たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« AmpliTubeでSeparate Waysの音作り | トップページ | ADA GCS-2 ギター・キャビネット・シミュレーター »

2013年3月20日

OKKO Diablo Gain+


エレキ&ロックの世界ではドイツ製品も大人気。
アンプで言えば“Hughes & Kettner”とか“Diezel”とか“ENGL”とか。
あのマイケル・シェンカー先生だってドイツ産。
ハードロック&ヘビメタ系御用達というイメージです。

もちろんエフェクターにもそそられます。
特に“OKKO”や“WEEHBO”のブツは魅力的。

ネックはその価格。アメリカでも高いんです。
ジャーマン・ペダルさん達には関税かかってるんでしょうかね。

で、入手をためらっていた訳ですが、
ドイツ在住の友人がこっちに遊びに来ると言うではありませぬか。
「とっても小さな箱で荷物にならないしお金ちゃんと払うし米ドルで払うし」
って事で交渉成立。
めでたく入手したブツがコレ、オッコの「ディアブロ」です。


P1030013


ごっつい名前から想像するにハイゲインかと思いきや、
オッコには、もっと歪む“Dominator”ってのがあって、
こっちのディアブロは、オーバードライブ~ミディアム・ゲインです。

“+”はブースター機能。
“FEED”と“BODY”ってツマミは、今イチよく分からんのですが、
たぶんミドルとベース、コンプ感の調整だと思われます。
音のキャラがちょっとだけ変わりますちょっとだけね。

このペダル、やたら元気! 生きが良い!
前側面にロー(9V)とハイ(18V)の切り替えスイッチが付いていて
ハイにするとホントにハイになって更に元気ハツラツな音に。

オン・オフ切り替えスイッチに“GO!”って書いてあるのもステキ。
促されるまま“GO!”にすると、ツノの付いたオレンジの丸いヤツが光る。
楽しいですその気になります。


元気な音が合いそうな曲ってことで「ハートブレイカー」を録ってみた。
ハートブレイカーと言ってもツェッペリンではありません。
グランドファンク・レイルロードでもありませぬ(あの曲は好き)。
パット・ベネター女史であります。

ビートの効いたカッティングにドスの効いた声で歌う女史の姿に
青い春まっただ中の私はハートをブレイクされたのでありました。





今回もカラオケバージョンで仕入れたオケを使ってます。
ギターはすべてディアブロかましてます。
80年代の空間系たっぷりゴージャス音も好きですが、
こういうシンプルなビート系の音もまた、たまりませぬ。

バッキング音にはAmpliTubeを使ったら、なんかダレたので、
ソロはギターアンプ経由で録りました。
そしたら何だか元気を取り戻したご様子。
そういや私のアンプはドイツ製。
ドイツ同士ってことでOKKOとは相性が良いのかも。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« AmpliTubeでSeparate Waysの音作り | トップページ | ADA GCS-2 ギター・キャビネット・シミュレーター »

コメント

音、いいですね~
いつもながら、サウンドの良さはには頭が下がります。
コンパクトと言うと、自分が昔出してたアマチュアそのもの音を想像してしまい、コンパクトで歪ませる事をためらうのですが、Joeさんが紹介してくれる音は、そんな考えを払拭してくれます。
演奏もバッチリですしね。(*^^)v

パットベネターは名前位でしたが、サビの部分で「あ~この曲か」と思い出しました。
Joeさんの音楽の幅を感じます。

エフェクターの事でJoeさんに言うのも烏滸がましいのですが、ツマミのBODYはボディーの鳴りを擬似的に加えるのではないか?と…
FEEDはブースターへ送る量?原音とブーストされた音が混じる仕組み?又はブースターの音量差?
と、直感で書いてしまいました。(笑)
すいません、余計なお世話でしたね。(^^ゞ

rimixさん、朝いちコメントをありがとうございます。
お褒めいただき恐縮です。

烏滸がましいなんてとんでもない。
私は「歪みペダル好き」というだけで、知識が豊富な訳ではありません。アドバイスはありがたいです。
なるほど、そう考えれば分かりやすいですよね。今どきのエフェクターは、よく分からんツマミが多くて苦労してます(笑)。

今どきのエフェクターの音が良くなったのもあると思いますが、良い音で録れるようになったことも影響大だと思われます。
私の力ではなく、今どきのDTMのおかげなんです(^_^;)

これも良い音しますね。rimixさんじゃありませんが、ペダルとアンプの歪の区別はもはや難しいですね。
自分の持っているペダルも新しい目のものはアンプライクな歪でギターのボリュームにもちゃんと反応します。

演奏も良いですね。ソロも良いけどバッキングの音がリアルでぞくっとします。(^.^)

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

今どきのペダルはいい音がしますよね。
自分もBOSSやマクソンのディストーションペダルのイメージしかなかったので、
今どきのペダルの音を体感した時には、目からウロコでした。歪みペダルにはまったゆえんです(笑)。

バッキング音で、ぞくっとされましたか。まさか下手さ加減に悪寒とか?(笑)。
こんなシンプルなギター音&バッキングもたまらんですよね(笑)。

80年代はほとんど音楽は聞いていなかったのかなあ? こんな良い曲や素晴らしいドイツのミュージシャンや機材が人気があることすら知らないでいました。 (・・;)
ドイツの製品って凄く品質が良くて丈夫な印象があり、なんか安心感がありますね。 音もなんか高級感が感じられます。 ん? 音はJoeさんの演奏が良いからでした。
それにしても、ボディとはフィードとかせっかく英語で書いてあるのになんかピンときませんね。 感覚の違いなんですかね? (笑)

yoppapieさん、コメントをありがとうございます。

私も同じです。かなり偏った聴き方をしていたので、初期のヘビメタや80年代中期以降のハードロックはほとんど知りません。
最近になって知った「名曲」も多いです(^_^;)

ドイツ産は車でも家具でも機能的で実用的というイメージがありますよね。エレキ関連品も同じイメージです。
おもしろいのは、ドイツ産のアンプ、エフェクターって、どのメーカーも機能がほぼ同じってこと。
エフェクターで言えば、各メーカーとも同じサイズでブースターが付いてて、電圧切り替えスイッチが付いている。
ドイツ人も「右に倣え」という気質なんですかね。

ドイツの音楽は日本ではあまりメジャーではありませんよね。ヒューケトのアンプを物色していたころ(結局line6にしたので買いませんでした)、ネットで見たのがトーマスブルグです。ミスターストラトキャスターといわれるくらいギター上手いです。どういう基準で変えているのかがわかりませんが、演奏中にフレーズ毎にピックアップを変えてます。シングルコイルのギターもいい音がするなと思って聞いています。(8本持ってるギターでシングルは1本のみなので)あれ、ちょっと話がずれちゃいました。

ウッソさん、コメントをありがとうございます。

ドイツの音楽となるとバッハやベートーベンぐらいしか知りません。ロックだと80年代に流行ったネーナの「99」ぐらいでしょうか(笑)。
トーマス・ブルグ良いですね。YouTubeで検索してみました(笑)。
1曲の中に色々な音が出てくるのがスゴイです。ビンテージストラトでアームをあんなに使うのも珍しいし。
良いギタリストを紹介していただきました。ありがとうございます(^_^)b

GO!なんて書かれてあったら
「よーしっ!行くぜぇーっ!」っていう気分になりますよねー
この曲知ってます♪
こんなギターの音は大好きです(*'▽'*)♪
ふと思ったのですが、最初のギターの出だし…
ランナウェイズのチェリーボムはこの曲からヒントを得たのかなぁー?
と思いましたよ(*^_^*)

MIKIさん、コメントをありがとうございます。

やっぱりこういう音って、エレキ好きの方はみんな大好きなんですね(笑)。かく言う私もその一人です(^_^)b
ところでチェリーボム、私も似ていると思ってました!(笑) 気になったので調べたら、チェリーボムの方が先の発売。
ということは・・・(゚Д゚)

ふたたび、こんにちは(^_^;)
あら、まぁ、チェリーボムのほうが先でしたか!
(@_@;)
教えてくださり、ありがとうございます 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/50850889

この記事へのトラックバック一覧です: OKKO Diablo Gain+:

« AmpliTubeでSeparate Waysの音作り | トップページ | ADA GCS-2 ギター・キャビネット・シミュレーター »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

無料ブログはココログ