たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« Separate Ways / Journey | トップページ | OKKO Diablo Gain+ »

2013年3月17日

AmpliTubeでSeparate Waysの音作り


ブログネタが厳しくなってきたので、
“Separate Ways by Journey”でもう1回書かせてください。

イントロの音作りについて。
Separate Waysのイントロ、あの低音の迫力、
この曲のポイントですよね。
あれを再現すべく、試行錯誤したいと思ったので
今回もAmpliTubeを使いました。
後から修正がきくアンプシミュソフトは、こんな時になにかと便利。

あのイントロ、良く聴いてみるとメインの音はちょい左寄りに聞こえる。
で、右からはちょっと遅れてディレイ効果狙ったような音が聞こえる。
2トラック使って迫力出している模様。
同じ効果狙って一度に2トラックに録音してみた。

実際にPCに録音した音はこんな感じ。




情けない音です泣きたくなります。
これが2トラックだから哀しさもダブルであります。

低音の迫力を出すには、今どきのハイゲイン系アンプでしょ、
ってことで、最初はメサブギ・トリプルレクチの音で試してみた。

031601

音はこんな感じ。




悪くはない。悪くはないけど良くもない。
低音効き過ぎ。
ここはやっぱりマーシャルか、ってことでJCM900のプリセット音をチョイス。
ニール・ショーンさんもマーシャル使ってたみたいだし。

031602





おっ、かなりいいんじゃね。
メインはこれで決まり。で、次は右の音。
同じJCM900のプリセット音で良いのがあった。
これです。




ちょっと中音域に寄った感じがグッド。
ディレイのオマケ音のイメージに合ってる。
右の音はこれで決まり。

でパンを左右に振って右をちょっと遅らせてリバーブかけて
こんな感じに。




おおっ、あの情けない生音がここまで変わるとは!
アンプシミュソフトってスゴすぎです。


実際は、これの左にコーラス、右にフランジャーを軽めにかけて
パライコでちょっといじって使いました。

ギター弾くのも楽しいけど、こんな風に音作るのも
また楽しいのであります。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« Separate Ways / Journey | トップページ | OKKO Diablo Gain+ »

コメント

後で音を作れるっていいですね~。
いつもイコライザーで逃げてますけど、空間系はそうも行きません。

悪くないけど良くも無い…気持ちわかるので笑えます。

PRSの生音は、思ってたより丸い音ですね。
これってリアPUですか?

Amplitubeなかなか凄いですね。 私はまだ、PC上でのアンプシミュレーターはハードルが高くて手がだせません。 この間もGuitar Rigの体験版をインストールしてみましたが、 あまり使いこなせませんでした。 ただ、良い音がするのは解ったし、後から編集しなおせるメリットも解りました。 悩みます。 (笑

rimixさん、コメントをありがとうございます。

空間系エフェクトは、全体の中での効果が分からないと辛いですよね。DTMで後掛けに慣れると、もう戻れません。
80年代の曲は、AmpliTubeのJCM800、900を使えば、とりあえず雰囲気は出るのでラクさせてもらってます。
でも演奏の方は、悪くはないけど良くもない・・・、形にはなったけど何か違う・・・、許容範囲だけど何か足りない・・・、
そんなのばかりなんです(^-^;
PRSはリアの音です。レスポールみたいな音ですよね。

yoppappieさん、コメントをありがとうございます。

アンプシミュ、いいですよ~(*^-^) 悩むと言いながらも、Guitar Rigも試していらっしゃる。サスガです(笑)。
Guitar Rigもいい音ですよね。私にはAmpliTubeの方が分かりやすかったのですが、Guitar Rigの方が良いと言う方もいます。
その辺は好みですよね。大いに悩んでください(^_^)b

わかりやすい比較で参考になります。

自分は先日KORGの小型マルチエフェクターを壊してしまったわけですが、
LINE6のPODのわりと初期のモデルがあるのを思い出して試しています。
あくまでもエフェクターとしての使用を考えていて、本来の機能であるアン
プシュミレーターとしては使わないつもりです。(今のところ)

とはいっても、アンプタイプはどれかを選ばなければならないので、フラット
な特性のTUBE PREAMPを選んでみました。
これ、なんか意外といけそうです。真空管の艶みたいなものが若干再現
されてるような気がするのでBBキングのような音を目指して録ってみよ
うと思ってます。その上でAmplitubeであとから音をいじってみるとか遊
んでみようかな。とか思ってます。

テイルピースさん、コメントをありがとうございます。

PODの古いバージョンは、使いこなせずに手放した苦い思い出があります。当時のアナログ思考アタマには、ハードルが高すぎました(/_;)

BBキングの音ですか! クリーンで太い音は難しいですよね。音作りもそうだし、歪みと違ってヘタなのをごまかせない(^-^;

私は最近、AmpliTubeの「相性」みたいなモノを感じています。
ギターによってエフェクトのノリに差が出るし、外部エフェクターで歪ませてからAmpliTubeに通すと、あまり良い音にならないような気がする。
まだまだ試行錯誤が必要です。そこがまた楽しかったりするのですが(^_^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/50697320

この記事へのトラックバック一覧です: AmpliTubeでSeparate Waysの音作り:

« Separate Ways / Journey | トップページ | OKKO Diablo Gain+ »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ