たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日

Sam Ash New York


よく行く楽器屋「サム・アッシュ」のニューヨーク店が移転しました。

以前はタイムズ・スクエア近くの古いビルだったのが、
今度は34丁目、9番街からすぐの場所へ。

Img_0711_3
   

新しく広く、そしてキレイになった店内。

Img_0721_4


私の一番の興味はこのお部屋。お高いギターがズラリ。
実はPRSはこの店(旧店舗)で買いました。
次なるターゲットもこの部屋の中に・・・ 
なんて当分買えないですけどね。

Img_0714


ギブソン・カスタムが充実してました。
やっぱり一番人気なのか?

Img_0717

アコギやDTM関連もコーナー展開してます。
PA関連やキーボード類、各種アクセサリーや楽譜、
そして金管楽器からバイオリンまでなんでも売ってます。

通常価格が業界最安値レベルなのに、
割引クーポンを乱発してくれる、とてもありがたいお店であります。


これまでは、どちらかと言えば「ギターセンター」の方が
広くてキレイで好きだったのだけど、新しいサム・アッシュも良い感じ。
コレでレア物エフェクターも扱ってくれると完璧なんだけど。

Img_0720



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月24日

歪みペダル弾き比べ


お気に入りの歪みエフェクターを6つ選んで
先日アップしたJ・サトリアーニの曲を弾いてみました。
クラシック・ディストーションとかマーシャル系とか
そんな呼び方をされるペダルです。

どれも歪みツマミを7~8、トーンは中間位置にして
同じような音になるように設定してます。
ギターはESPのホライズン。
ヘタなオヤジがやっつけ仕事で弾いたって感じが、
とてもよく出ていますスミマセン




最初はおなじみワンプラーの2つ。“Plextortion”と“Pinnacle”
どちらもモダン・モードでピナクルはブースト・オフ。

0202_2

次はSuhrの“Riot”とマッド・プロフェッサーの
“Mighty Red Distortion”(MRD)。
ライオットのViceスイッチは真ん中に。
MRDはノイズがほとんどない良いペダルなのですが、
出力レベルが小さいです。6つの中では最小でした。

0203_2

最後がJHSの“Angry Charlie”とMI EFFECTSの“Tube Zone”。
JHSはアメリカ、MI EFFECTSはオーストラリアのビルダーです。

0204_3    


同じような設定にして録ったから、
似た音になるとは思っていたけど、ここまで似ているとは。
もともと好みの音のエフェクターを集めている訳だし、
似てるのは当たり前かも。

設定をもう少し工夫すれば、あるいはちゃんとデカイ音で鳴らせば、
もっと個性が出るのかもしれません。

強いて言えば、ピナクルとアングリー・チャーリー、
そしてチューブ・ゾーンがモダン系でメリハリが効いた音、
他の3つがビンテージ系の正当派という感じでしょうか。

意外だったのはチューブ・ゾーン。
コレ、オーバードライブと書いてあるけど、かなり歪みます。
ピナクルといい勝負。エディー兄貴やるにも良いかも。

対してMRDはちょっとこもった感じに。
この甘さが好きなんですけど。


正直言って、これ、EQでいじればどれも同じ音になるんじゃね、
って程度の違いかも。
ってことは1つあれば足りるじゃん6つもいらないじゃん無駄遣いじゃん。
これは単なる浪費なのかそうなのか。

でも「それを言っちゃあおしまいよ」であります。
私にはみんな同じに見える女性の靴も、
妻は「どれも全然違う」と言う訳で、それと同じじゃないでしょうか。

微妙な違いを楽しむのがおしゃれ、いや趣味と言うものなのであります。




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月20日

TWIST STEPPER


アルファベットでタイトル書くと、
また歪みエフェクターの話かと思われるかもしれませぬが、
コレです。

P1020982

実は私、隠れ肥満なのであります。
ウエストサイズはメタボ基準以内。
が、どうも内臓に脂肪がつまっているらしい。

アメリカンな食生活もいけないのだろうが、
やはり運動不足が最大の原因だと思われ・・・。
ギター弾いてもカロリーは大して消費しないみたいです。

ウォーキングが良いと言うことは百も承知。
でも冬って寒いじゃないですか寒いの嫌じゃないですか。
と言う訳で家の中でも運動できるようにとコレ買ったのです。
安かったし。

こっちのアマゾンで買ったのだけど送られてきた箱を見てビックリ。
かなりでかい。
価格から考えて、もっとちゃちなものを想像していたのだけど
かなり頑丈そう。

“the maximum weight capacity is 250 lbs”とのこと。
ってことは約113キロの人でもOK。
さすがアメリカ。それぐらいの体重を想定してる。
でもコレ“Made in China”。
世はグローバルなのでありました。

P1020988

輪っかみたいなのはゴム製のヒモ。
これを引っ張りながら踏ん張れば、上半身のエクササイズにもなるという
超アイディア商品なのであります。
ついでにちっこいモニター付き。
説明書曰く“LCD Computer”です。
コレがコンピューターか? 日本ではきっとコレはタイマーと言うもの。

負荷を高めにしてやると5分が精一杯。
それじゃあエクササイズじゃなくて筋トレか。
軽めの負荷で長くやらないと意味ないような気がする。
ま、頑張りますわ。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月17日

BOSS DS-1


さかのぼること約35年、
初めて入手した歪みエフェクターはBOSSのDS-1でした。
BOSSとの出会いがDS-1だった訳です。

0217

これさえあればパープルだろうがツェッペリンだろうが高中さんだろうが、
何でもできる!なんて思っていた当時の私は無知なガキ。
でもちょっとうらやましい青い春でありました。

当時、エフェクターと言えばBOSSかマクソンの2択。
他にもあったのでしょうが、中学生の小遣いで買えるのはこの2つ。
BOSSのデザインが気に入ってDS-1を購入して以来、
BOSS一筋十数年・・・ いや途中ヤマハ使ってたこともあったな。

その反動か、今はBOSSには食指は動きませぬ。
でもDS-1は押さえておきたい。やっぱコレは世のスタンダード。
そんな衝動で入手したのがコレ、WEEDのモディファイDS-1です。
ベースのブーストとゲインアップスイッチが付いてます。


Super_colossal

ところでジョー・サトリアーニ。
今はVOXのシグネチャー・モデルが出ているけど、前はDS-1を使っていたとか。

この人、ギターインストなのにロックしてるのが良いです。
ジャズやフュージョンじゃない。音も曲もロックかなりロックしかもハード。
そして音の感じはとってもDS-1。


DS-1を使って彼の“Crowd Chant”を録ってみました。
オケはオリジナルを切り貼りして使ってます。





コーラス通してステレオで録りました。
歪み増すためにブースターもかましてます。

WEEDのDS-1、日本で買ったのですが、
こっちでKEELEYのモッド買えば良かったとちょっと後悔。
価格差ありすぎです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月15日

スミソニアン博物館

ワシントン話その2

ワシントンD.C.ではスミソニアン博物館にも行ってきた。

自分も知らなかったが、スミソニアン学術協会が運営する博物館
全部をひっくるめて「スミソニアン博物館」と呼ぶらしい。
10以上の博物館がワシントンDCにまとまって建ってます。

見に行ったのは、
まず「国立自然史博物館」

0208

入り口にはリアルなゾウさん。

0215

そして「国立アメリカ歴史博物館」

0210

なぜかPRSのギターが。もはや歴史なのかそうなのか?

0216

そして一番の目当てはここ。
「国立航空宇宙博物館」

0209

もとプラモデル小僧なオヤジはこういう所が大好きです。

0211

0213

0214

でも飛行機はほとんど吊されていて、場所は暗いし狭いし、
カメラ小僧には厳しい条件なのでありました。

ちなみに「エノラ・ゲイ」は、ここではなくて郊外にある別館に
展示されているそうです。

0212

ライト兄弟の飛行機は本物。
でもなんかちゃち。
ゼロ戦もそうだったのだけど、なんだかキレイすぎてリアルじゃない。
でっかい模型を見ている気分。

できればエイジングしてリアルさ、歴史感を演出してほしかった。
それでも十分楽しかったのでOKですけど。


ちなみにどこも入場は無料です。
さすが国立。太っ腹だぞアメリカ。


ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月13日

ワシントンD.C.


ワシントンDCに行ってきました。初体験であります。
ニューヨークから車だと約4時間で行けます。

0200
ワシントンさんの凛々しいお姿。


0201
オバマさんの職場。


0207
オバマさんの家。


0202
リンカーンさんの建物。


0203
この像を見ると、なぜかチンパンジーの顔を思い出すのです。


0204

0205
ワシントンモニュメント。
一昨年の地震以来、立ち入り禁止だそうです。


0206
モルダーとスカリーがいたところ。


ワシントンDCはキレイな街です。
ニューヨークとは全然違いました。
ホントに違いました。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月10日

ブライアン・メイの音


ZOOM MS-100の続きを。

P1020918

このガイドブックのサウンドメイキングには、
ブライアン・メイの「ボヘミアン・ラプソディ」の音も載ってます。
もちろんアンプはVOXのシミュレート。

ブライアン・メイと言えば“We Will Rock You”。
初めてあの音を聞いた時は衝撃を受けました。
他の人と全然違う、でもカッコ良い。
それ以来、ブライアン・メイ=“We Will Rock You”なんです。

と言う訳でWe Will~を録ってみました。
ガイドブックとは違う曲だけど、似た音なのでご容赦を。
ネットで仕入れたオケ使ってます。
ギターはストラトでフロントピック。



「ウィー~」の音、フランジャー(?)が浅くかかってますよね。
ガイドブックの音にステレオ・コーラスかけて
その感じを出してみました。

ちなみにMS-100、「ステレオ~」と名前の付いたエフェクト以外でも
ステレオ出力に設定出来るモノが結構あります。サスガ。


ところでいつも使っているAmpliTube。
AmpliTubeには珍しい人の名前が付いたプリセットがあって、
その名も“Brian Solo”。これ、ブライアン・メイですよね。

こっちの音でも録ってみました。
こっちもステレオにしてコーラスかけてます。




オマケにもうひとつ。Guitar Rig(Ver 4)です。
Guitar Rigの良い点はプリセット音の名前がナイスなこと。
“Little Jimis Wing”“Black Angus Lead”“Carlos in Europe”等々
元ネタが分かりやすいです。

Grig

ブライアン・メイの音と思われるものは
“One May”“Rhapsody Lead”の2つがあって
“One May”で録ってみました。



この音、ステレオ仕様で左右でちょっと音が違います。
本人がそうしてた、ってことでしょうか。


と言う訳で3つ弾き比べてみましたが、
どれが良いかってのは、優劣じゃなくて好みの問題かと。

強烈火力で仕上げたピリ辛中華料理風のZOOM。
バターたっぷりコクのあるフランス料理風のAmpliTube。
うす味だけど手の込んだ味付けの和食風Guitar Rig。

みんな好きです美味しいです。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2013年2月 6日

ZOOM MS-100BT

最近入手したエフェクターのことを。
ZOOMのMS-100です。

P1020929

歪み系エフェクターがメインの私でも興味をそそられる
新しいコンセプト「マルチ・ストンプ」。
なんでも「世界初」だそうです。

このMS-100、基本は先に出たMS-50と同じで、
ちょっとだけエフェクトの数が多いです。

内蔵エフェクト92個、アンプシミュ8種類、
6つのエフェクトを同時使用可能で、iPad使って
エフェクトの追加購入もできる、それでこのサイズこの値段。
スゴイですZOOMさんGood jobです。

でもiPad持ってないんです。

P1020927

操作性もよく考えられていて、マニュアルそんなに読まなくても
何となく使えます。単3乾電池仕様なのも好感が持てます。

難点は3つ付いているツマミがモニター側に傾いていること。
ペダル踏んだ時、足に触れないようにってことなんだろうけど、
コレだとツマミ回す時に、自分の手でモニターが隠れてしまう。
ツマミに目盛りが付いている訳でもないので、コレはちょっと困ります。

P1020918

日本のアマゾンで公式ガイドブックらしきものが売られていたので
これも入手しました。
コレ、MS-50と100を使った有名ギタリストの音の作り方が載ってます。
「誰々のこの曲の音」って具体的に書いてあるのが楽しい。
好きですこういう企画。参考になります。

という訳で、MS-100を使ってガイドブックに載っていた音を作り、
イントロだけ弾いてみました。
スミマセン、弾き手の腕はイマイチなので音だけ聴いてください。
ネットで落としたオケ使ってます。

まずはリッチー先生の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
ギターはストラトでフロントピックです。



これはマーシャル1959のシミュ+コンプの組み合わせ。
1959のシミュは出力先を「ライン」に設定しました。
弦を押さえるノイズがうるさいのはなぜだろう?

アンプシミュでは出力先をラインかアンプのどちらか選べます。
更にアンプは「コンボ」「スタック」「パワーアンプのセンド・リターン」が
選べるというこだわり仕様。スゴイです。


次、クラプトン大先生の「クロスロード」
ストラトのセンターピックです。



こちらは“Big Muff”とマーシャル1959の組み合わせ。
ガイドブックの設定だと歪みすぎだったのでゲインを下げました。


オマケはエディー兄貴の「アンチェインド」
アイバニーズRG9210で弾いてます。
半音下げのドロップDって強烈。でもチューニングが甘くなりました。



これはアンプシミュは使わずにエフェクトで歪ませてます。
いかにもライン録りって感じだったので、ギターアンプ経由で録音しました。
これも指定の設定だと歪みすぎに感じたのでゲイン下げてます。


正直言うとアンプシミュの音にはあまり期待していませんでした。
でも、結構コレ良いかも。
世界初の「マルチ・ストンプ」。侮れません。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2013年2月 2日

Thunderstruck - AC/DC


WAMPLERのPlexi-Drive(プレキシドライブ)を使いAC/DC録ってみました。

01301_2

そうですまたワンプラー。
決してワンプラーの回し者ではありませぬ。

前に書いたプレクストーションとピナクルが気に入ったので、
他のモデルにも手を伸ばした次第です。

このペダルはマーシャルのJTM45を再現したモデル。
オーバードライブと書いてあるけど、軽いクランチからリード音まで、
ゲイン幅は広いです。

01302

“Bass”と書いてあるのはベースのブーストスイッチ。
負荷かけて無理に歪ませたあの感じを再現するためのモノだと思われます。
コレをオンにしてストラトのフロントピック使うと、
マシンヘッドのリッチー先生になれます。

プレクストーションも同じマーシャルアンプの音だけど、
プレキシドライブは、あちらの音の中音域を薄くして軽くした感じ。
プレクストーションは80年代以降、プレキシドライブは60~70年代の音、
そんな使い分けが良いんじゃないでしょうか。
リッチー先生はもちろん、クリーム時代のクラプトン大先生にも良い感じ。


音のサンプルにAC/DCを録ってみました。

マーシャル系歪みペダルのデモを見ると、必ずAC/DCのフレーズが出てきます。
それに倣った訳であります。

でもこの曲、1990年に発表された曲。
それを考えると、たぶんアンプはJTM45ではない?
でも軽く歪ませてイントロ弾いたら、良い感じだったのです。




例によってネットで仕入れた歌入りのオケ使ってます。
ギターはすべてレスポール、
音は全部プレキシドライブ使ってます。

う~ん、ギターソロがイタイです。
いつもビデオにまで仕上げた後でアラに気付くのです。
ツメが甘いのであります。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

無料ブログはココログ