たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

2016年11月26日

クリスタルキング「大都会」


1125


「大都会」と言っても渡哲也の黒岩軍団ではありませぬ。

ところで大門軍団は「西部警察」





ボーカル :  K'co & daitaka
オケ制作&ミックス : Joe
(ギター以外のトラックはヤマハ・ミュージックデータショップのMIDIデータを使用)

詳細はコチラをご覧ください。
Music Trackの公開ページ



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年11月19日

陰陽座 「甲賀忍法帖」



1118


前にも書いたけど、最近、ジャパンメタルにハマっとります。
中でも陰陽座がいい感じ。

で、1曲やろうってコトになったのですが、
手を付けて初めてその難易度を知るという、いつものパターン。
ブランク明けでリハビリ中の身にはキツいキツい。

イントロのリフから早速つまずきました。
5弦ミュートでズクズクやりながら、3、4弦を
パッパッパパ~とスタッカート気味に入れるんですけど、
それをアノ速さでやろうとすると、もうバラバラに。

この手のリフは、反復練習してカラダで覚えるしかない、
根性リフですな。


やっとギターを録り終えたら、今度は音作りの壁が。
これまで80年代メタルばっかやってたので、
今どきのモダーンハイゲイン系がイマイチ分からんのです。
中音域を強調するとやかましい感じになるし、
低音を強くするとベースやドラムと被るし・・・

オリジナルの低音域のド迫力、中音域の分厚さ、
それでいてクリアな分離感・・・ とっても不思議です。
おそるべし陰陽座であります。


歌って頂いたのは、Music Track界のメタル・クィーン、K'coさんです。
K'coさんの歌声は、バックのギターをやかましくしても負けないんです。
ギターを粗い音にすればするほど、そのクリアさが際立つという、
希有なお声であります。
演奏と音作りが雑でも、何とか聞けるレベルになったのは、
彼女のボーカルのおかげです。

曲中の「せいっ!」って声は、師範代さんのシャウトです。
さすがリアルに師範代だけあって、堂に入った一喝を頂きました。
全体がビシッと締まった気がします。

ギターは、トムアン・エンジェルにAmpliTubeの組み合わせです。





ビデオに出てくるステキな画は、K'coさんに加工して頂きました。
美的センスもナイスっす。

この曲、いつにも増して大変だったんですけど、
とっても楽しい作業でした。
K'coさん、師範代さんには改めて感謝です。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年11月12日

SONYのサウンドバー


みな様はサラウンド・システムって使ってますか?
新しいモノ好きでデジタル好きだった自分は、
出始めた頃に即、飛び付いてですね、
パイオニアAVアンプのエントリーモデルと、
BOSEの5.1サラウンドスピーカーを買って楽しんでました。

こんなヤツです。


1111_2


映画観る時、後ろから音が聞こえてくるのには感動したなぁ。


数年間、それ使ってたんですけど、
引っ越しする度に、セッティングし直すのがやたら面倒で・・・。
アンプから全てのケーブルを一旦スーパーウーファーに送り、
そこから全スピーカーにケーブルを伸ばす仕組みだったので、
やたら長いケーブルを持て余すわ、リア用ケーブルが床にはってるわで
見た目もソーバッド。

それでも10年以上使ったんですけど、そろそろいっかってことで
トロントに来る前に廃棄しちゃいました。


でもですね、テレビのスピーカーの音ってアレですよね。
今はブルーレイ・ディスクになって、画像はスゴくキレイなのに
音がショボいと哀しいですよね。
ライブBDとか観る時は、やっぱ良い音で聴きたいですよね。

ってコトで今回の引っ越しを機に、再度サラウンドシステム導入だす。
でも面倒で邪魔くさいのはイヤ、今回はシンプルにと思ったのです。
で、調べたら、今はサウンドバーなるものが主流なんですな。
・・・ってカナダだけなのかな?

サウンドバーなら、テレビの前に細長いヤツを置くだけなので、
ラクだし、見た目もスッキリするのであります。
バーとか言うとお酒飲むトコみたいだけど、そうじゃなくてこんなヤツ。
A1
機種はもちろん日本メーカー、SONYのNT-5にしました。
他は韓国メーカーか、聞いたことないブランドしか売ってなかったので、
ほぼSONYの一択。

オーディオ専門店に行けばヤマハも売ってるから、
ヤマハのサウンドプロジェクターってのも考えたけど、
ウチの部屋の形状だと不安な感じだったのでやめました。


セッティングはとっても簡単でラク。
本体設置してBDプレイヤー&テレビとケーブルで繋ぐだけ。
スーパーウーファーは、電源入れるだけでOK。
ケーブル無しで繋がるのがステキですな。


A4


映画のサラウンド効果も、思ったより良かったっす。
スピーカーは前にあるのに、ちゃんと左右、真横から聞こえる感じ。
さすがに後ろから聞こえるようには感じないけど、
それでも十分なサラウンド効果を味わえます。

何より、音楽鳴らした音が、結構良いので嬉しいかぎりっす。
ブルートゥース対応で、手持ちのウォークマンが聴けるのもソーグッド。
PCに繋いだスピーカだと、サイズ的に低音が弱いし、
音の広がりという面でも難があるワケで、
その点、スーパーウーファー付きサウンドバーなら全く問題なし。

ライブBD観るのが楽しくなりました。

(写真はネットから借用しました)



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年11月 5日

ヘビメタも日本製がイイ


只今ギターのリハビリ中。
まぁ、もとから大した腕じゃないんで、
リハビリなんて言うのはおこがましいんですけど、
しばらく触ってなかったから、その衰えたるや・・・。
もそっとマシになりたいのであります。

ほぼ3ヵ月間、ギター触ってなかったのだけど、
音楽聴くのだけは色々と着々と。
ギター触れぬストレスぶつけるために、
激しいのを聞きたかったのです。

で、今どきの激しいヤツ情報を探ってみたのだけど、
何だか昨今の激しいのは、スラッシュとかデスとか付くらしく、
やたらと怒り狂ってて恐いのでデス。

これは付いてイケんなぁと思い、日本国内に目を向けたら、
ジャパニーズメタルの皆さんが盛り上がってるじゃないですか。
特に女子。結構スゴい。

気になったバンドがいくつかあるので、
リンク張らせて頂きます。


まずは、ご存じ「BABYMETAL」。
バックの演奏の重厚さとボーカルとのギャップがヤバいっす。





コレ仕掛けた人はスゴいと思う。
でも、さすがにこの声ではちょっと。
もう少し大人になったらまた聞かせて欲しいデス。


BABYMETALはアレだけど、コッチなら許せる「BAND-MAID」





今後もハードな路線を追求して欲しいデスな。


見た目で敬遠しそうになったけど、
侮れない実力とセンスを感じる「Aldious」





でも、この見た目にやられるご同輩も多いのではないかと思われる。


続いて「Mary's Blood」
こっちは正当派ガールズバンドって感じ。





バンドのイメージや曲の感じが結構好み。
ギター1本だとキツいと思うけど、応援したいデス。


ボーカルだけが女子の「Mardelas」
なんでもボーカルの蛇石さん主体のバンドらしい





やっぱボーカル+バックバンドって雰囲気ですけど、
バンドとして勝負して欲しいです。


こちらも女子1人と男子のバンド「陰陽座」
最近知ったバンドですが、実はキャリア結構長いんですね。





和物とハードロックと言うと「和楽器バンド」が話題になったけど、
陰陽座の方が元祖なんでしょうか?

陰陽座のボーカル、黒猫さんのお声がツボです。好みのど真ん中。
この声ならハードなのだけじゃなくて何でもイケますよね。
瞬火さんの作る独特な詩の世界も、意外とハードな曲調にハマってて
不思議な魅力全開。


というワケで、最近ハードなロックをヘビロテ中。
アル中ならぬロック中で女メタボ中。ついでにギターもリハビリ中。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2016年10月28日

ギターを3ヵ月放置してたら


ちょっとバタバタしていてですね、
しばらくブログはサボってましたスミマセン。
ここ3ヵ月間は、ギターも全然弾けなくて
完璧に放置状態。

実は先日引っ越しまして、ギターも保管環境が変わりました。
以前は、年中湿度が25~35%と、かなり低めだったのが、
今度の部屋はちょっと高め。
特に夏だったこともあって、MAXで70%、平均で60%位。

ハードケースに入れていたとは言え、
そんなカラカラの部屋から、多少ウェットな環境に変わり、
約3ヵ月の放置状態。
それはヤバいよなぁ~と思っていたのです。

それで先日、やっとギターをチェックできたのだけど、
ほとんどのギターのチューニングがシャープしてた!!


ギターの弦は緩めずに保管する主義なので、
チューニングはそのままだったんですけど、
みんな半音ぐらい上がってるんですよ。

一番ヒドかったのはPRSのPaul's ギターで1音上がってた。
キレイに1音ズレてるので、チューナーが真ん中指してて、
最初、合ってるのかと思ったよ。
よく見たら1弦がEじゃなくて#Fだったんで笑った。


P1050627


やっぱネックが反ったんでしょうかね。
音が上がるということは逆反り?
バック側にネックが反ったということかも。

木材は乾燥すると縮んで、湿度を含むと膨張するらしいから、
ネックが湿気を吸って膨らんだ、それで逆に反った、
ということなんだと推測いたします。

幸い、目立ったビリ付、音の詰まり等はほとんどなかったので、
もしかすると、コレまでの乾燥してた環境で順反り気味だったのが、
適度に湿気を含んで元に戻ったのかも、なんて都合の良い解釈をしてみたり。


そんな中で唯一、チューニングに変化がなかったのが
ESPのMade in Japanモデル。
こいつはほとんど狂いがなかった。

前からチューニングは安定してたけど、まさかここまでとは。
やっぱ高温多湿の日本で作られたギターは湿気に強いのかも。
サスガ日本製!


P1050618



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


«中西保志「最後の雨」

フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

にほんブログ村

無料ブログはココログ