たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« ギブソンのSONAR? | トップページ | PadとPod »

2013年10月 1日

ホテルカリフォルニア再び


もう10月ですか。
早すぎませんか、どうにかなりませんかね。
ま、しょうがないですけれども。

このブログを始めて早1年半。
ここまで続けてこられたのも、
ひとえに拙文を読んでくださる皆様方、
コメントをくださる皆々様のおかげ。
感謝感謝感謝ひたすら感謝であります。

最近はロックギターに特化した当ブログですが、
思えば、初めて自分の演奏をアップしたのが昨年9月、
今から1年前のことでした。
その時の演奏がコレ、ホテルカリフォルニアのギターソロ。 

何度も書いてますけど、ブログの目的の一つは練習の記録。
上達あるいは劣化の過程を記録にとどめておくことです。
そこでまた、同じソロを弾いて比較してみようと思った次第。

上達したのか劣化(老化)したのか
あるいは現状維持か・・・。


ギターはPRSのPaul's GuitarでPUはリア、
1本目はハムで、2本目はタップしてシングルにしてます。
オケはいつものGuitarBackingTrack.com。
リード以外のギターはオケに入ってた音です。

音作りに悩むところだけど、イーグルスはフェンダーアンプだろうと
勝手に決めつけ、AmpliTubeでビンテージフェンダーにファズかまして、
味付けにフェイザーも少々。


ホテルカリフォルニア・ギターソロ 2013



相変わらず微妙な演奏で申し訳ないです。
ギターがグレードアップした分、音は良くなったハズ・・・かも。


このソロ、自分の中ではロックギターソロ・ベスト5に入ってます。
何度聞いてもシビレますです。
この歌が流行ってた頃、確か世の話題は王貞治氏の
ホームラン世界記録だったような。
当時は中学生だったけれど、このギターソロにえらく感銘を受けたました。

ってことは、約35年経っても好みが変わらないということで、
「お前、全然成長してないじゃん」と嘆くべきか
「中坊のくせに良いセンスしてるじゃん」と当時の自分を褒めるべきか
議論を戦わすべき問題であります。

それでも当時は何がスゴイのかも分からず感動していたけれど、
今はスゴさの理由を少しは理解できるようになった気はする。

・・・う~む、 35年も経ったのに少しだけ理解ですかそうですか。

やっぱ時間が経つの早すぎませんかどうにかなりませんかね。
やっぱダメですかね。




ブログランキング参加中で す。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ 村


人気ブログ ランキングへ



« ギブソンのSONAR? | トップページ | PadとPod »

コメント

こんにちは。
「交響詩篇エウレカセブン」というアニメの最初のセリフです。
「音楽とか映画とかその中身がっていうよりもその時の記憶って言うかさ、 その時の人と人との関係を思い出すことが多いだろ? そう、つまり記憶というものは決してそれ単体で存在せず、 それを取り巻く環境に支配されているというわけだ」
いまだに僕が80年代ロックにはまってるのもそういう理由ではないかと思います。80年代限定というのが、なんというか。70年代はリアルタイムではないですし、90年代はグランジとかデスメタル系で少しずれちゃうんですよね。周囲のミュージックシーンも変化してて、進化してるのか劣化してるのか。キャリーパミュパミュや、金爆や、ももクロが心に残るかは疑問です。(でもキャリーはCD買ってしまいました。涙)


いつもながらの名演奏ですね。チョーキングの音程がぴったりなのがテンポ遅い曲だとよくわかります。イーグルスはフェンダーのツインリバーブとかに違いない気がします。僕もよく知りませんが。

次回以降のネタをリクエストさせてください。JOEさんのロックギターソロベスト10はどうでしょうか。あと9回ありますよ。お願いします。

すごい、、絡みつくようないい音色ですね、ギターが歌ってる

以前のも聴かせて頂きましたがネットリ感がアップしてるww

こういう泣きのソロみたいなをのけぞりながら弾きたいです

技術的なことは判りませんが、mixや音作り等ギター以外の腕もかなり上がってる気がします、って評価できる技術もってないんですけどorz

なんでも一人でこなせちゃうなんて、うらやましいです

ウッソさん、コメントをどうもありがとうございます。

エウレカセブンのセリフ、深いですね。
確かに記憶、特に歌の記憶は、その時過ごしていた環境や仲間、乗っていた車とか行った場所とか、そんなことに結びついていることが多いです。
私は80年代というとどちらかと言えば邦楽、サザンやユーミン、山下達郎なんですけど(笑)。ちなみにモモクロは良いと思います(^_^)b

企画リクエストをありがとうございます。なるほどギターソロベスト10ですか。
パッと思いつくのは「天国への階段」「哀愁のヨーロッパ」「マイ・シャローナ」「クレイジートレイン」あたりでしょうか。
と言うことは、ホテルカリフォルニア入れてすでに5曲はクリア。のこり半分ですね(笑)。

Maggyoさん、コメントをどうもありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。
そうなんです! その「ネットリ感」に当時の私は感動したんです(笑)。ちょっとは再現できましたかね。
音作りの方は、昨年以来、多少場数を踏んだのでちょっとは要領を得たというところでしょうか。その差を感じ取って頂けて嬉しいです。

コメントを書いて頂く時に、自分の技術を引き合いに出す必要なんて無いですよ。と言うか、Maggyoさんが今のような練習を重ねれば、私なんてあっという間に抜かされると思います。
・・・私も頑張らねば(^_^;)

ムフフっ
やっぱり録り直しましたね。(^^)
最初はこのソロでしたね~もう1年ですか…早いわ~

音・MIX・奏法、すべてが最新VerUPされてますね。
やっぱり、再録音はこうでなくちゃいけません。
さすがです!

再録音…もしかして?**ですか?(笑)

今回使用のバッキングは、同じでしょうか?
バックの厚みが違うような…

rimixさん、コメントをどうもありがとうございます。

そうなんです、もう1年経ちました。早すぎますよね(笑)。
VerUPしてますかね?(^_^;) 腕が上がったかどうかは微妙ですが、1年前に比べると原音をちゃんと聴くようになりました。
このソロ、2本のギターでフェイザーの掛け方が違いますよね。前は、そんな簡単な事にも気付いてませんでした(-_-;)
ちゃんと音を分析するようになったのは、多分にrimixさんの影響があると思います(笑)。

ご指摘の通り、オケは前回とは違うモノです。鋭いですね(笑)。Voなしで音の良いバージョンを選びました。
これ、音源UP1周年記念として再録音しましたけど、他のも録り直すかどうかは・・・ う~ん、微妙なとこです。
今、録り直しても、クオリティが上がるかどうか・・・(^_^;)

いやー、素晴らしい!
皆さんもべた褒めですが、確かに完璧な演奏ですね。
旧バージョンも聴かしていただきましたが、こちらの方が、よりジャストなタイミングだけどタメも感じられて、とても気持ち良いです。
ウエットな曲にドライな音色、音作りも西海岸の音を感じます。
フェイザーがかかっているとは気が付きませんでした。
自分もこう言う音色で弾きたいと思いましたが、エフェクターの事をもっと勉強しないとダメですね。

ok-rockさん、コメントをどうもありがとうございます。

「完璧」と言うのはかなり褒めすぎです。でも嬉しいです、ありがとうございます(^_^;)

このソロに感動した理由の1つはギターの音です。イギリスのハードロックばかり聴いていた当時の自分には、かなり新鮮に響いた音でした(笑)。
なるほど、この音はアメリカ、西海岸の音なのですね。腑に落ちました(^_^;)

ギターも音作り、音の再現まで手を広げると、もう際限が無い。奥が深いですよね。だからはまるのかもしれません(笑)。

おおー!!ホテカリですか!!
これ,いいですよね~。
私も大好きです。
ギター再開した時に真っ先にやりました。
それにしても,きれいにハモってます。
これって,ストラトとレスポールのハモリなんですよね(^^)
チョーキングのピッチもぴったりですし,すごいです。
トーンもニュアンスもそっくりで…脱帽です。
フェイザー使ってるのも渋いですね。勉強になりました!!

Lalenaさん、コメントをどうもありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。
このソロが、ストラトとレスポールのハモりかどうかはちょっと分かりません(^_^;)
でもYouTubeで見た当時のライブ映像では、ギターの2人はSG型のツインネックとテレキャスでハモっていたので、私もハムとシングルで演奏してみました。
たぶん、オリジナルもフェイザーを使っていると思うのですが、あのうねりがイマイチ再現できません。
スミマセン今後の課題です(^_^;)

Joeさんの以前の演奏は粘りがあって迫力のソロのように思いましたが、
今回は、さらに完コピで素晴らしい演奏です!

2本のギターでフェイザーの掛け方が違うんですか?深いですね。
ドン・フェルダーはカントリータッチの軽やかなプレイが巧いですね!
コンプレッサー2台も使った?とか言われていますが、
コピーするには2人分の奏法攻略が必要で機材など謎の多い曲です。

私にはまずソロの出だしの音から再現が難題で、
この曲の絶妙なチョーキングのテクニックや「間」が難しいです^^;

リッチーエリックボーンさん、コメントをどうもありがとうございます。

「完コピ」とのお言葉、ありがとうございます。でも自分としては、リッチーエリックボーンさんがおっしゃっているような、絶妙なチョーキングテクニックや間が、まだまだ再現できていないように思います。「平坦」で「味」がないとでも言いましょうか・・・現状ではこれが目一杯なのですが(^_^;)

やっぱりこのソロ、コンプ使ってるんですね。しかも2台!?
最初、AmpliTubeの設定をコンプとディストーション系ペダルにしたのですが、イマイチだったのでファズに変えました。ファズならサスティーンも稼げるし。
でも改めて聞くと、オリジナルの粘るような感じが全然足りてない・・・フェイザーの掛かり具合もハンパだし・・・(-_-;)
いつか再々チャレンジするつもりです。

す、すみません
ホテカリ!と気づいていながら、なかなかコメント書きに
これませんでしたーsweat01

ツィンギター、きれいです♪
私も当時所属していたバンドで課題曲となったので
ヒーヒー言いながら両パートコピーしましたが、
チョーキングの理解が全然足りなかったので、撃沈しました。
またいつかトライする日も来るかなぁー

MIKIさん、コメントをどうもありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。このソロ、ちょっとクセのあるプレイですよね。それでハモっているのだから、もうたまりません(笑)。
おっしゃる通り、難易度を高めている一番の理由がチョーキングだと思います。きっと手がでかくて腕力もあるガイジンだから、こんなプレイができるんですよ。我々日本人にはキツイです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/53448823

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルカリフォルニア再び:

« ギブソンのSONAR? | トップページ | PadとPod »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

無料ブログはココログ