハマるんだと思いますけど(笑)。

アインメイデンはJoeさんがかっこよく弾いておられたので
CD買ってみよー!とアマゾンでポチしましたが、まだアメリカから
届いてません。どこかで行方不明。(+o+)
よってまだ勉強不足ですが、この曲もかっこいいですねぇー(^O^)/
コピーしてみて、「なんと、難しい…」ということは、しみじみ体感中のMIKIです。
joeさん、じぇじぇっ!でしたか?そう思わせないけど
どんだけ大変だっただろー?と想像します
オリジナルを知らないので、この音がアイアンメイデンだと思っちゃいそうです(^O^)/

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

私のせいでお金を使わせてしまい申し訳ありません・・・しかもまだ届いていないとは・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
アメリカのアマゾンから買ったのですか? アメリカのアマゾンだと、古い曲はCDもMP3のダウンロードも、かなり安いですよね。私もよく利用してますが、まだこないとはちょっと不安ですね・・・(+_+)

オリジナルを聞いたことがない曲を、誰かが弾いてると、本物との違いがわからないから上手に聞こえちゃったりするかもしれません(笑)。
本物はもっと迫力があります。何というかヘビーなのにタイトでキレがあって・・・ う~ん、再現するにはまだまだ修行が足りません(^-^;

今更ながらの遅いコメントですみません。m(__)m

いやいや、さすがです。一言、カッコイイ!(^.^)
実はオリジナルを知らないで聞いたんですけど、Joeさんバージョンで十分カッコイイのですけど。ヘビメタさんではない私にはこの方が聞きやすい音なのかな?

コメントをいただいたオール・ライト・ナウですが、ソロの時にはバッキングギターがなくなるのでソロのあらが目立ってしまうのがつらかったです。(^^ゞ

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

「カッコイイ!」という言葉は大好きです(笑)。ありがとうございます。
でも、オリジナルをご存じないから、そう思っていただけるのかもしれません(^_^;)
ギターの各パートがクリアに聞こえるよう意識したら、こんな軽い音になっちゃったんです。
ギター単独での音作りも難しいのに、曲全体ともなると、もう何がなんだか・・・

オール・ライト・ナウのソロは、粗と言うよりも「リアルさ」を感じました。
ピッキングのニュアンスやビブラートをかける指の動きとか、目の前で弾いているような臨場感がありましたよ。
あの音作りは、参考にさせていただきたいです(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/53938425

この記事へのトラックバック一覧です: Amptweaker FatRock:

« Sunshine Of Your Love | トップページ | パソコン復活か? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ