たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日

ギブソンのSONAR?

※後半追記しました

すでにご存じの方も多いと思われますが、
ローランドがCakewalkブランドをギブソンに譲渡しますね。

以下、ローランドのリリースから抜粋。

『当社はコンピュータ・ミュージック市場において、1995年よりCakewalk社の音楽制作用ソフトウェアの販売を開始し、当社のハードウェアとの組合せにより事業を拡大してまいりました。しかしながら現在では、市場ニーズの変化等により、当社グループの中においてCakewalk社の継続的な事業拡大は難しい状況にあります。そのため当社は現在進めております事業構造改革の一環として、事業拡大を進めるGibson社の下で事業運営を図ることがCakewalk社の成長・発展に寄与するとの判断に至り、本基本合意書を締結することといたしました。
Gibson社は、平成25年5月にTASCAMブランドを展開するティアック株式会社(本社住所:東京都多摩市)を子会社化しており、Cakewalk社製品はTASCAMブランドとして展開する予定です。株式譲渡後も当面は、当社がCakewalk社製品の販売・サポートを継続し、Gibson社側の販売・サポート体制が整った後に、順次、移管する予定です。一方、当社は自社の強みに特化した上で、引き続きコンピュータ・ミュージック関連機器事業を展開してまいります。』


当面はローランドが販売、サポートを継続するけれど、
ギブソンの体制が整い次第、順次移行するってことらしいです。

昔、“Vision”というDAWソフトがあったけど、ギブソン社がメーカーを買収、
その後、販売終了なんてことがあった。
SONARが、同じ轍を踏まなければいいけれど・・・。

ローランドさんも懐事情は苦しいのですな。
私のSONAR、X2へのバージョンアップは見送ったけれど、
いつかはバージョンアップする必要が出てくるでしょう。
でも、ちょっと考えちゃいます。
ギブソンって、企業としてはイメージ悪いし。

う~ん、いっそのことマックに乗り換えるか・・・
そうするとパソコンごと買い換えになるし、それはキツイなぁ。


※以下追記です

TASCAM(TEAC)からもリリースが出てました。

以下抜粋。

『当社親会社であるGibson Brands, Inc.(本社:米国テネシー州ナッシュビル、以下、ギブソン社)は、このたび、ローランド株式会社との間で、同社が保有するCakewalk, Inc.の全株式を譲受することに関して、基本合意書を締結したことを発表いたしましたのでお知らせいたします。なお、株式譲受は2013年10月31日までに完了予定であり、Cakewalk社はギブソン社の連結子会社となります。・・・ ギブソン社はCakewalk社の連結子会社化に伴い、今後、Cakewalk社製品を当社の音楽制作オーディオ機器ブランドである「TASCAM(タスカム)」を冠した新ブランド、TASCAM Professional Software(タスカムプロフェッショナルソフトウェア)」として展開する予定です。楽器から始まり最も革新的な録音技術やAV機器まで展開し、妥協なきエンターテイメントの体験を提供することで、世界最大のミュージック・サウンド・ブランドになるというギブソン社の目標の実現に向け、さらなる事業拡大を目指しています。当社におきましても、Cakewalk社のギブソン・グループ入りにより、その技術を応用した、より革新的な音楽制作オーディオ機器を提供することが可能となります。』


コレを読むと、今後もCakewalk製品は、
日本人の「おもてなし」でサポートしていきまっせ、
という印象を受けますけれども。

もしそうなら、乗り換えの必要はないかも。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングペ ージに飛びます)

にほんブログ村 音楽

ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキング へ



2013年9月21日

BIALETTI MOKA EXPRESS


暑い時はその気になれなかったけれど、
だいぶ涼しくなってきたので、久々にコイツの登場。

201


ビアレッティのモカエクスプレスという、
エスプレッソ・コーヒーをいれるための器具。
「ビアレッティ」っていかにもイタリアンな名前が伊達ですな。

その昔、お高いエスプレッソマシーンに手を出したけれど、
使い方が&手入れが面倒で無駄にした経験がある。
でもこれはお手軽価格で使い方も簡単。
最初からこっちにしておけば良かった。
イタリア人ってスゴイですブラーヴォです。

もちろん日本でも買えるけれど、日本にいた時は見たことなかった。
でも、こっちでは遭遇率高いです。

使い方は簡単。
下の部分に水を入れて、中の容器にエスプレッソ用のコーヒー入れて
火にかければ、圧力でコーヒーが抽出される仕組み。

ミルクと砂糖をたっぷり入れて飲むのが好きです。
気分はスタバのラテであります。

カフェラテのミルク泡立てる時に使うのは「ミルクフローサー」

203


電池式で先端が回転、撹拌して泡を作るやつ。
うまく使わないとミルクが飛び散って悲惨な目にあうやつ。

204


ミルクの程よい泡立て方って、ギター弾くくらい難しいのですけれども、
ミルクの温度も関係しているように思われます。
人肌程度に温めてから泡立てると良い気がする。


お手軽なモカエクスプレスだけど、
サイズによって抽出量が決まっちゃうのが難点。
だからウチにも2サイズあります。

202


一応ちっこい方が3カップ用、デカイ方が6カップ用。
スタバのトールサイズ1杯分には、ちっこい方がちょうどよいです。


ところで「カフェオレ」と「カフェラテ」違いはご存じで?
一般的にカフェオレは普通のドリップコーヒー+ミルク
カフェラテはエスプレッソコーヒー+ミルク
カフェラテよりミルクの量が少なめで、ほぼホイップミルクだけなのが
カプチーノ。

フランス語とイタリア語の違いなんじゃねぇの? なんて
思ってたのは私だけですよねきっとそうに違いない。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年9月17日

“The Hellion ~ Electric Eye” Judas Priest


ジューダス・プリースト第2弾、
“The Hellion ~ Electric Eye”です。

Judas01_2


この曲、冒頭が“The Hellion”で、
ピッキングハーモニックス入るあたりから“Electric Eye”ってことらしい。

最初にザンゲしておきます。コレ、部分録りです。
こんな激しいダウンピッキングを、1曲通して弾くなんて、
私の腕力では絶対に無理。
さらにはこんなに速いソロを、ノーミスで通して弾くなんて、
私にはできませぬスミマセヌ。

出来には自信ありませんが、時間だけはかかってます。
所要時間はアイアン・メイデンの“Fear Of The Dark”を軽く越え、
新記録を樹立。演奏も音作りもミックスダウンも、
ついでにビデオ編集も、手間ひまはかなりかかってしまいました。

ギターはESP Horizon2。
アーム使わないのに、なんでESPかと言うと、
こんな速弾き&ライトハンド&ビブラートの曲には
ESPのテンションの緩さがありがたいのです。
弦は009のエクストラライト張ってるし。

オケは、いつものGuitar Backing Track.com、
音はAmpliTubeで作りました。
この曲、音の作り込みも必要なんでAmpliTubeが超重宝です。






久しぶりに速弾き&ライトハンドを(今はタッピングと言う?)
必死こいて練習した気分。
「速弾きこそがすべて」と信じ込んでいた青い春を思い出した。
「何もかもみな懐かしい」by沖田艦長であります。

コレ録ったあと、しばらくの間、肩と背中が痛かったです。
ジューダスは身体に悪いですな。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年9月11日

Suhr Riot RELOADED


Suhrというメーカーが好きです。
Suhrのペダル、“Riot”はお気に入りの1つ。
かなりのお気に入り。

そんなRiotの別バージョンが出ると言うではないですか。
その名も“RELOADED”。リローデッドですよ再装填なんですよ。
もう1発かましたろか~の気合いを感じさせるじゃないですか。

メーカーのサイトによれば、Riotよりゲイン3割増しで、
ハイゲインロック、メタルプレイヤーに最適だそうですので、
これはもう期待大×3くらいだい。

P1040023


で、早速いってみた。

外観はほぼ同じ。
アルミ(?)の外箱に、Riotは縦だけどRELOADEDは
丸い模様が入ってる。

P1040014


こんな立派な箱に入ってます。
なんか高級ペダルの趣。

P1040017


Riotがなんで好きかと言えば、クラシックディストーションに分類される
ペダルだけど、中高域が効いてて、モダンな感じが良いんです。
RELOADEDは、その美味しいとこを更に強調した感じ。
ヌケの良い音、と言うのでしょうか。かなりメリハリのある音です。


肝心のゲイン量は、Riotに比べて幅を上にずらした感じ。
でも違いはちょっと
微妙。ホントにこれは3割増しか?
そもそもゲイン量って割合で言われてもよく分からんです。


コレ使ってまたまたヴァン・ヘイレン録ってみました。
“Panama”です。
こんな歪みの音で思い浮かんだのは、やっぱりエディー兄貴。

この曲は、以前イントロだけやっつけ仕事で録ったので、
いつか全編録りたいと思っていたのです。

改めてちゃんと聞いてみると、リフでルート音を刻んでましたね。
今まで気が付かなかったですスミマセン。
エディー兄貴は勢いで弾いてるように聞こえるけど、
実は細かい丁寧な仕事してますな。


ギターはシェクターのSD-2、ペダルで歪ませて、
AmpliTubeでクリア音設定のマーシャルアンプを使ってます。
オケはGuitar Backing Track.comですが、
このオケ、本物らしいけど、コーラス部が合唱団みたいで
かなりの違和感。別バージョンなのか?






演奏の方は相変わらずアレなんですけど、音はこんな感じです。

という訳で、Suhr Riot RELOADED。
よいペダルです。
でも、メタリカとかやるならもっと歪むペダル使った方が良いです。

ちょっとがっかりだったのはRiotとの違いが、思ったよりも小さかった。
ゲイン量も音質も違いはちょっとだけ。
アンプのセッティングや録り方で何とかなっちゃう位の違い。

それ考えると、Riot持ってる方は買い足さなくても良いかと思います。
私は買っちゃいましたけれども。
まだRiot持ってない方には、オススメです。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年9月 6日

ウルトラマンのDVD


前にウルトラセブンのDVDについて書いたけれど、
今回はウルトラマン。
“ULTRAMAN The Complete Series”

1500_2


こいつもアマゾンUSAで購入。
DVD4枚組で全39話入り、日本語&英語音声入り、
ついでに英語字幕入りで、なんとお値段6ドル99セント!
日本のヒーローなめとんのか! と怒りたくなる安さであります。

これは間違いなく「買い」。日本人オヤジなら買わねばなりませぬ。

改めてウルトラセブンと比較すると、ウルトラマンはちょっと「ゆるい」感じ。
宇宙人の侵略から地球を守る「ウルトラ警備隊」に対して、
ウルトラマンは「科学特捜隊」。
不可解な事象を科学の力で捜査するための組織。

ムラマツ・キャップは、いつもパイプくわえててダンディだし、
フジ隊員とイデ隊員はボケとツッコミのコンビだし、
ホシノ君なんて少年隊員もいたし。
そのホームドラマにも通じる「ゆるさ」が魅力です。

そして好印象なのが、丁寧に作っているということ。
その後のウルトラシリーズは、子供の目から見ても
手を抜いているのが分かったけれど、これは違います。
最近の全編CGみたいな映像よりも、この手作り感が良いのです。
予算的にも恵まれていたんでしょうね。

ちなみに科特隊は英語だと“The Science Patrol”
飛行機のジェットビートルは“Jet VTOL”
そう言やビートルって垂直離着陸機だった。納得。


これ、安いからウルトラセブンDVDみたいなブックレットは付いてないし、
DVDも紙の袋に入った安っぽいパッケージ。
画質もウルトラセブンDVDより劣ります。
英語の音声も、クオリティ低くて何を言っているのか分かりません。
でも日本語音声はちゃんと聞こえるし、この値段なら文句はないです。

オマケで、オープニングの英語版映像が入ってたので、
ここに載せちゃおうかと思ったけれど、それって著作権的にNGか?
DVD映像の取り込み方も分からんし・・・
と思ったら、YouTubeにアップしてる人がいたのでリンク貼っておきます。
アメコミヒーローモノのアニメみたいで楽しいです。





ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ