たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« パソコン復活か? | トップページ | JHS SuperBolt »

2013年11月27日

1993


松原正樹さんも好きだけど、今剛さんも好き。
お二人は日本のギタリスト二大巨頭だと思う。

他のミュージシャンのサポートがメインの今さんが、
自分のバンド(ユニット?)として組んだのが“Battle Cry”。
「1993」は、そのBattle Cryが発表したCDで、
1993年のヒット曲のカバーアルバムです。


1993_2


1993年のヒット曲で有名なのは「夏の日の1993」。
何とも思ってなかったのに、水着姿を見たらその女性に
いきなり惚れたと言う、男のしょうもないサガを歌った曲。

事情をご存じの方も多いとは思いますが
説明させていただくと、
「夏の日の1993」を歌っていたのは「class」という、
日浦孝則さんと津久井克行さんの2人組。

いったん解散した後、津久井さんが新たに岡崎公聡さんと組んで、
活動を再開。ところが、津久井さんがガンで急逝、活動停止に。
残された岡崎さんが、中学の先輩だった今剛さんと組んだのが
“Battle Cry”という訳です。

おそらくCDタイトルに“class with Battle Cry”と入っているのも
とりが「夏の日の1993」なのも、追悼の意が込められたモノかと。
ま、そんな事情は私も知らなかったのですが、
今さんのギター目当てで入手した次第です。


このCD、全曲、アレンジはギターメインですスバラシイ。
ってことは今さんのギターが十二分に堪能出来る訳。
歪みサウンドからクリーン音のカッティング、アルペジオ、
さらにはアコギやスティールギターまで、
あらゆる今剛さんサウンドが網羅されてます。

全部好きな音ですサイコーです演奏ももちろんステキ。
「慟哭」のイントロ聞いただけで、泣けてきました。

曲全体のアレンジも、なんだか懐かしい感じ。
80~90年代の音とアレンジですよねコレは。
まさにバブル期、AORなんてのが流行ってた頃を彷彿とさせる、
タイトルは「1993」だけど、アレンジは「約1985」な感じであります。

難を言えばボーカルか。
もともとカバーって、オリジナルの声のイメージが強いから、
ボーカルはかなりハンディがある。
ましてやこのアルバムは、ギターが強烈に目立っている訳で、
ボーカルは完全に負けてます。
徳永さんとか稲垣さんとか、あるいは澄んだ女性の声とか、
そんなボーカルだったら良かったかも。


一応、YouTubeのリンク張っておきます。
かなり短いですが。





このBattle Cry、メンバーはスタジオミュージシャンばかりなので、
これ1枚でおしまい、ってことも十分あり得ると思います。
今剛さんファンにはもちろん、TOTOや80年代バブルサウンドが
好きな方にもおススメであります。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ










« パソコン復活か? | トップページ | JHS SuperBolt »

コメント

うわあ、なつかしいですね
当時はなにも怖い物なしの高校生でしたよ、ちょっと欲しいかも

当時は季節毎にどんどん新曲がでて曲名はいわれればほとんど解るけど
ミュージシャンはつぎつぎ出ては消え出ては消えで、全然覚えられないって時期でした、ある意味可哀想ですね
普遍の名作も多いのに・・今はシングルは買わないのでわからないですけど、今もそうなのかしら

classにそんな裏話があるなんて知りませんでした

Maggyoさん、速攻コメントをありがとうございます(笑)。

そうですか、当時は高校生でしたか。私は・・・ ま、いいか(^-^;
そっか、1993年って、もう20年も前なんですねえ。

確かに当時はアイドルという存在が消え、ミュージシャンっぽい人たちが幅をきかせていました。そして、ほとんどの人が消えてしまったような。
今でも活躍されている方って、当時はもうデビューしていた方々ばかりに思えます。やっぱり失われた10年なんですね(笑)。

「夏の日の1993」は、当時は何の違和感もなかったのですが、改めて聞いてみると、セクハラギリギリの歌詞、今ならその筋の団体からクレームがつきそうな内容ですよね。
そんな歌がヒットしたのだから、当時はまだ大らかだったんですかね(笑)。

私の知らない世界…です。
今剛さん、初めて聞く名前ですね。
私は何をしていた頃なのでしょう~(笑)
音楽から離れていた頃なのかもしれません(/_;)

rimixさん、コメントをありがとうございます。

松原正樹さん、今剛さんは、押さえておいた方がいいです。
私もジャズやフュージョン系はあまり食指が動かないのですが、このお二人は、ジャンルがフュージョンでも、音やフレーズはハードロックなんです。
YouTubeで今さんの若かりし頃の演奏を見つけました。とっかかりには良いかと。
http://www.youtube.com/watch?v=XWVtA5nR360

数十年後にはこんな感じに(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=psVjqEF-de8

私は今さんが松原さんと組んでいたフュージョンバンド「パラシュート」で、初めてお二人のことを知りました。80年代前半に活動していたバンドですが、当時人気絶頂だった高中正義やカシオペアの陰に隠れていた感は否めません(笑)。

ところでこの「1993」、remixさんトラウマ曲「TRUE LOVE」も入ってます(笑)。

こんにちは。今さんも松原さんも知りませんでした。
確かに音もフレーズもロックしてますね。近いうちに購入してみます。

ちょうど、ギターマガジンの11月号からスタジオミュージシャン列伝というのが連載されているのでいずれ登場しそうですね。
ちなみに1回目は矢島賢さんという方で、山口百恵のプレイバックパート2のギタリストだそうです。山口百恵のプレイバックパート2はこれまでギタリスト不明だったらしいですが、今回はじめてわかったそうです。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

今さんの音、確認していただけましたか。ありがとうございますm(_ _)m
お二人とも派手なテクニックは使わないけれど、聞かせるフレーズが多くて、ハードロック指向の方でも参考になると思います。

山口百恵のプレイバックですか!。それは懐かしい。
山口百恵は、私の世代(ちょっと上の世代?)の永遠のアイドル。私ももちろんファンでした(^_^;)
プレイバックパート2って、結構エレキが目立ってたような気がします。残念ながら矢島さんという方は存知あげませんが・・・(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/54069628

この記事へのトラックバック一覧です: 1993:

« パソコン復活か? | トップページ | JHS SuperBolt »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ