たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日

MENATONE / None More Black


最近のお気に入りのエフェクター“MENATONE / None More Black

メナトーン社「ノン・モア・ブラック」であります。

P1030638


「メナトーン」って「男の音」、“Men”&“Tone”なのかと思ったら、
作っている人の名前が“Mena”さん。だから“Menatone”なのかも。
しばらく休んでいたのが、最近、また活動を始めたビルダーなのだとか。

このモデルは活動再開後に出た“Mk3”。
三代目になってサイズがでかくなりました。

「ノン・モア・ブラック」ってリッチー・ブラックモアを連想するけれど
全く違う音です残念。


P1030632

ツマミは4つ。“suck”という何だかやばそうなツマミは、
取説によると“an overactive mid control”とのこと。
“gain
”ツマミを上げると低音が増す、とも書いてありました。

コレ、音が分厚くて、倍音がギュッと詰まった濃い音です。
それにストーンサークル上空にUFO?という不思議なデザイン、
そのミステリーっぽさもお気に入り。
“still made in the U.S.A.”という表記もこだわりを感じさせます。

これでサイズが小さければもっと良いのだけれど、
最近、このサイズのペダルが多いのは流行なのか?


コレ使ってスコーピオンズ第2弾“Rock You Like A Hurricane”を。

ギターはPRSのP24、オケはKARAOKE VERSION、
ギターの音は、ペダルで歪ませてAmpliTubeを通してます。
AmpliTubeはマーシャルJCM900をクリーン音設定にして使いました。





ところで狙いを付ける「ロック」はカギの方の“Lock”、
この曲の“Rock”はロックンロールのRockで「岩」とか「揺らす」の意味。

「ハリケーンみたいにあんたを揺らすぜシェケナベイベー!」という歌で、
「ハリケーンみたいにあんたを狙う」ってことではありません。
勘違いしたのは私だけか?



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年6月21日

ULTRASEVEN


“ULTRASEVEN THE COMPLETE SERIES”
ウルトラセブンのアメリカ版DVD。
全48話収録の6枚組DVDセットでブックレット付き。

P1030628

実はだいぶ前、日本版DVDを買ったこともあるのだが、
日本版はばら売りで1枚に4話のみ。
全部揃えると、とんでもない値段になるので、
とてもじゃないけど全12枚を揃える気にはなれず・・・。

ところがコレ、その1枚分よりもお安い約29ドル!
これは買うしかないのであります。


音声はオリジナルの日本語のままで、英語字幕付き。
試しに日本版DVDと見比べたけれど、
ちょっとだけ日本版の方がキレイか? いや同じ?
ほとんど変わりません。

そういや20年くらい前の確か夏、泉麻人さんの解説付きで、
夜中に毎日3、4話まとめて再放送してた。
毎回ビデオで録って見てたのだけど、そのビデオ画像と比べれば
格段にキレイ。時代は進歩しているのです。

72_2


やっぱりウルトラシリーズの中で一番はウルトラセブン。
それは大人向けに作られた内容だから。
今回見直して、改めてそう思った。

反戦、反核のメッセージが込められてたり、
人間ドラマの要素が詰まってるストーリー、アバンギャルドな画像云々。

そしてアンヌ隊員の存在。
童顔なのにセクシーなハスキーボイス。
ユニフォームの上に白衣のナース姿でコスプレ要素もあったり。
ステキすぎます。

監督の個性なのか、あるいは脚本家の違いなのか、
毎回違った雰囲気があって、良く言えば前衛的なのだけど、
なんか統一感がないのが新鮮だったりする。
試験的な意味も強かったのかも。


ところで欠番の第12話は、このDVDにも入ってません。
あとこのDVDはアメリカ版のリージョン1。
日本仕様のプレイヤーでは見られませんのでご注意を。

7_2




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2013年6月16日

夢の神と官能の夜


モルフェウスだかモルペウスだかモーフィアスだか、
そんな名前の“G2D MORPHEUS”であります。
“MORPHEUS”はギリシャ神話に出てくる夢の神なのだとか。

06151


G2Dはニュージーランドのメーカーで、
この“MORPHEUS”は、同社の中では一番歪むペダルだそうです。
メーカーHPによると、メタルプレイヤーのために作られた、とのこと。

メタル向けと言っても、今どきのスラッシュメタル、デスメタルはちょっと無理。
でもドライブMAXでもつぶれない、これくらいの音が使いやすくてグッドです。

ツマミは4つでノイズゲート付き。
このゲート、けっこう強力で、ツマミ12時以上だと不自然な感じに。
この位の歪みでノイズゲートって必要なんでしょうか?
実際、同じレベルで、ほとんどノイズが出ないペダルもある訳だし。

インジケーターは2つあって、左が電源オンで緑に点灯、
右が“GO HARD”で赤に点灯します。


このペダル、でかいんです。そして重い。
G2Dのペダルは皆この大きさなんだけど、他のモデルはフットスイッチが2つ。
でもこれはフットスイッチ1つでこのサイズ。
高さもかなりあるので、まるで弁当箱。

BOSSと比較するとこんな感じ。

06152

やっぱ弁当箱サイズだ。


これ使ってスコーピオンズの「官能の夜 No One Like You」を。
ギターはPRS P24、オケはいつもの“Guitar Backing Track.com”です。

バッキングのギターはAmpliTubeのマーシャルJCM900で作った音です。
リードは、このペダルで歪ませた音を同じJCM900をクリーンにして通しました。

ペダルの歪みとAmpliTubeの歪みという、いつもとは違う組み合わせで
録ってみたのですが、結局どちらもAmpliTube・JCM900を通したので、
違和感はあまりないですね。
こんな組み合わせも「あり」ってことでしょうか。

しかし、なぜに、この曲の邦題は「官能の夜」?





と言う訳でG2Dの“MORPHEUS”、
クラシック・メタルには良い感じです。

でも、コレじゃないといけない理由があるか、と言うとちょっと疑問。
値段は高めだし大きいし重いし。
もっとゲイン幅が広くて値段も安く、サイズも普通のペダルが、
他にあります。

まあ旅の土産ってことで、納得の買い物だから良いんですけどね。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2013年6月12日

トロントの店


カナダのトロントに行った時に見つけた店について。

P1030585

“MOOG AUDIO”というDTM機材やスタジオ、PA機器を扱っている店。
イベントのPAサポートなんかもやってる模様。
ギターもちょっとだけ置いてあったけれど、楽器屋とは言いがたい感じ。
でもKey類はたくさんあった。

P1030545

Key類がたくさんあったので、シンセで有名な
MOOG社と関係があるのかと思ったら
、そうではないようです。

P1030586


ギターは少ないのに、なんで気になったかと言うと、
コンパクト・エフェクター類がたくさん並んでいたからであります。

P1030539

なんでこの品揃えでエフェクターがたくさんあるのか?
と疑問に思ったけれど、まあ良いか。

アメリカではあまり見ないペダルがたくさんありました。
カナダというお国柄なのか、ニュージーランドやギリシャのメーカーとか。
たぶん契約店でしか扱えないメーカーなのだと思われます。


旅先では財布のヒモがゆるむモノ。
で、入手したのがコレ。

P1030597

ニュージーランドのG2D社の“MORPHEUS”(モルフェウス)
名前のカッコ良さに惹かれた・・・ような気がする。
ペダルの紹介は次回に。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2013年6月 7日

クレイジー・トレイン再搭乗


またオジー・オズボーンの「クレイジー・トレイン」をば。
前回はライブバージョン、今回はスタジオバージョンです。

Ozzy

この曲のスタジオ版、ギターが左右に2本入っていて、
同じ内容を弾いてますよね。
左右の音がほぼ同じに聞こえるので、1回の演奏で
2トラック使ってるのかと思ったけれど、
よく聞いてみると微妙に違うし、意図的に変えて弾いてると
思われる箇所もあって、不思議な効果を生んでます。

ギターソロも左右両方から聞こえて、微妙に違ってる。
速弾きでも、まさかのシンクロ率!
あれだけ速くても全く同じに弾けるランディーさんって、
やっぱスゴイっす。

ギターの音も、今どきの音と比べるとイマイチだけれど、
曲のイメージにはよく合っているし、ずっと聞いてると、
何だかとても良い音に聞こえてくるから不思議。


という訳で、今回は、スタジオ版の録り方を真似て、
ギターの音質も似せることをテーマにしてみました。
これで腕に覚えがあれば、完コピ目指しました!なんて
胸張れるのだろうけど、そこまでのモノではありませぬ。

ところでローズさんと言えばMXRの「ディストーション+」。
でも、それ持ってないので、Zoom MS100に入ってる
「ディスト+」のシミュを使ってみたけど、全然違う・・・。
いえいえ、この曲には違うってだけで、MS100がダメだという
意味ではありませんので。


いろいろ試した結果、アンプシミュ“AmpliTube
”のJCM900が
一番しっくり来たので、歪みはそいつで作ってみました。

ちなみに別のアンプシミュ“GuitarRig
には、
その名も「クレイジー・ランディー」というプリセット音があって、
正にこの曲の音。
コーラスが掛かっているので、ダブリング効果をそれで
再現しようってことなのかも。

それを使えば一番ラクなのだが、それではあまりに安直。
「音作り」ってのも、ギターの楽しみ方の1つなのです。


という訳でミックスダウンを繰り返すこと5、6回。
とりあえず一旦完成したのだが、日を開けて再度聞いてみると
何か足りない・・・。

改めてオリジナルを確認したところ、よ~く聞いてみると
リフが微妙にうねってる? 
間に入るオカズフレーズは、ワウワウ言ってるような気もする。
そこで、AmpliTubeにワウを加えてみたら、何だか良い感じに。
マイケル・神・シェンカーばりのワウ半止めであります。

ワウいれてミックスダウンすること、さらに数回、
バージョン(たぶん)10が、この音源です。





ギターはESPのホライズン、オケはいつもの
Guitar Backing Track. comから入手しました。
冒頭のスクラッチ効果音は、オリジナルから借用してます。


ところで重大なミス発覚。
5弦ダカダカ&コード鳴らすリフ、本来は普通の4連符なのに、
跳ねて入ってもうた・・・
これ録り直しとなるとほぼ全編録り直し・・・
そこまでの気力は、もう残ってないのでありました・・・



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年6月 2日

パンケーキとか


パンケーキの“pan”は食パンのパンではなくフライパンの“pan”。
知らなかった。
考えればすぐ分かることなのにうかつでありました。


Img_0905

パンケーキはデザートのイメージがあるけれど、
こちらでは朝食メニューだったり普通の食事メニューだったり。
で、やっぱり量は大盛り。

これで2人分のバターとメイプルシロップ。
多すぎです。使い切れません。

Img_0898


食事メニューとは言え、やっぱりパンケーキには
フルーツや甘い系トッピングが良く合います。

Img_0913

トッピングの量もアメリカン。多すぎると思われます。

Img_0910


パンケーキにスクランブルエッグとソーセージやベーコンが付いたものを、
「ランバージャック」(木こり)と言います。
木こりは1日中、森にこもるから、朝食をたくさん食べる必要がある、
だからパンケーキとタマゴとソーセージでボリュームたっぷり、
なんて説があるそうだけど、定かではありませぬ。

分かりにくいけれど、これ「ランバージャック」です。

Img_0884


パンケーキってたまにスゴく食べたくなるのだけれど、
写真みたいなビッグなボリュームの店が多いので、
一度食べると、もうしばらくはいいや、って気になります。

Img_0901



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

無料ブログはココログ