たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« PRS Paul's Guitar | トップページ | お気に召すまま »

2013年8月 7日

スタートレックとX-MENと長崎


最近見た映画について。

まず“Star Trek Into Darkness”
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

Star_trek


トレッキーってほど熱狂的じゃないけど、スタートレックは好き。
映画は全部見てる ・・・と思う。

スタートレックシリーズは、前作からパラレルワールド、
並行世界の話という設定になって、これまでの展開が強引にリセットされた。
スバラシイです。この禁じ手使って、ドラゴンボールとか宇宙戦艦ヤマトとか、
同じキャラで違うストーリーを作って欲しいです。

一旦リセットして、これまでの映画を作り直すのか?と思ったら、
案の定、最新作は「スタートレックII カーンの逆襲」のリバイバル的作品。
ストーリーは全然違うけどね。

これ、SFというよりアクション映画。
ミスター・スポックもやたらアクティブ。
怒りでキレてスーパーバルカン人と化し、カーンと対等の戦闘力を発揮してます。

それはそれでおもしろかったけれど、これはスタートレックなのか?
スタートレックって「スペース・・・ファイナルフィロンティア・・・」ですよ。
ちょっとSF要素が残ってた前作は良かったけど、
今度のは別にスタートレックじゃなくてもいいんじゃないの?

それでもスタートレックへのこだわりがない方にはオススメできる映画です。


Wolverine


そして“The Wolverine”「ウルヴァリン: SAMURAI」
日本が舞台だと聞いて期待したのだけど・・・。

子供の頃「007は二度死ぬ」を見て、日本が出てくるのが嬉しかった。
そして「ウルヴァリン: SAMURAI」で描かれる日本も、
相変わらず007と同じイメージで進歩なし。今回は喜べませぬ。

50年前の日本を見ている気になっちゃう。ちょっとガッカリ。
でも、日本へのリスペクトを感じさせるシーンはあったけれど、
バカにした感じはなかったです。主要なキャストは日本人の役者だったし。

ラスボスは鎧姿のサムライを思わせるロボットなのだけど、
ヒュー・ジャックマンが出てた「リアル・スティール」に出てきたロボットと
かなり似ていたのには笑えた。


一番印象に残ったのは冒頭のシーン。
戦争末期の長崎なんです。
ウルバァリンは被爆者だったんだね。

奇しくも9日は長崎原爆の日。
冒頭、「逃げろ! 広島のと同じやつだ!」という日本語のセリフが流れたのだけど、
なぜかそこは英語字幕がなかった。
反戦・反核映画じゃないから、しょうがないかもしれないけど、
原爆については、ほぼスルーだったのは残念。

前の席で10歳くらいの男の子が見てたのだけど、
きっと彼は、このシーンが約60年前の日本で実際に起きたことだとは
夢にも思わないだろうな。
もしかして日本の若い人も、作り話だとか思っちゃうのか?



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« PRS Paul's Guitar | トップページ | お気に召すまま »

コメント

こんにちは。

ヤマトネタに関してです。
日本ではアニメでヤマト2199が放送されています。おおまかなストーリーは一緒ですが、絵や細かいストーリーは作り直されてます。放射能除去装置はコスモクリーナーになってます。科学的にも検証されてます。ワープを繰り返しているので、遠くから見た地球は隕石爆弾にさらされる前の青い地球が見えたりします。
広島、長崎だけでなく福島まで持つ日本にとっては原爆はやはりデリケートな問題ですね。攻殻機動隊という近未来が舞台のアニメでは、放射能除去に関して日本が奇跡を起こしたという設定になってます。
コスモクリーナーをどこかの宇宙人が提供してくれないかと思うこのごろです。

おお!スター・トレック…
昔TV放送を見てました。訳も分からず(笑)
ミスター加藤といった、日本人がメンバーに居るのが嬉しかったりして…

映画は見てませんが、再放送があったので、全て録画しましたよ。(*^^)v

音楽聞くと、「ニューヨークへ行きたいか!」になっちゃいますが、私は雄大な宇宙を想像します。

X-MEN は、TVで見た程度なので、わかりませんが、世界大戦中の長崎が舞台なのは、興味が湧きますね。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

ヤマト2199は、実家に設置したレコーダーに録画して、ネット経由で見てます(笑)。
懐かしさを感じつつ、今風のアレンジが加えられてて、世相も感じますよね。

スタートレックの方は冒頭が、火山の大噴火を防ぎ未開の星の住民を救うというシーンでした。その科学力がうらやましいです。
今の日本に、ぜひ欲しい力ですよね。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

スタートレック、rimixさんもご覧になってましたか(笑)。
テレビシリーズは終わってしまいましたが、映画は、ブログにも書いたとおり、新たな展開になりました。

ちなみに、ミスター加藤は、本来の名は「ヒカル・スールー」。日本語吹き替え版だけ「加藤」という名前なんです(笑)。

X-MENで、戦争中の長崎が描かれるのは、冒頭のシーンだけで、あとは現代の日本が舞台です。現代の日本と言っても、アメリカ人のイメージでアレンジされた架空の日本ですが(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/52764839

この記事へのトラックバック一覧です: スタートレックとX-MENと長崎:

« PRS Paul's Guitar | トップページ | お気に召すまま »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ