たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月26日

ADA GCS-2 ギター・キャビネット・シミュレーター


ギター・キャビネット・シミュレーターなるモノについて書かせてください。
A/DAと言うメーカーの“GCS-2”というシロモノであります。

03255_2

この手のモノでは、エディー兄貴もお使いだったという
パルマー社のラック式が有名かと思うけど、
これは、もっとシンプルなアナログのシミュレーター。

エフェクターやアンプヘッドからこれにつなげば、
ライン出力でもスピーカーキャビネットで鳴らした音になるという、
ヘッドフォン愛用宅録派にはありがたいシロモノ。

03256

でもコレ、XLR出力もあるし、DIボックスとして考えられたものかも。
確かにこいつを使って直接ミキサーに送れば、
ギターアンプによって音が変わってしまう煩わしさから解放される。
と言うことは、ライブに重たいアンプを持って行く必要がなくなる訳で、
エフェクター愛用のライブ派にもありがたい一品。

かく言う私は、歪みエフェクターとAmpliTubeの組み合わせが
イマイチに思える場合が多いので、こいつを導入しようと思った次第。


サンプル録ってみました。
違いが分かりやすいようにハイゲイン系ペダル、
MIエフェクトの“MEGALITH DELTA”を使ってみた。

03257_2





リズムがちょっと怪しいのはご容赦を・・・。

“VINTAGE”と“MODERN”の違いはお聞きの通り。
サイズを“12 INCH”、タイプを“SEALED”にすると
ちょっとだけ低音が強調されます。ちょっとだけです。

“MIC PLACEMENT”ツマミは、EDGE側がこもった音、
“CENTER”側はハッキリした音に。


アンプシミュなんてデジタルくせえもんなんぞ使えるかってんだっ!
という粋な方にはもちろん、
PCスペックでアンプシミュソフトが厳しい方とか、
ギターアンプのラインアウトから録りたい方、
等々のみな様には、有益な選択肢になると思われます。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2013年3月20日

OKKO Diablo Gain+


エレキ&ロックの世界ではドイツ製品も大人気。
アンプで言えば“Hughes & Kettner”とか“Diezel”とか“ENGL”とか。
あのマイケル・シェンカー先生だってドイツ産。
ハードロック&ヘビメタ系御用達というイメージです。

もちろんエフェクターにもそそられます。
特に“OKKO”や“WEEHBO”のブツは魅力的。

ネックはその価格。アメリカでも高いんです。
ジャーマン・ペダルさん達には関税かかってるんでしょうかね。

で、入手をためらっていた訳ですが、
ドイツ在住の友人がこっちに遊びに来ると言うではありませぬか。
「とっても小さな箱で荷物にならないしお金ちゃんと払うし米ドルで払うし」
って事で交渉成立。
めでたく入手したブツがコレ、オッコの「ディアブロ」です。


P1030013


ごっつい名前から想像するにハイゲインかと思いきや、
オッコには、もっと歪む“Dominator”ってのがあって、
こっちのディアブロは、オーバードライブ~ミディアム・ゲインです。

“+”はブースター機能。
“FEED”と“BODY”ってツマミは、今イチよく分からんのですが、
たぶんミドルとベース、コンプ感の調整だと思われます。
音のキャラがちょっとだけ変わりますちょっとだけね。

このペダル、やたら元気! 生きが良い!
前側面にロー(9V)とハイ(18V)の切り替えスイッチが付いていて
ハイにするとホントにハイになって更に元気ハツラツな音に。

オン・オフ切り替えスイッチに“GO!”って書いてあるのもステキ。
促されるまま“GO!”にすると、ツノの付いたオレンジの丸いヤツが光る。
楽しいですその気になります。


元気な音が合いそうな曲ってことで「ハートブレイカー」を録ってみた。
ハートブレイカーと言ってもツェッペリンではありません。
グランドファンク・レイルロードでもありませぬ(あの曲は好き)。
パット・ベネター女史であります。

ビートの効いたカッティングにドスの効いた声で歌う女史の姿に
青い春まっただ中の私はハートをブレイクされたのでありました。





今回もカラオケバージョンで仕入れたオケを使ってます。
ギターはすべてディアブロかましてます。
80年代の空間系たっぷりゴージャス音も好きですが、
こういうシンプルなビート系の音もまた、たまりませぬ。

バッキング音にはAmpliTubeを使ったら、なんかダレたので、
ソロはギターアンプ経由で録りました。
そしたら何だか元気を取り戻したご様子。
そういや私のアンプはドイツ製。
ドイツ同士ってことでOKKOとは相性が良いのかも。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年3月17日

AmpliTubeでSeparate Waysの音作り


ブログネタが厳しくなってきたので、
“Separate Ways by Journey”でもう1回書かせてください。

イントロの音作りについて。
Separate Waysのイントロ、あの低音の迫力、
この曲のポイントですよね。
あれを再現すべく、試行錯誤したいと思ったので
今回もAmpliTubeを使いました。
後から修正がきくアンプシミュソフトは、こんな時になにかと便利。

あのイントロ、良く聴いてみるとメインの音はちょい左寄りに聞こえる。
で、右からはちょっと遅れてディレイ効果狙ったような音が聞こえる。
2トラック使って迫力出している模様。
同じ効果狙って一度に2トラックに録音してみた。

実際にPCに録音した音はこんな感じ。




情けない音です泣きたくなります。
これが2トラックだから哀しさもダブルであります。

低音の迫力を出すには、今どきのハイゲイン系アンプでしょ、
ってことで、最初はメサブギ・トリプルレクチの音で試してみた。

031601

音はこんな感じ。




悪くはない。悪くはないけど良くもない。
低音効き過ぎ。
ここはやっぱりマーシャルか、ってことでJCM900のプリセット音をチョイス。
ニール・ショーンさんもマーシャル使ってたみたいだし。

031602





おっ、かなりいいんじゃね。
メインはこれで決まり。で、次は右の音。
同じJCM900のプリセット音で良いのがあった。
これです。




ちょっと中音域に寄った感じがグッド。
ディレイのオマケ音のイメージに合ってる。
右の音はこれで決まり。

でパンを左右に振って右をちょっと遅らせてリバーブかけて
こんな感じに。




おおっ、あの情けない生音がここまで変わるとは!
アンプシミュソフトってスゴすぎです。


実際は、これの左にコーラス、右にフランジャーを軽めにかけて
パライコでちょっといじって使いました。

ギター弾くのも楽しいけど、こんな風に音作るのも
また楽しいのであります。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年3月10日

Separate Ways / Journey


何度も書いているけれど、歪んだギターの音が好き。
特に80年代ロックの音。
具体的にはマーシャル系の歪みでコーラスやディレイを使った
ゴージャスな音です。

ボン・ジョビやジャーニーがど真ん中のストレートで
ストライクのノックアウトなのであります。 

大好物の“Separate Ways”録ってみますた。

Journey_01_2

いつもお世話になっているのは“Guitarbackingtrack.com”
というサイトですが、“Separate Ways”のオケは
なんか音がイマイチだったので、
今回は“KARAOKE VERSION”のオケを使ってみました。

Guitarba~の画面で“Customize this track”って
書いてあるとこをクリックすると飛ぶ、あのサイトであります。

http://www.karaoke-version.com/


“KARAOKE VERSION”は、有料なんだけど、
落とすトラックを選べます。それがカスタマイズってことらしい。
通常、ギタートラックをミュートした状態でダンロードして、
ギター以外全部入りのオケを使う訳ですが、
このサイトがエライのは、一度金払うと
何度でもダウンロード可ってこと。

最初、全部入りのオケ使ったのだけど、
シンセの音がイマイチ小さい。
ベースの音も、目立たせたい。
ってことでシンセとベースだけのトラック、
そして、それ以外全部入りのトラック、
計3トラックをダウンロードして使ってみました。

ちょっとシンセとベースを強調してみたのだけれど
その効果はいかに?




ゴメンナサイ速弾きがいい加減です。
これが現状の精一杯なのであります。
その他モロモロ、オリジナルがよく聞こえない箇所は、
まあ雰囲気ってことで。


ところで“KARAOKE VERSION”、
ここ、基本は英語のサイトなのだけれど、
言語が色々選べるようになって

でも日本語は選択肢に無い。

おいおい「カラオケ」って日本語なんだよ。
サイト名に日本語使ってるのに
日本語表記に出来ないって、どうよ?



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年3月 6日

AmpliTubeのワウ操作


Amplitube035
うかつでした。
知らなかったんです。
AmpliTubeは、外部コントローラーを使わなくても
ワウのペダル操作ができるってことを。

何気なく、だいぶ前に買った雑誌を読んでいたら、
書いてあるじゃないですか。
AmpliTubeのワウの使い方。

雑誌を買ったばかりの時に読んでいたはずなのに、
なんで忘れてたんだろう。

AmpliTubeはマウス使ったワウペダルの操作が可能なんです。
さすがにギター弾きながらの操作は無理で、
録音した後にエフェクトを掛ける仕組み。

基本操作はワウペダル上でマウスをドラッグ。
ドラッグ上方向でペダルを踏み込んだ状態に、
ドラッグ下はその逆。

DTMソフトにはオートメイションの記録機能ってのがあるので、
そいつをAmpliTubeでも利用する訳です。

オートメイションをライティング状態にしてトラックを再生し、
曲に合わせてワウワウすれば、記録完了。

0351

記録した動きは後から修正も可能
で、
波形上の白いぽっちをドラッグして整えればOKです。


と言うことは、ペダル操作が難しそうだからと
諦めていたあんな曲やこんな曲もできるかも。
さらには、足ではできない微妙なペダル操作も可能ってこと。
スバラシイですサスガです。

これってAmpliTube使っている人は
普通にご存じのことなのでしょうか?
やたらと感動している私は、ただのおめでたいヤツ?
きっとそうだそうに違いない間違いない。


でもひとつ賢くなったからいいんです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2013年3月 3日

It's My Life


P1030007

たびたび登場しているLINE6のM5。
たくさんエフェクターが入っている中で変なのが1つある。
なんか男の声で「ワウワウ」言ってる。

“Voice Box”という名のこのエフェクト、
“Talk Box”を再現したモノらしい。
ジェフ・ベック師匠も使っていらしたチューブくわえて弾くアレ、
トーキング・モジュレーターってやつです。

さすがにM5にチューブマイクは接続できないので、
出る声はA、E、I、O、Uの5つのみ。
その中から出だしと終わりの音を選ぶ仕組み。

P1030004

出だしを“A”、終わりを“U”にすれば「アウアウアウアウ~」
終わりが“I”なら「アイアイアイアイ~」となって、
おサルさんが出てきそうな感じに。

スピード設定がうまく曲のテンポに合えば、
しゃべりながら弾いているような雰囲気になる訳です。


コレ使ってボン・ジョビの“It's My Life”を録ってみました。
ホントは“Livin' On A Prayer”やりたかったけど
さすがにそれは無理。こっちなら何とかなるかと思った訳です。





例によってネットで仕入れたオケにギターを重ねました。
リードはZOOMのMS-100で歪みと
オクターバーをかけて
それからM5に繋ぎました。
バッキング・ギターはAmpliTubeで作ってます。


良い曲ですよねコレ。
ボン・ジョビさんが力強い声で“It's My Life!!”とか叫んでいると
何だかそれだけで泣けてくる。

ところで歌詞に出てくる「フランキー」ってフランク・シナトラ?
ボン・ジョビもフランク・シナトラも共にニュージャージー出身。
ニュージャージーつながりなのか?



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ