たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« バトルシップ | トップページ | トロント再び »

2012年9月19日

領事館からのメール


海外で暮らす際に、管轄の領事館に在留届けを出して
メールアドレスを登録すると、たまに注意を促すメールが送られてくる。
だいぶ前に転出届けを受け取ったはずの香港領事館からも、
未だにメールが送られてくる。
大抵は鳥インフルエンザに感染した野鳥の死体が見つかった云々、
という内容なんだけど、昨日送られてきたのは、
日本人が中国人に殴られたという事件を知らせるものだった。

同じ日にニューヨーク領事館から届いたメールは、
18日に領事館前で行われる予定の中国人による反日デモへの
注意を促す内容だった。
実際に、先日の日曜日にはデモがあったらしい。

香港領事館からのメールには、具体的な注意点として、
「日本人どうしの集団で騒がない。目立った言動は慎む」
と書かれていた。要は何もせずにおとなしくしてろってこと。
何だかこれ、やられっぱなしで何もしない日本政府の対応と同じで
全然笑えない。


海外で暮らして実感するのは、皆さん同じだと思うけれど、
日本人の感覚が通用しないと言うこと。
たぶんそれは、日本人の方が特殊で、中国人やアメリカ人の感覚が、
世界の常識ということなんだと思う。

だから何かを交渉する時に、譲歩や謙譲、遠慮なんて感覚は、
相手には通じないことが多い。
国と国との外交の話なら尚更だ。
言うべきことは言う。何も言わないのは何も要求しないのと同じ。
そんな当たり前のことを、今の政治家先生方は分かっているんでしょうか。

福島の原発事故の直後、フランス政府がチャーター機を用意して、
自国民に帰国を促したことがあった。
当時は過剰反応だろうと笑ったけれど、
今思うとその行動力がうらやましいです。

中国で暮らす日本人は、今、どんな心境なんだろう。
その不安を思えば、政府としてもやるべきことが
たくさんあるように思うのだけど。


中国三千年の歴史なんて言うけど、
日本のように一つの国が永く続いた訳じゃない。
様々な国が興っては滅びる、その繰り返しで、
滅亡のきっかけになるのは、だいたいが市民による暴動だったりする。

清が滅んだ時も義和団の乱が原因の一つだったよね。
確か義和団の乱も、今回の反日運動みたいな排外運動だった。

この騒ぎがでかくなって体制崩壊に繋がったりしたら、
一体どうするつもりなんでしょう。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




« バトルシップ | トップページ | トロント再び »

コメント

同感です~

政治家の偉い位置に立つ人は、海外経験を積んで欲しいですね。
日本の常識なんて通用しないですもん。

TVで色々言われてますが、常識が日本なので半信半疑で聞いてます。

中国は軍艦まで出してくるし、それをいつもの監視活動だ!なんて言ってますが、
一触即発と考えたほうがいいかも知れませんね。

こうなると原発が心配です。
核ミサイル使わなくても、そこ狙えば同じ効果が…

政治家は、自分の事を考えてる余裕無いと思うんですけどね~
日本の事を考えてる政治家は何人居るのでしょう…

中国や韓国の政治家は、間違った内容だとはいえ、明確な意図のある発言をしています。あの自信はどこから来るんでしょう?

それに比べ、この期に及んで未だ場当たり的な発言を繰り返す日本の政治家には呆れます。危機感が感じられません。

原発に関しては、外国の攻撃を受ける以前に自滅の道をたどっているような・・・(゚ー゚;

私も同感です。 私は長い間、外資系の企業で働いていたので、主張できない、日本人の外交能力の弱さを痛いほど、味わってきました。 おかげで、職を失った訳なのですが。 国としてはダメですよね、きちんと、主張をしないと、国を失う事だってあり得ると思います。

ゴルッテリアさん、コメントありがとうございます。
確かに国を失うことだってあり得ますよね。
だから何度も国が滅んでいる中国や韓国の人は、外国に対しての危機感が高いのかもしれません。
対抗しなければ国が滅ぶ、そんな危機感は日本人にはピンと来ません・・・(゚o゚)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/47127368

この記事へのトラックバック一覧です: 領事館からのメール:

« バトルシップ | トップページ | トロント再び »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

無料ブログはココログ