たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« TOP GUN ANTHEM | トップページ | 例の曲 »

2013年10月31日

歯医者


ちょっと前から下の奥の歯が痛み出した。
仕方ないから覚悟を決めて歯医者の予約。
アメリカで歯医者に行くのは初めての初診いや初心者。
色々な意味で勇気要ります。

で、やっぱり最初は歯石取り。
歯石取りって微妙に痛い。
一応、痛みを緩和する薬を歯茎に塗ってくれるのだけど、
それでも痛い。
「痛かったら手を挙げろ」と言われたけど、
ガマンできないほどの痛みじゃないし、結局痛いのガマンする。

あげく、キレイにならなかったから、もう1度やらなきゃダメ、
なんて言われる始末。

前に歯石を取ってもらったのって何年前だ?
あれは香港に住んでいた頃の話。
数年分の歯石をため込んでいた私が悪いのです。
半年に1度は歯石取りに来いと言われました。


で、痛む歯はどうやら上の親知らずだった模様。
痛みを感じるのは下側なんだけど、悪いのは上の歯らしい。
この親知らずを抜いちゃえばOKだよ、と
ドクターに軽く言われビビリまくった私です。

実は若い頃、親知らずを抜く時、えらく苦労した覚えが。
歯茎をちょっと切って、ぐりぐりしてやっと抜いて縫合、
抜糸するまで痛みがあって、抜糸してからも消毒のために数回の通院。
そんな面倒がまた繰り返されるのかと思った訳です。


通院2日目は、2回目の歯石取りと抜歯。
もう朝からビビリまくりでありました。

でも歯石取りは、2回目だけあって前回よりも痛みが少なく、
(やってくれたお姉さんは怖かったけど)
部屋を変わっていよいよ抜歯って時に
色々と説明してくれた女医さんは
「自分も移民だけど英語覚えるのは大変よね」なんて
優しく声を掛けてくれたのでした。

それからドクターが来て、鼻歌歌いながら麻酔の注射して、
ちょっと歯茎をつつかれてるな、と思ったら
さっきの女医さんにアゴを押さえられ
歯にひねるような力を4、5回感じたら、もうそれで終わり。
まったく痛みはなく、あれっ、もう終わり?って感じ。


今回抜いたのは上側の親知らずで、ちゃんと生えていたから
抜くのも簡単だったようです。
ドクター曰く
「日本人の歯は大きくて根が浅いから抜きやすいんだよ」
なるほど、アタマがでかくて足が短いのは歯も同じらしい。
褒められたのか、けなされたのか微妙であります。

これで通院終了。
今のところ痛みも出血もないのでOKかと。

2回も歯石取り&クリーニングしてもらったんで、
ちょっと黄ばんでるけどシャイニーな歯になりました。
これまでの人生の中で一番輝いているかもしれませぬ。


ところでアメリカの歯医者さん、やっぱり高いです。
一応、保険入ってるから、カバーされるのだろうけど
とりあえず治療後に立て替えて全額支払う必要があるので、
会計の時に、またまたビビった次第です。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« TOP GUN ANTHEM | トップページ | 例の曲 »

コメント

歯医者ですか~、イヤですね~。(笑)

国が違うから同列に比較はできないけれど、子供のころの歯医者と最近の歯医者ではだいぶ違うような気がします。麻酔のかけ方が丁寧になったような気がするんですよね。
子供のころは必要な麻酔の全量を一気に注入されたと記憶してます。これが結構痛かったような。
最近は針を刺すところに麻酔薬をちょこっと塗ってしばらくしてから、少しづつ注入してくれるので傷みはほとんど感じないかも。でも、やっぱりあんまり行きたくないですね。(^^ゞ

うへええ痛そう、、

数泊の旅行でしか日本から出たこと無い私にとって海外の医者は計り知れない恐ろしさがありますねww

しかし、ダメージなくてよかったです
私も親知らず取りましたが、言われてるほど痛みませんでした、、
顎が小さいせいなのか女性のほうが術後は辛そうな印象、、

テイルピースさん、朝いちコメントをありがとうございます。

そうですよね、子供の頃の歯医者って、痛いのをガマンするところでしたよね。
医者も「ちょっと痛いけどガマンしてね」とか平気で言ってたし。
昔、アメリカの歯医者は痛くないんだと聞いて、うらやましいと思ったことを覚えてます。でも実際は、それなりに痛かったです(笑)。

麻酔の針は、医者によって痛かったり痛くなかったりでしょうか。香港では針を刺す箇所に、痛みを和らげる薬を塗ってから注射してくれました。その医者は腕も良かったです。

Maggyoさん、コメントをありがとうございます。

ご心配頂きありがとうございます。
しばらくは痛みで食欲が減るだろうから、ついでにダイエットしようかと企んでいたのですが、ダメそうです(^_^;)

海外の病院ってフレンドリーなのは好感が持てますが、けっこう雑でテキトーです。
雑でテキトーなのは病院だけじゃないですけど(笑)。

JOEさん、こんにちは。
アメリカの保険制度って日本人にはわかりにくそうですね。
日本の保険制度は、共産主義と言われてます。なんせ、治療費の3割しか自己負担がありませんから。生活保護なんて全額無料です。生活保護専門に見てる病院なんかがあるくらいです。日本の医療費総額は年間33兆円くらいの超巨大市場です。
自己負担を5割とか10割くらいにしたら、この市場は急速にしぼむと思います。逆に自己負担を減らそうとしてるのがアメリカ、オバマさんですね。
自己負担を減らすと市場は大きくなるので景気は上がりそうな気がします。
大阪はパナソニック、松下以外の企業として製薬メーカーがかなりあります。北新地の接待に来ているのはメーカーと医者が結構多かったりします。
アメリカの歯科の支払額でびっくりするというのがちょっとわかる気がします。(僕は歯医者じゃないですよ。)

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

アメリカの保険制度って日本とは全然違いますよね。
オバマさんが目指す国民皆保険がアメリカで反感を買ってるのは、おっしゃる通り、共産主義につながるイメージがあるからです。
保険に入れないのも自己責任で、富裕層は貧困層を助ける義務はないと思っているし、ドライな社会です。
オバマさん以降も民主党政権が続けば少しは変わるかもしれませんけど。

とは言うものの皆保険制度導入済みの日本でも問題は多いし、どっちが良いんでしょうかねぇ(-_-)

歯医者ですか?意表を突かれました。

まだ2回しか行ったことないんです。
小学校も低学年時に乳歯が虫歯になり、初めて行っていきなり麻酔でビックリ、ペンチの様な物でグリグリやられて、怖くて行けませんでした。
去年10月に歯石を取りに行ったのですが、水圧で除去する器具で痛みは全くなかったです。
よほど付いてたのでしょうね、終わったら「さしすせそ」が上手く発音出来なくなりましたよ。
もう一年なので、そろそろ歯石取りに行かないといけません。
「さしすせそ」が言えなくなるのは困りものです。(笑)

rimixさん、コメントをありがとうございます。

意表を突いちゃいましたか?
ってか歯医者に2回しか行ったことがないとおっしゃるrimixさんにビックリです(゜Д゜) かなり意表を突かれました(笑)。

水圧の歯石取りで痛みは無しですか!? それはうらやましいです。
こっちの医者も水が出る機器を使ってたような気がしますが、その時は痛くなくても、それ以外のが痛いんです。
場所によって、やり方も違うんですね。

「さしすせそ」が言えなくなるってのはスゴイ。効果てきめんですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/53777191

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者:

« TOP GUN ANTHEM | トップページ | 例の曲 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ