たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 新しいキーボード | トップページ | ブラウンサウンド・ペダル弾き比べ »

2013年4月29日

Mad Professor 1

エディー・ヴァン・ヘイレンのギタープレイ&サウンドは
70~80年代を愛するギターオヤジの憧れであります。

その人が出すギターの音を形容する「言葉」があるってのは
エディー兄貴ぐらいじゃないだろうか。

その“ブラウン・サウンド”を再現したペダルは多々あるけれど、
あのマッドプロフェッサーからも出ました。
その名も「マッドプロフェッサー 1」。

P1030388


Vヘイレン1stアルバムの音を再現しているから“1”なのか、
“I'm the One”の“One”なのか、
エディー兄貴は“No.1”ということか、あるいは“Only One”なのか、
はたまた、コレ1個でこと足りるから“1”なのか・・・

とにかく、名前聞いただけで入手せねばと思わされる
ナイスなネーミング。

これ、マッドプロフェッサーお得意のコンビペダル。
歪みとリバーブの組み合わせ。
コレ1個でブラウンサウンドはOKということらしい。
やはりブラウンサウンドにリバーブは欠かせませぬ。

音のサンプルに“You Really Got Me”を。
最初、エフェクターの音のサンプルだからシンプルにと思ったけど、
結局、いろいろといじってしまいました。
あのリバーブ感が欲しかったのです。




オケはいつもの“Guitarbackingtrack.com”
ギターはスイッチングがあるのでレスポール。
AmpliTubeとSONARのプラグインエフェクトも使ってます。


ところでこのペダル“Guitar Center”と“Musician's Friend”
という店の限定販売品らしい。

P1030378


ゲインツマミが“BROWN”って名前で、
トーンコントロールはなくて“PRESENCE”のみという徹底ぶり。
エディー兄貴やるには最適ではありますが、
ゲイン幅もリバーブの可変域もかなり狭いし、
トーンコントロールもないから音のバリエーションは、ほぼ1つ。
あっ、だから“1”なのか。

そのピンポイント狙いには好感が持てまするが、
応用は利かないから、幅広く使いたい方には
ワンプラーのピナクルの方がオススメ

初期のエディー兄貴やりたい方はこっちをどうぞ。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 新しいキーボード | トップページ | ブラウンサウンド・ペダル弾き比べ »

コメント

おっとーーー!!
ブラウン来ましたね。先日Youtubeで見て気になってました。
ゲットおめでとうございます。
リバーブ感が結構来てますよね。またツマミのブラウンがいさぎよいです。
音源ナイスです!

ヴァンヘイレンと言ったらこの曲ですね。
ライトハンド奏法が冴えてます。(^.^)b
いつもながら見事な演奏ですね。

商品名も最後に解答なんてニクイ演出です。

ピナクル+レスポールの音も聞いてみたいですね。

yoshiさん、コメントどうもです。

「ナイス!」をありがとうございます。やはりyoshiさんもチェックされていましたか(笑)。
あのマッドプロフェッサーのブラウンサンド。気になりますよね。
でも、これはこれで有りだとは思いますが、リバーブなんて付けなくていいから、Mプロフェッサーには、もっと本気のブラウンサウンド・ペダルを作って欲しい・・・ それが正直な感想です(^_^;)

rimixさん、コメントをありがとうございます。

お褒めの言葉&リクエストをありがとうございますm(_ _)m
でもVヘイレンはもう弾ける曲がありません・・・、あ、Vヘイレンじゃなくてもいいのか(笑)。
最近、PRSとESPばかり弾いていたので、久しぶりに弾いたレスポールが弾きにくいのなんの。できればあまり使いたくないのです(笑)

やっぱり、Joeさん上手いなあ、 テクニック満載という感じですね。  ヴァン・ヘイレンは90年頃にベストを買って聞いてました。 とても自分で演奏しようとは思えなくて、 未だにコピーしたことないです。 なんか手頃な曲ないかな? ある訳ないですね。 (≧∇≦) 

yoppapieさん、コメントをありがとうございます。

お褒めのお言葉恐れ入ります。でもコレ、部分録りだし、何度も取り直したし・・・。
通しで弾けるのが本当に上手な人だと思います(^_^;)
ヴァンヘイレンは難易度高いですよね。簡単そうに聞こえても、あのキレや微妙なニュアンスを再現するのが難しいです。
それでも強いて挙げれば、私も以前取り上げた“Runnin' With The Devil”あたりが手頃でしょうか。ライトハンドもアーミングも出てこないし。
ヴァンヘイレンの曲は、イントロリフを弾くだけでも気持ちが良いですよね(^_^)b

やりますなぁ~。(^o^)/

サウンド、良いですね。ホントに初期のエディーの音って感じがします。
それもこれも演奏が良いからなんですけどね。ばっちりだと思いますよ。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

褒めて頂き嬉しいですヽ(´▽`)/
エディー兄貴の音はリバーブも効果的に使われていますよね。そのリバーブを歪みと合わせたこのペダル、目の付け所が鋭いです。
でもペダルの音だけでは物足りなかったので、AmpliTubeではメサブギ・トリプルレクチを使い、リバーブもあとから付け足しました。
もはやペダルのデモサウンドとは言えないかもしれません(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/51419563

この記事へのトラックバック一覧です: Mad Professor 1:

« 新しいキーボード | トップページ | ブラウンサウンド・ペダル弾き比べ »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ