たまにつぶやきます

ブログランキング参加中!

読んでいるブログ

2018年1月13日

Suhr Classic T Custom


1209_2

と言うワケでやっと手にした赤メタのテレキャス。
色は派手でも中身は、ほぼノーマル仕様のClassic Tであります。


1203_2


ピックアップ、ブリッジ、電気系はすべてノーマル。
ちなみにブリッジは、Wilkinson製です。
ピックガードはホワイトパールにして、ちょい派手に。

ボディ材はSwamp Ashをチョイス。
「テレキャスはアッシュ」というイメージがあったので。
Swamp Ashは、ただのアッシュより軽いとのことだけど、
別に軽いギターだとは思えないっす。

ボディのバインディングはヴィンテージ感を出してアイボリーに。
ちょっと黄色っぽい色。
でもこれ、セル材が貼ってあるのではなく、ただの塗装。
よ~く見ると、下の木地が見える。


1207_2


指板はインディアンローズでネックはローステッド・メイプル。
熱処理されたメイプルってことで、ちょっと茶色いです。
メーカーいわく、熱処理することで耐久製が増すとのこと。
でも触った感じは普通のメイプルネックと同じです。


1208_2


ペグはもちろんロック式。


1206_2


裏側はこんな感じ。
本家はボディの前後両面のバインディングだけど、
これはフロント側だけ。代わりにバックにはコンター加工を。

ケースはツイードタイプにしたら、内側がド派手でした。


1202_2


コレ、人生初のテレキャスターであります。
昔、フェルナンデスの布袋さんモデルを使ってたコトはあるけど、
あれはテレキャスじゃないですわな。

ってことで、イマイチ音作りには迷うトコロですが、
ハマる時にはハマるので、うまく使えたらと思っとります。



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2018年1月 6日

Suhrのカスタムオーダー


年が明けたばかりですが、一昨年2016年に入手したギターのコトを。


S2


Suhr Classic T Customです。
Suhrで言うところの“カスタム”ってのは、
オーダーメイドで作ったギターのことですな。

何度かブログにも書いたけど、赤メタのテレが欲しかったんです。
で、探してたんだけど、コレがなかなか無い。
希望はやっぱフェンダーのカスタムショップ製だったのだが、
赤くてもメタってないとか、レリックのボロボロ仕様とか、
そんなんばっか。値段も高すぎ!

それならば、ってコトで思い切ってSuhrにオーダーした次第。
ちなみに個人でオーダーしても、割高になることはありませぬ。
店で売ってるカスタム製と同じ価格なので安心。
ただ、納期がかかるってだけの違いであります。

それでアメリカの通販ショップを3軒選んで見積もり依頼。
トロント市内にもSuhrのオーダーを受けてる店はあるけど、
あまり良い印象がないので、そこはスルー。

結局一番レスが早かった店が最安値だったので、そこに決定。
その差30ドル程だったけど、その店はSuhrのS3を買った店なので
信用できそうだったし。

何度かメールのやりとりで細かい仕様を確認して、
内金払って、あとは待つだけ。
最初、納期は5ヵ月後と言われ、思ったより早いじゃん、
と喜んだのが甘かった・・・


約6ヵ月後に店からメールが来たので、
やっと出来たかぁ~と思ったらそうじゃなかった。
プラグの形状がノーマルと違う指定になってるが、
ホントにそれで良いのか、という確認だった。

いやいや、そんな指定した覚えはないっす。
ってか、店からそんな話は出なかった。
なのになぜそんなオプションになってる?

ちなみにこれがClassic Tのノーマル仕様プラグ。


1204

ま、この手の誰かのミスは、こちらでは良くある話で、
事前に確認のメールがもらえただけでラッキーと思うべし。

普通の形状でOKと返事を出して事なきを得たのだが、
6ヵ月経ってもまだその段階ってコトで、ちょっとがっかりでした。


更に2ヵ月後、やっと店から来週納品されるよ~
納品されたら即デリバリーするよ~との連絡が。
でも、なんとその時期は日本に帰省中の予定。
デリバリーされても受け取れない。

ちなみにこちらの配送業者は、何も言わずに玄関の前に
荷物を置いていくのが当たり前。
受け取りのサインが必要、との条件付でも無視。
雨でも雪でも夏の炎天下でも置きっ放し。
最悪、よその誰かに持って行かれるなんて心配も。

なので自分がトロントに戻るまで、
店で保管してもらうコトにした。

で、日本から帰宅して早速、発送してもらったのだが、
10日経っても何の音沙汰も無し・・・
そしたら今度は、店に戻って来たとの知らせが。
何でも書類の記入ミスだったらしい。
アメリカからカナダへの発送で、書類もちょい複雑になる訳。

「こういうのよくあるんだよね~」なんてメールにあったけど、
何度もあるなら、ちゃんと対策立ててしっかり対応しろ!
と言いたい所をぐっとガマンであります。
ま、この手の誰かのミスは、こちらでは良くある話で。


そんなこんなで、やっと手にしたのは、発注から約10ヵ月後。
かなり長いこと待たされたのでした。
ちなみにデリバリーされた段ボールを明けたら、
ギターケースが逆さまに入ってた、というオマケ付き。
ま、この手の誰かのミスは、こちらでは良くある話で。

長くなったので、ギターについてはまた改めて書きます。


1201



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2018年1月 1日

New Year!!


P1060360


2018年であります。
今年、このブログは6周年を迎え、7年目に突入です。
ブログ始めたのって、もう6年も前になるのかぁ・・・

とは言え、過ぎたことはもう過去のこと。
昨日より明日のことを考えましょうよ。

最近、ブログの更新はサボり気味ですが、
細々と続けていくつもりですので、
2018年もよろしくお願いいたします。

みな様にとって今年が良い年でありますように!



ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2017年12月28日

今年手に入れたエフェクター


今年も残りわずか。
一年を振り返る時期になりました。
今年も新たに手に入れたエフェクターのコトなんぞを書いて、
一年の締めにしたいと思いまする。

とは言っても、今年手に入れたのは2つだけ・・・
まずコレ、BOSSのMD-500。


P1060319


コーラスの親分かと思ったら、揺れ系全部カバーしてるのですな。
個人的にはSLICERが入ってるのが嬉しい。
布袋さんが使ってて、あのエフェクトは何だろうと
不思議に思っていたのです。
まあ、使う機会はないでしょうけれど。





コーラスではPRIMEタイプが良い感じ。
新しくて高品質な印象です。

パソコンにつないで、細かいエディットが出来るのもGOOD。
ってかこの手のペダルでPCで音作れないのは、
とてもじゃないけど使う気にはならんです。
ローガンのオヤジギタリストをなめるな。


次はコレ、これまたBOSSのDD-500。


P1060330


ディレイは、いつもDAWのプラグイン使って後から掛けるのですが、
プラグインエフェクトのディレイは、ギター専用って訳じゃないから
イマイチつまらないのですよね。
ま、普通に使う分には問題ないけど、やっぱ専用のが欲しいなと。





実はまだ手に入れたばかりでして、
とりあえずシステムプログラムをアップデータしただけで
まだ使っておりません・・・しばらく使う機会はないかも・・・
いや、いつかは使いますよきっと。


P1060343


そんな訳で今年はギターも買わなかったし、
ってか買えなかったし、エフェクターも2個だけだし、
おとなしくしてた1年でした、と言いたいところだけど
よ~く考えたらコレ手に入れたのも今年の話でしたな。


P1050789


そうそう、コレ使ってから、もう歪みエフェクターはいらん、
と思うようになったのでした。

で、そのAXEくん、今はどうなってるかというと
こげな感じだす。


P1060290


やっぱラックエフェクターなのだからラックに入れなきゃアカン、
と思ってラックを手に入れ、AXEはOUTが裏側だから、
同じく裏側にINがあるオーディオIFがあると便利だよなってコトで
8インURを手に入れ、ついでにパワーサプライもラックタイプに。
それでも何か上の方が寂しいよねってことでKemperも。

結局、こっちの方に予算つぎ込んだので、ギター&ペダルには
回らなかった訳です。
そんなこんなで今年も散々散財ゴメンナサイ。


今年もご愛顧ありがとうございました!
みな様良いお年を!


ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2017年12月17日

泉谷しげる「眠れない夜」


前回、今年のコラボ&カバー曲のアップはコレが最後、
なんて書いておきながら、もう1曲アップしちゃいます。
こんな早く完成するとは思ってなかったので申し訳ないです。

1216


泉谷しげるの「眠れない夜」であります。
コレ、40年も前に発表された曲なんですね。
そのオリジナルは聞いたことがないんですが、
YouTubeで見つけたライブ映像がカッコ良くてですね、
これはカバーしてみたいなと思った次第。


 

音源も色々あって、そのうち音の感じが一番良かった
「ベスト盤」に収録のバージョンをカバーしました。

で、こんな男臭さと哀愁が漂う曲を歌うなら、
それはもう絶対にdaitakaさん。
そして、こんなロックなイメージのオルガンなら
絶対にひょい。さんが最適。
という訳でお二とコラボさせて頂きました。

ギターはJames Tyler、エフェクトはKemper Profilerと
Fractal AXEを使ってます。
こちらのリンク先でお聞きくださいませ。

Music Trackの公開ページ


最近、世間は何かと息苦しい、ってか生苦しい感じですわな。
眠れない夜がいつまで続くやら・・・
そんな時はこんな熱いロックですよね~!




ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



«中島美嘉“GLAMOROUS SKY”

フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ