たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

« 911 | トップページ | 「魔王」「モダンタイムス」 »

2012年6月27日

ゴールデンスランバー


2701 アフリエイト広告の実験も兼ねて書評をば。

伊坂幸太郎さんが好きでよく読んでいる。
と言っても文庫版が出るまで待って買ってるけど。
「ゴールデンスランバー」もだいぶ前に買ったのだが、
先日やっと読んでみた。

やっぱり伊坂さんはおもしろい。
ストーリー展開はもちろん、その構成がスゴイ。
最初に傍観者が語り、次に20年後の視点で語り、
そして本編へ。
張り巡らせた伏線が、最後に収束していく様がまたステキ。
読み返したくなり、再読すれば20年後の描写が、
主人公本人によるものだと分かる。
分からせるように計算されている。

犯罪小説かサスペンスに分類されるのだろうけれど、
読んで不快にならないのは、ユーモアがあるから。
その知識に裏付けられたセンスに脱帽です。
千葉出身なのに仙台在住なのも斉藤和義のファンだというのも、
とてもステキです。


ゴールデンスランバーの主人公を狙うのは、
公安維持のためなら何でもありの巨大な組織。
そんなもんあったら困るけれど、最近の世の中を考えると、
それも「あり」なんじゃないかと思えてくる。

問題は今の政治家に、そんな危機感を持ってる人は、
皆無だということかもしれない。
頭の中はどこぞの会社みたいに派閥争いのことばかり。

今回の増税法案のニュース見てて思ったけど、
メディアも法案の内容より民主党の混乱ばかり伝えている。
ということは派閥争いの方がみんなの興味を引いている訳で、
政治家はそのニーズに応えているだけ?

「内輪で揉めてて先に進めない」というのは国民性なのかも。

最後は書評じゃなくなってしまいました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 911 | トップページ | 「魔王」「モダンタイムス」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1688559/45920754

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー:

« 911 | トップページ | 「魔王」「モダンタイムス」 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

無料ブログはココログ