たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« パスポートの氏名表記 | トップページ | バットマンとダイナー »

2012年8月15日

今日は何の日


今日は「終戦の日」。
「終戦記念日」と言う場合もあるようだけど
記念日という言葉には、ちょっと抵抗を感じる。
戦争が終わったことを記念するのは勝った側で、
負けた側が記念するのはおかしいと思うからだ。

アメリカでは今日ではなく9月2日のポツダム宣言調印日を
“Victory over Japan Day”「対日勝戦記念日」と呼んでいるらしい。
勝った側から見れば「勝利の日」。日本から見れば「敗戦の日」という訳で、
海外で暮らし始めてから、そんな立場の違いを意識するようになった。

「終戦の日」という言葉を使ったこと、それが定着した理由は
何となく理解できる。日本は憲法によって戦争放棄をうたっているから、
もう戦争は起こらない、だから「戦争が終わった日」という考え方も
素晴らしいと思う。
でもその言葉によって、戦争を水に流そうとしているような気もする。


戦後約20年経って生まれた世代の自分も、
子供の頃は戦争って遙か昔の出来事なんだと思っていた。
たぶんその頃の日本人の感覚としては、
みんな同じようなものだったんじゃないかな。

でも最近の韓国や中国、ロシアの態度、沖縄の
米軍基地問題なんかを見てると、戦後の世界観が、
まだまだ尾を引いている現実を思い知らされる。
日本は「敗戦」のツケを未だに払っている訳だ。

「水に流す」と言えば良いイメージだけど、それが転じた
「過去をほじくり返さない」「過ぎたことはとやかく言わない」という
日本人の感覚が、中国や韓国に通じるとは思えないし、
政治の世界では「水に流す」ことがいつの間にか
「問題は先送りする」ことになってしまったような気がする。


いっそのこと「敗戦の日」と表現して、まだまだ事後処理が
終わってないことを再認識した方がいいような気もする。
「負けたことを忘れない」という感覚が、今の日本には
必要なのかもしれない。
言い換えれば、「敗戦」という言葉から「負い目」や「屈辱」ではなく、
「自覚」や「責任」、「国際平和」というイメージを持つくらいにならないと、
他国と対等の立場にはなれないと思う。


ちゃらいオヤジでも海外生活が長くなると、
そんなコトを考えるようになるものなんであります。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ




« パスポートの氏名表記 | トップページ | バットマンとダイナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/46707123

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は何の日:

« パスポートの氏名表記 | トップページ | バットマンとダイナー »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ