たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« クレイジー・トレイン再搭乗 | トップページ | 夢の神と官能の夜 »

2013年6月12日

トロントの店


カナダのトロントに行った時に見つけた店について。

P1030585

“MOOG AUDIO”というDTM機材やスタジオ、PA機器を扱っている店。
イベントのPAサポートなんかもやってる模様。
ギターもちょっとだけ置いてあったけれど、楽器屋とは言いがたい感じ。
でもKey類はたくさんあった。

P1030545

Key類がたくさんあったので、シンセで有名な
MOOG社と関係があるのかと思ったら
、そうではないようです。

P1030586


ギターは少ないのに、なんで気になったかと言うと、
コンパクト・エフェクター類がたくさん並んでいたからであります。

P1030539

なんでこの品揃えでエフェクターがたくさんあるのか?
と疑問に思ったけれど、まあ良いか。

アメリカではあまり見ないペダルがたくさんありました。
カナダというお国柄なのか、ニュージーランドやギリシャのメーカーとか。
たぶん契約店でしか扱えないメーカーなのだと思われます。


旅先では財布のヒモがゆるむモノ。
で、入手したのがコレ。

P1030597

ニュージーランドのG2D社の“MORPHEUS”(モルフェウス)
名前のカッコ良さに惹かれた・・・ような気がする。
ペダルの紹介は次回に。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




« クレイジー・トレイン再搭乗 | トップページ | 夢の神と官能の夜 »

コメント

よく楽器屋でもDTM機材が置いてあるコーナーがあるけど、敷居が高くて素通りです。 ましてや外国で堂々と買い物できるJoeさんへ凄いと思います。 (笑)
ニュージーランドやギリシャからはなかなか電気楽器のイメージが湧きませんでしたが、あるのですね。 どんな音がするか楽しみですね。 

yoppapieさん、コメントをありがとうございます。

堂々と買い物をしている訳ではありません・・・恐る恐るの怪しい客と化しています(^_^;)
でも楽器屋のお兄ちゃん達は陽気な人が多いので助かります(笑)。

ギリシャは“Crazy Tube Circuits”や“JAM Pedals”とか、結構有名なメーカーがあるようです。
アメリカでは買えないモノでも、日本ではたぶん買えると思います。
ギリシャ製のペダルはデザインがオシャレです(笑)。

カナダのトロントってはるか昔に通り過ぎたことがあったようななかったような…ナイアガラの滝見たときに。
MORPHEUSって名前は、かっこいいのですかー
ドクロだ!ヽ(^o^)丿
オルフェウスの親戚?
英語翻訳してみたらモルペウスとでました。
わ、わからん…(-_-;)

MOOGですか、面白そうですね。
3枚目の写真、赤いキーボード(AKAI製?)が写ってる所は何でしょう~
ユニットが入るスペースにコネクタがブラブラ…
日本製なら接線になってるな~なんて思いながら見てました。
まるで測定器の様です。
もしかしてシンセサイザーでしょうか?

黒いエフェクター、ドクロ マークに「GO HARD」のSWですか…(^^ゞ
メタルチックな音を連想しますが、どうなんでしょうね?
どんな音なのか、紹介が楽しみです。

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

トロントは通り過ぎてしまったのですか。それはもったいないです(笑)。良い所ですよ。美味しいモノも多いし。

ところで“MORPHEUS”ってギリシャ神話に出てくる神様ですよね。映画「マトリックス」でRフィッシュバーンが演じた役も“MORPHEUS”。日本語では「モーフィアス」でした。
もともとはギリシャ語だから、英語での発音が何パターンかあるのかもしれません。あるいは英語発音で表記するか、ギリシャ語発音で表記するかの違いとか・・・紛らわしい(笑)。

rimixさん、コメントをありがとうございます。

「赤いアカイのキーボード」・・・ちょっと笑いました(笑)。
調べたらコレ、MIDIコントローラーですね。たぶん、この場所は音源やラックタイプのエフェクターのコーナーではないかと。
こういうラックタイプのエフェクター、憧れますね。高すぎて買えませんが(笑)。

G2Dの本来のロゴマークは、ビリヤード球に「2」と書いてあるのですが、この“MORPHEUS”はドクロに「2」と書いてありました。
でも、ドクロというイメージのペダルではないような・・・(笑)。

キーボードがやまほどあって、なんかこういう店に来たら燃えますね^^;
(萌えますかもしれませんが^^;)
ぱっと見、49鍵盤以下のキーボードばかりなので、DTM用ですね。
(バンドは61鍵ないと厳しいので)
そういうことに特化した店なんでしょうね~。

ひょい。さん、たくさんコメントをありがとうございますm(_ _)m

ひょい。さんはキーボード類に萌えますか。私はコンパクトエフェクターに萌えました(笑)。
この店は、お察しの通りDTMやスタジオ機材がメインのようでした。
実は同じ通りのちょっと先に、結構大きな楽器屋があって、その店にはギターやキーボードがたくさん置いてありました。
そこと差別化を図っているのかもしれません。
私にはありがたい品揃えです(^_^)b

Joeさんはトロントが近いのですね。いいなぁ~
カナダは西のバンクーバーやウィスラーしか行った事が無いのですが
大自然で、とても美しい街なので驚きました。

トロントから南へ10Kmほど下がった楽器店で欲しいギターがあるので
そろそろサマーセールが無いかなぁ~と、かなり悩んでいます。

リッチーエリックボーンさん、コメントをありがとうございます。
バンクーバーは海、ウィスラーは山、トロントは湖。カナダは自然に恵まれた国ですよね。
色々な国から人が集まっているせいか、美味しいものも多いです。
リッチーエリックボーンさんは、カナダの店もチェックしているのですか?(゚Д゚)
やっぱりビンテージ系は、世界中の店をチェックするくらいじゃないとダメなのですね。スゴイです(^_^)b
アメリカの店だと7月の独立記念日に一大セールがあるのですが、カナダの店はどうなんでしょうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/52004296

この記事へのトラックバック一覧です: トロントの店:

« クレイジー・トレイン再搭乗 | トップページ | 夢の神と官能の夜 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

無料ブログはココログ