たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« パソコンとプリンター | トップページ | HEART “Barracuda” »

2013年1月20日

哀愁のヨーロッパ


Santana_amigos_3  

rimixさんとのコラボ企画!
という訳ではありませんが、サンタナの「哀愁のヨーロッパ」です。

PRSのギターを手に入れたのなら、弾かねばならぬ名曲であります。

この曲、ギターを弾き始めた頃から好きで、
当時もコピーしたのですが、改めて聞いてみると
音作りがとても凝っている。

フィードバックとかピンポイントのワウとか。
30年以上も前からこんな事してたのかサンタナ先生は。
やっぱスゴイな。

AmpliTubeで録って、ワウはLINE6のM5を使いました。
ワウは全編掛けっぱなしで、最後だけペダル操作してます。
(rimixさんの情報提供に感謝です)





途中のクリーン音のところが、特にイタイです

クリーンなのに太い音を作るって難しい
・・・
クリーンな音で弾くと、アラが目立ちます。
それもまた今後の課題なのであります。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



« パソコンとプリンター | トップページ | HEART “Barracuda” »

コメント

完コピーですね。
ここまで似てるCOVERは聞いたことありません。

ギター初めた頃に覚えた曲は、一生物ですね。
弾き慣れた感じで、感情移入も思いのままではないですか…。

クリーントーンの所、残念じゃないですよ~
ギター自体が持ってる音の違いじゃないですか?

しかし、PRSの音は上品ですね~

いやあ、うっとりするほど、素晴らしい演奏ですね。 音もさすが、PRSのって感じで高級感あふれる音なんですね。  今まで、PRSってギブソン系の音かなと思ってましたが、フェンダー系にパワーのあるPUでしかもサステインが良いギターのように聞こえました。 ま、私の耳はあてになりませんが。 (笑

rimixさん、コメントをありがとうございます。

最大級の賛辞、恐れ入りますm(_ _)m
そうなんです、この曲は長い間、弾けるつもりでいたのですが、良く聞いてみると全然違う。
そんないい加減なコピーで弾ける気になっていた事を反省して、コピーし直した次第です。
PCのおかげでコピー環境が向上した点も大きいですよね。ニュアンスやメリハリを聞き取りやすくなりました。
それを再現できるかは、また別の話ですが・・・(^-^;

yoppapieさん、コメントをありがとうございます。

「うっとり」ですか(笑)。ありがとうございます。弾いた甲斐があると言うモノです(*^-^)
今回はAmpliTudeで録ったのですが、アナログっぽいと言うかリアルと言うか、何かコレまでとは違う雰囲気になりました。
それがセッティングのせいなのか、ギターの違いなのか、私には分かりませんが・・・(笑)。
あっ、ビデオには入れ忘れましたが、コンプレッサーもかましてます。それでサスティンがちょっと良くなっているかもしれません。

初コメント失礼します。
いやぁ、お上手ですね~私もギター再開して1年になりますが、いつかはこんな演奏してみたいです、PRS Custom24の音ですが、最高に魅力的な音してます。
私も昨年一時PRS CS24狙ってましたが、縁あってGibson のCSヒスコレに心を奪われそちらを買ってしましましたw

すごくお上手ですね~

音色もサンタナさんそっくりです。かっこいいなぁ。

コンプはどのようなものをお使いですか?

ぜひ教えていただきたいのですが、ソロの途中でフィードバックした音がずっとのびる部分があるじゃないですか。あれって宅録の場合、どのようなセッティングにするのでしょうか?

あれってかっこいいですよね(^^)

ぶりさん、コメントをありがとうございます。

お褒めいただきありがとうございます。
録った音を聞いて何か今までと違うような気がしましたが、それはギターの音が良いってことなんでしょうか・・・
自分にはイマイチよく分かりません\(;゚∇゚)/
それでもPRSの弾きやすさ、チューニングの正確さは十分に感じています。

今後もよろしくお願いいたしますm(_ _)m ヒスコレの音源も楽しみにしております(^_^)b

きっちゃんさん、コメントをありがとうございます。

さすがするどいですね~ フィードバックをお疑いとは(笑)。
あれはDTMソフト上で加工してます。サスティン部分を切り貼りして繋いだんです。スミマセン、ズルをしました o(_ _)o

コンプはプロビデンスのVLC-1を使いましたが、サスティンはちょっと伸びたかな、という程度でした。
サンタナのあのロングサスティンは、ほとんどがフィードバックの音ですよね。ライン録りの宅録派には辛いです(ρ_;)

そうでしたか(^^)
編集もお上手なんですね。
私はアンプでフィードバックさせることができるような住宅環境にすんでいないので、ボスの『Feedbacker / Booster』というエフェクターを買いました。ちょっと使い方が難しい感じがしますが・・・

コンプもいま物色中です。ロングサスティーンが得られるものがほしいんですけど、たくさんあって決めきれない私です。

きっちゃんさん、コメントをありがとうございます。
サンタナをコピーするにはフィードバックの再現が課題ですよね。
AmpliTudeの中にもフィードバッカーが入っているのですが、上手く使えませんでした。
サスティンはコンプ繋ぐよりもハイゲイン系ディストーションかファズ系エフェクターを使った方が伸びます。
でも音がサンタナではなくなっちゃうんですよね・・・(゚ー゚;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/48842905

この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁のヨーロッパ:

« パソコンとプリンター | トップページ | HEART “Barracuda” »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ